2014年 05月 08日

Oficina Latina

24 Prince St, New York, NY 10012
Phone: 646- 381-2555
http://www.oficinalatinanyc.com

小さなブティックやカフェが軒を連ねるノリーターで、数々の中南米料理やドリンクが楽しめるレストラン、「Oficina Latina」。店に入ると、バーの棚に並ぶ数々のテキーラ達が出迎えてくれる。
このラインナップを見ただけで既に、ドリンクメニューには期待ができる。
店内のいたるところに飾られているビンテージ物のバイクのヘルメット。
店の内装も1950年代の車の修理工場をモチーフにしている。これらの店内の演出は、
レストランの料理のコンセプトにも深く関わっているとのこと。


1923年に「パンアメリカンハイウエイ」というメキシコのモンテレイからアルゼンチンのブエノスアイレスを
約2万6千キロかけて結ぶ高速道路が建設された。このハイウエイを南に下がっていくと、エルサルバドル、パナマ、コロンビア、ペルー、、アルゼンチンと数々の中南米の国を訪れることができる。この道路を通じて中南米を駆け抜けるライダーのように、それらの国にまつわるいろいろな料理を提供するというのが、このレストランのコンセプトなのだ。

料理はアペタイザーサイズのものとメインコースがあり、どの料理もシェアしやすいので、いろいろと頼んでみるのがお勧め。アボガドがとてもフレッシュなワカモレディップ。これは欠かせない一品。ベネズエラ料理を代表するとうもろこしの粉で作ったパン「アレパス」は、中身にサーモン、牛肉、お野菜とチョイスがありいろいろな味が楽しめる。エルサルバドル出身のシェフが作るガーリックがよく効いた海老のソテーはなんともやみ付きになる美味しさだ。

ドリンクプログラムはカクテルがとても充実している。それもそのはず、テキーラ、マスカル、ラム、カシャーサ、ピスコとカクテルには欠かせない蒸留酒を約280種類も取り揃えているのだ。マルガリーター、モヒート、カイピリーニャにピニャコラーダと中南米を代表するカクテルのオンパレード。フレーバーもユニークなものばかりなので、何度足を運んでも常に新しい味を楽しむことができる。

サルサの音楽をバックにマルガリーターを飲みながらワカモレとチップを食べているとそこがマンハッタンのノリーターということを忘れてしまう。パンアメリカハイウエイを食を通じて是非楽しんでいただきたい。


e0107450_153625.jpg


e0107450_16667.jpg


e0107450_165023.jpg

e0107450_17991.jpg
e0107450_111262.jpg
e0107450_175125.jpg

e0107450_1231989.jpg

[PR]

# by pecopecony | 2014-05-08 01:08 | ラテン
2013年 07月 25日

Cascabel Taqueria

1538 2nd Ave, New York, NY 10075
Phone: 212-717-8226
http://www.nyctacos.com

日本ではあまり食べないがニューヨークではポピュラーな料理の代表、メキシコ料理。Chipotleというチェーンのメキシカンレストランはニューヨークの至る所にあり若者に大人気だ。メキシカン料理といえばタコスやブリトー、ケサディーヤなどおいしい反面ちょっと体型を気にする女性には好ましくないオイリーでボリューミーなイメージ。ところがそんなジャンクなイメージのあるメキシカンレストランだが、お洒落でスリムな女性たちで常に賑わう店がアッパーイーストサイドにある。

Cascabel Taqueriaはモダン・メキシカン料理がお手頃な値段で味わえるおいしくてヘルシーなメキシカンレストラン。ディナー時になると店前の歩道にまで人だかりができるほどの人気ぶり。嬉しいのは味付けが全体的に薄めで胃に優しいこと。テーブルに置いてあるトマティロ、ロースト・トマト、ディアブロの3種類のスパイシーソースで自分好みの味付けが楽しめる。

おいしいメキシカンかどうかはその店のワカモレでわかるはず!ということでまずはワカモレを注文。アボガドとパクチーのみのシンプルなディップは他の味付けでごまかさない分アボカドのフレッシュさが際立ち本当においしい。パクチーが苦手なスタッフもついパクパクいってしまうほど、アボカドとパクチーが絶妙なバランス。薄めな味つけも前菜にふさわしく、まさに完璧なワカモレ。お次はメキシコ料理代表のタコス。

おすすめは、さっくりとフライにされたティラピア(白身魚)のBAJA FISH、ぴりっとしたポークに刻んだパイナップルの甘みがマッチするAL PASTOR、ストリップステーキにオイスターマッシュルームとサワークリームのCARNE ASADA。一皿に2つ入っているのでシェアしていろんな味を楽しみたい。メインのおすすめはTILAPIA VERA CRUZ。バターのソースとレーズンのほんのりとした甘み、ライムとフレッシュなトマトの酸味がティラピア(白身魚)のさっぱりとした白身にからまり、料理の味の邪魔をしない程度のパクチーのアクセントとパーフェクトマッチ。冷めにくいよう紙袋に入れられたあつあつのトルティーヤにくるんで食べたらもうどこまでも止まらないほどおいしい!デザートもメキシコ風にチュロスやフラン、トレスレチェスで締めくくれば、完璧!

薄めの味付けに加えて、オーガニック素材にこだわるなど女性人気がうなずけるヘルシー志向のニューメキシカンレストランCascabel Taqueriaで、暑い夏にさっぱりと食べられるメキシコ料理を楽しもう!

e0107450_5573559.jpg
e0107450_5592870.jpg
e0107450_5594988.jpg
e0107450_601811.jpg
e0107450_603976.jpg
e0107450_605716.jpg
[PR]

# by pecopecony | 2013-07-25 05:57 | メキシコ
2013年 04月 24日

Sons of Essex

Sons of Essex
133 Essex Street (Stanton & Rivington Sts.)
212-674-7100
sonsofessexles.com

「Sons of Essex」の名前の由来は Sons of LibertyとEssex Streetにちなんで名付けられている。Sons of Libertyは日本語で「自由の息子達」。独立戦争時に活動した北米植民地の急進派の事をそう呼んだ。この二つにインスパイアされた当店は、地元の人のみならず多くのセレブにも愛され、遠方からはるばる足を運ぶ人も多いという。

店内ですぐに目に飛び込んでくるのはこだわりに溢れた内装。そのデザインはモマのキュレーターの最上階を手がけたChien Daoと経営者の Matt Lavineが行った。 昔のロウアーイーストサイドの住居をイメージするため、Tenement museumの写真を参考にし、フリーマーケット、ブルックリンの製材業者、そしてニューヨーク州北部の家屋などからインテリアを買い取ったいう。ディスプレイや食器なども趣のあるものが揃う。入り口近くはバーカウンターとなり、奥に進むとテーブル掛けの席が並ぶ。 また、一段下がったラウンジはVIP専用となっている。2人掛けから10人以上座れるブースまであるので様々なグループに柔軟に対応ができる。また、混んでいる時間でもさほど圧迫感を感じないのは、 暖かみのある内装が落ち着いた雰囲気を創り出しているからだろう。

料理のコンンセプトは、伝統的なアメリカ料理とEssex Streetにいた移民の食文化の影響を合わせたもの。クラシカルだがモダン、アメリカンだが多様性に満ちたニューヨークらしい料理の構成だ。地元の食材とEssex Stマーケットのフルーツと野菜を多く用いる。

店のオリジナルカクテルは皆、昔の市長や通りの名前にちなんで名づけられている。カクテルのおすすめはTHE GRAND SACHEM。半透明のお酒の上にレモンピールが浮かべられている。味はさわやかで、甘みがあるが鼻に抜ける感じだ。柑橘系だが匂い、味と共にきつくなくて飲みやすい。

アペタイザーで人気のTRUFFLE MUSHROOM PIZZAは長方形の鉄板にのせられた見た目がお洒落なピザだ。パリパリに焼かれたクラフトピザは食事というよりはスナック感覚で食べられる。チーズはクリーミーで、しょっぱ過ぎず、しつこくない。マッシュルームの塩気がおいしい。

続いて 口コミでで一番 人気の高い MAC N CGEESE BALLS。マカロニチーズと言えば、アメリカ料理の定番だが、こちらはコロンと可愛く丸まったユニークなスタイルで提供している。 丸い形のチーズボールはフライになっており、おつまみにちょうどよくパクパクと食べてしまいそうだ。たこ焼き器のような鉄板に6つ並べられ、真ん中にはブルーチーズベースのソースが用意される。この塩気の効いたソースは、割と軽く仕上げらており、良いアクセントとなっている。

ROBSTER POT PIEも人気の一品。野菜とロブスターがごろりと入ったクリーミーなシチューだ。容器の上に被さったパイを崩してシチューに混ぜることで さくっとした食感も楽しめる一品だ。ウェイターおすすめのTV DINNERはステンレスのトレーに乗せられて出てくる典型的なアメリカ料理だ。フライドチキンにスピナッチ、ビスケットとMAC N CHEESEが並んでいる。アメリカ料理を知るには適した料理だ。

サイドメニューも是非試して欲しい。truffle friesは細切りのフレンチフライに チーズとトリュフがまぶされた一品。旨味と風味が特徴的でヤミツキ度が高く、ドリンクのおつまみにはいいだろう。甘いものが無性に食べたい日にはsweet potato puree roasted marshmallowsはどうだろうか。その名の通り、ピューレ状にされたスイートポテトの上に焼かれたマシュマロが乗っている。

どの料理も食べやすいが日本人にはややパンチがきいているかもしれない。また量が多めなのでシェアする事をお薦めする。箸休めに突き出しのピクルスが嬉しい。素材の味をそのまま残し、丸ごと漬けられたピクルスは酸味がそれほど強くないのでピクルスが苦手な人も食べられるかも知れない。

デザートのおすすめはS’MORES。グラハムクラッカーに手作りのマシュマロが挟まれている。3つ並べられ,盛りつけが何とも可愛らしい。味はそれぞれ異なり、イチゴとチョコレートソース、バナナとキャラメルソース、チョコレートチップとチョコレートソースの3種だ。甘みが強く、これぞアメリカのデザートという感じの一品だ。

Sons of Essex では、まだ混む前の早い時間には、地元の人がやってきてバーで軽く飲むのがいつもの光景だ。客層に合わせて、店では一昔前のヒップホップが良くかけられているそうだ。客層は比較的若者が多く、仲間内でわいわいと楽しむのに特に向いている。また、誕生日パーティー等頻繁に開かれるとの事で、カラオケができイベントにもよいだろう。典型的なアメリカ料理が食べたくなって、しかしダイナーよりもお洒落で雰囲気のある店に行きたくなった時、この店は最適だろう。大人気でいつも混み合うので、特に週末は2週間前の予約が必須。ご予約はお早めにどうぞ。

e0107450_4353824.jpg
e0107450_436314.jpg
e0107450_4363115.jpg
e0107450_43897.jpg
e0107450_4383237.jpg
e0107450_4385740.jpg
e0107450_4392268.jpg
e0107450_4394476.jpg
[PR]

# by pecopecony | 2013-04-24 04:34 | アメリカ
2013年 03月 15日

Tipsy Parson

156 9th Ave New York, NY 10011
Phone: 212-620-4545
www.tipsyparson.com

観光地として人気のミートパッキンング地区とチェルシーの間にあるレストラン「Tipsy Parson」。バーカウンターが14席、テーブルには25席という小さな店内は薄暗く落ち着いた雰囲気が漂う。まウエストチェルシーという街の散策や観光の合間にぶらっと立ち寄る、というのに最適なロケーションのため、週末のブランチで人気の店である。マネージャーのStephen氏は「ロケーションには恵まれたと思うよ。観光客があまり多いレストランになってしまうと、地域の人はあまりお店に来たがらなくなってしまう。程よく観光地から離れている事で観光客と地元のお客様とのバランスが旨く取れた店になったのだと思うよ。またギャラリー多いウエストチェルシーに位置するため、パーティーやイベントがギャラリーで行われる際には、アートやファッション関係の人たちが使ってくれるというのも嬉しいね」と語る。店の奥にはバックルームもあり、客の多い週末やプライベートいベントに良く利用されている。コミューナルテーブルが中央に置かれたこの部屋、ドローイングで装われた皿や鏡が壁一面に飾られ、ニューヨークらしいクラッシックさとキュートさが共存する魅力的な空間に作り上げられている。

地の利の理由もあってブランチで人気の店であるが、この店で人気なのがバーフードだ。メニュー内では「Snacks」というカテゴリーで記され、仕事帰りに食事をしないでバーで一杯を楽しむ方などに重宝されている。この「Snack」には、決してヘルシーとは言いがたいが、お酒のツマミに最高なメニューが揃う。例えば、フライにしたピクルスをバターミルクディップにつけて頂く一品。かりっと仕上がったピクルスの食感と酸っぱさがバターミルクディップの濃厚な味わいと程よく口の中で溶け合い、ビールを飲みたくさせる。また、「Spicy boiled peanuts」は殻ごとピーナッツをゆでたシンプルな一品。アメリカ版の枝豆のような味わいで、この店のものはお酒に合うようと少しピリ辛に仕上げられている。

また「SNACKS」のセクションではないが、前菜のメニューに並ぶ「Bourbon Chicken Liver Mousse」もお薦め。鶏のレバーを使ったムースをかりっと焼かれたポテトブレッドに載せて頂く一品である。サイドに添えられたグリーントマトのマーマレードは少し載せて頂くと新たな風味のアクセントとなり、更にこの一品を楽しむ事ができるだろう。

バーテンダーお薦めのドリンクはTipsy Parlmer。当店一番人気のカクテルで、べースとなるお酒をスウィートティーヴォッカ、もしくはスウィートティーバーボンから選んでから作ってもらう。レモンとミントの爽快感が特徴のリフレッシュなドリンクだ。また、Porch Swing Swizzleも人気のドリンク。バーテンダーお薦めのバーボン、カリブ産のリキュール、Velvet Falerunm、ジンジャージュース、ミントシロップ、ジンジャービールを使ったカクテルだ。ジンジャーのぴりっとした爽快感が感じられる一品。

お酒のお供という視点から紹介させて頂いたTipsy Parsonであるが、勿論、その他のメインの食事にもこだわっている。シンプルな料理が多いが、付け合わせ、ソースや調理の仕方にこだわって、どれもきちんと作られているのが伝わる。

新しいもの好きなニューヨーカーが牽引するレストランシーンにおいては、いかに人気の店でもその存在感を維持するのは大変である。一時的なメディアの騒ぎに惑わされず、良い食事と雰囲気を提供する事でしっかりとした人気を確立するのがレストランの本筋である。レストランのトレンドの移り変わりの激しいニューヨークにおいて忘れがちな、このような当たり前な事をふと気付かさせられる、ここはそんな店である。店名の「Tipsy Parson」とは「ほろ酔いの牧師」の意味。この店で食事を堪能した後は、そんな感じで店を後にすることだろう。


e0107450_373338.jpg
e0107450_387100.jpg
e0107450_3155975.jpge0107450_3121056.jpge0107450_3114757.jpg
e0107450_3131718.jpg
[PR]

# by pecopecony | 2013-03-15 03:18 | アメリカ
2013年 01月 11日

Prune

54 E 1st St, New York 10003
(1st & 2nd aves.)
Phone: 212-677-6221
www.prunerestaurant.com

イーストビレッジにあるアメリカンレストラン「Prune」。 この店のオーナーシェフ、Gabrielle Hamiltonをもう既にご存知の方も多いだろう。彼女は2011年にジェームスビアードアワードの最優秀シェフに輝き、また2012年には同アワードのベストブックに選ばれた書籍「Blood, Bones & Butter」の著者でもあるニューヨークの実力派シェフだ。

そんな輝かしい実績を持つ彼女が作り上げたこのレストランは、お金のための料理ではなく、「自分が食べたいと思うものを、お客様にも食べてもらいたい」とのコンセプトで始めた気取らない家庭料理を食べさせてくれる場所。ニューヨークというさまざまな食文化が入り混じる特徴を活かし、多様な食材を利用し自由な発想で料理作りに取り組んでいる。特別な調理器具はあまり使わず「スプーンとフライパン、それときれいに洗った両手があれば十分よ」と、その言葉の中からも家庭料理ならではの温かさを垣間見ることができる。

彼女の料理業界での経験は20年以上、12歳の頃にはじめたレストランでの食器洗いに遡る。マサチューセッツのハンプシャー大学を卒業後、ニューヨークへ移りケータリングビジネスを開始する。しかしながら、大好きな料理とビジネスとしての料理の狭間で悩み、1995年にはケータリング会社を売却、ニューヨークを離れミシガンに移り住む。その後、ミシガン大学大学院に入学し小説執筆を専攻する。大学院在籍中にアルバイトで調理の仕事に携わり、そこで後に良き指導者となるMisty Calliesに出会った。Mistyと一緒に料理を作るうちに「自分にとっての料理とは何か?ビジネスでなく純粋に喜びとしての料理とは何か?」彼女を長年悩ませてきた疑問に区切りをつけることができた。その後Mistyが独立し、レストラン「Zanzibar」をオープン。彼女も一緒にこの店で働くこととなった。

1999年に大学院を修了後、再び料理業界に戻ることを決意。これまでに得た知識・経験を活かし、ニューヨークで自分のレストラン「Prune」を開業する。レストランの名前「Prune」は子供の頃のニックネームに因んだもの。「大切な人のために作るという」精神から生まれた彼女の料理は、すぐに有名になり、高級料理と肩を並べるほど栄誉を受けることになった。見せかけではない純粋な料理の美味しさが堪能できる。



e0107450_555185.jpg
e0107450_5551818.jpg
e0107450_5554932.jpg
e0107450_5563758.jpg

[PR]

# by pecopecony | 2013-01-11 05:59 | アメリカ
2012年 09月 30日

LIC Market

21-52 44th Drive, Long island city, NY 11101
(718) 361-001
http://licmarket.com

クイーンズのロングアイランドシティにある、アーティスティックな隠れ家レストラン、LIC Market。暖かい雰囲気漂う店内には大きな窓があり、開放感のある居心地の良い空間。ゆっくりとした落ち着いた時間を過ごすことが出来る。

オーナー兼シェフであるAlex Schindler氏は生まれ育った街、クイーンズの「コミュニティに密着したレストラン」を目標に店作りを行った。民家を改築し1年以上かけて作られた店内のインテリアはデザインから塗装まで全て手作り。壁には現在ニューヨークで活躍中のアーティストRachel Pontious氏の作品が展示されており、使用されている家具素材の多くも地元産。また料理の食材にもローカルなものを使い、尚且季節の食材を積極的に取り入れている。メニューの変更もシーズンによって頻繁に行われ、常にその時期に一番美味しいものを頂くことが出来る。日常的に使われる食材はハドソンバレーにあるFarm at Miller’s Crossingから取り寄せられている。Alex氏は毎朝5時から仕込みを開始し、その日に販売するクッキーやクロワッサンをひとつずつ焼き上げる。その日に入った新鮮な食材からランチの献立を決め、当日の朝にランチメニューがウェブに公開されるこだわりようだ。

今回は数ある人気料理の中からディナータイムのおすすめをいくつか紹介する。アペタイザーからは柔らかいホタテと一緒にそら豆、ビーツが添えられた「Barnegat Bay Scallops」。 パースニップ という白い人参の様な根菜のピューレが敷いてあり、アペタイザーにぴったりなさっぱりした一品。また「Heirloom Red Spinach」に使用されている赤いほうれん草は、緑のほうれん草と異なり渋さや苦味がほとんど無く、ビネガードレッシングとアクセントのアーモンドが香ばしいサラダだ。

メインからは一番人気の「spaghetti」。 タコとチョリソー、トマトソースに短く切ってパンフライドされた麺。フレッシュなミニトマトがふんだんに使われているので重たくなく、美味しい。そして獲れたてぷりぷりの白身魚を使用した「Hake」には日本ではあまり見ることの無いレッドヌードルビーンというインゲン豆に似た味の野菜と、甘くて柔らかい実が特徴のイングリッシュピーを使用しており、新鮮な魚と野菜が楽しめるメニューとなっている。

またメインのサイドとしておすすめなのは、「Brussels Sprouts」。根キャベツに似た野菜をスライス、ドライイチジクやスモークベーコンと共にソテーされている。「Roasted Baby Eggplant」も人気の品で、ナスがナッツやレーズンと共にアジアンな調味料で味付けされた一品。

デザートには期間限定の「Huckleberry Crostata with Sweet Yogurt」が今のシーズン一押し。ブルーベリーより小粒なハックルベリーは香りと味が凝縮されており、サクサクのパイ生地に乗ったハックルベリーとクリーミーなヨーグルトソースがマッチ。アメリカのパイの様に甘ったるくなく、また油分も控えめで、お腹がいっぱいでも別腹で簡単に食べれてしまう。

どの料理も素材が持っている味を一番生かす形で調理されており、日本では食べたことの無いようなめずらしい野菜と出会うことができる。いつも脇役の野菜たちがまるで主役かのように、それぞれの良さを楽しめる野菜好きにはたまらないメニューばかり。

アルコールの種類も豊富で、各地から厳選された良品だけが揃えられている。現在は赤ワイン10種、白ワイン7種、ビールはブルックリン産から6種の他にサッポロビールも含む計15種を提供中。また店内にあるマーケットブースからはマーマレード、ピクルスなどThe farm at Miller’s crossingの食材を調理したハウスメイドアイテムも購入可能だ。

ランチは周囲にあるオフィスから多くのビジネスマンが訪れ賑わう。また近くに住む若いアーティストたちにも常連客が多い。まるで家のようにリラックスできる空間には、朝食、昼食、ブランチ、夕食、カフェと楽しみ方も様々。食材からインテリアまで全てにおいて厳選したものだけを使用し、クイーンズまたはニューヨーク産を積極的に取り入れ地域に貢献していくことがオーナのビジョンだ。細部までこだわりに溢れるレストラン、ぜひロングアイランドシティまで足を運んでみることをおすすめする。

e0107450_246366.jpg
e0107450_2464454.jpg
e0107450_2475194.jpg
e0107450_2482829.jpg
e0107450_2485728.jpg
e0107450_2514071.jpge0107450_2501012.jpge0107450_2493376.jpg
[PR]

# by pecopecony | 2012-09-30 02:54 | アメリカ
2012年 08月 18日

Gnocco

337 East 10th Street New York NY 10009
212-677-1913
http://gnocco.com/


イーストビレッジに2000年にオープンしてから今もなおイタリア、ローマの味を守り続けている
レストラン Gnocco/ニョッコ。入り口を通り、細いピザ場を抜けると広々とした客席が広がる。
中央にはワインバーがあり、約50種類以上のワインが揃っている。その奥には50名程を
収容できる裏庭があり、小さな貸し切りパーティーなどにも使える。屋外ではあるが
簡易屋根もあり雨の日でも、またヒーター完備のため冬でも安心して楽しめる。

メニューは、ナポリピザよりも薄生地が特徴のローマピザ、アペタイザー、手作りパスタにデザートと
それぞれにシェフのこだわりがあふれている。年に2回は季節の変化に伴い変更があるそうなので、
その時々のおすすめを楽しむことが出来る。

アペタイザーの人気商品は、なんと言っても店の名前にもなっている「Gnocco」。
イタリア人にとっては、子どもの頃におばあちゃんが作ってくれるおやつのような懐かしの一品。
薄い揚げパンに生ハムやサラミを包んで食べる。一見パリパリに見える揚げパンだが、
実は生地は柔らかくて少しもちもちとした食感。素朴だがとってもやみつきになる味で
10年以上店の看板メニューというのも納得だ。

オープンから4年後の2004年にレストランのメニューに加わったピザも大人気。
最近ニューヨークで注目を集めるイタリアンピザと言えば、ふわふわモッチリしたナポリピザだが、
ここニョッコではローマピザ。生地が薄く食べやすく、トッピングの味をしっかりと味わうことができる。

お店のこだわりはパスタのも見られ、全ての麺は 全て自家製の生麺。生パスタならではの
もちもちの食感が楽しめる。ローマ出身のシェフがそれぞれのパスタに合ったソースで
各パスタの良さを引出している。

デザートも全て自家製。イタリアの甘いものといえばヘーゼルナッツチョコレートクリームのヌテラ。
そのヌテラとリコッタチーズが入った「Calzone Nutella」は人気の一品。
最後の締めにピッタリのデザートだ。

常連客が「いつもの」ピザを買いに来たり、ご近所さん通りすがりに店員と
たわいもない話をしたりととてもアットホーム。この家庭のようなあたたかい店の雰囲気、
シンプル且つ安定した味を提供していることが地域から長年愛され続ける理由なのだろう。

e0107450_5524378.jpg
e0107450_5525985.jpg

e0107450_554381.jpg
e0107450_5543042.jpg

e0107450_5561573.jpg
e0107450_555666.jpg
e0107450_5571226.jpg
e0107450_5553743.jpg

[PR]

# by pecopecony | 2012-08-18 05:57 | イタリア
2012年 07月 14日

Panca

92 7th Ave. South, New York, NY10014
212-488-3900
http://www.pancany.com/


インカ帝国発祥の地であり、紀元前から古代文明が栄えたペルー。また最近では、世
界遺産のマチュ*ピチュやナスカの地上絵の観光スポットとしても人気が高い。そん
なペルーの味が味わえるのが、ビレッジにある「Panca」。

グリーンを基調とした店内はテラス席も設けられておりとても開放的な雰囲気。
ここのシェフのエマニュエル氏は、ペルーのリマのレストランで8年間働き、その
後、スペインで初めてミシュラン3つ星を獲得した“アルザック”で修行積み、10年
前にアメリカに渡ってきた。

ニューヨークに来る前には、シアトル、ワシントン、オレゴン、サンフランシスコで
もレストランを立ち上げてきた。「若い頃はどうすれば見た目もカッコイイ料理がで
きるかということばかり考えていたが、今ではもっとトラディショナルでシンプルな
ものを追求している」と語るエマニュエル氏。食材に拘り、シンプルかつ味のバラン
スが調った料理を提供している。

“Tiradito Mosaico Mixto”は、刺身スタイルのヒラメ、エビ、タコに“アジ*アマ
リロ”というペルーのイエローチリペッパーとクリームを混ぜたソースをかけたも
の。少しスパイシーだが見た目も鮮やかで新鮮な魚によく合い食欲をそそる。まさに
アペタイザーにぴったりの一品だ。

“Cebiche Palteado”は新鮮なヒラメ、エビ、アボカドに、アジアマリロとタイガー
ミルクと呼ばれるソースを混ぜたもの。フォークではなくスプーンを使って食べるの
がコツ。スプーンで食べると一口で全ての素材の味を楽しむことができる。少し酸味
が効いていてさっぱりといただける夏にぴったりの一品。食べ進めていくうちに、だ
んだんアボカドが溶けてきてソースが緑色になってくるのがまた美味。

“Anticucho de Corazon”は、醤油やガーリックなどでマリネした子牛の心臓をグリ
ルし、ユカと呼ばれる芋のフライを添えたもの。少しスパイスの効いたソースを付け
ていただく。歯応えのある子牛肉とパンチの効いたスパイシーさが病み付きになる。

デザートは日替わりで、お店ですべて手作りしている。カクテルメニューも充実して
おり、月曜から金曜の午後7時までは全カクテルが$5のハッピーアワーも開催してい
る。

スタッフは皆明るくフレンドリー。なかなかマチュ*ピチュまでは行けないけれど…
身近なペルー料理でせめて旅行気分だけでも味わえるのでは?

e0107450_1355184.jpge0107450_136721.jpg
e0107450_1353088.jpge0107450_1362612.jpg

[PR]

# by pecopecony | 2012-07-14 01:37 | ペルー
2012年 06月 07日

Zutto

77 Hudson St
Phone: 212-233-3287
http://www.zuttonyc.com/

高級日本食レストランがあるトライベッカにある日本食レストラン。かつて「寿司屋Zutto ]
というレストランであったが、オーナが変わり、韓国系ユダヤ人シェフによる日本とアメリカのフュージョン、
居酒屋スタイルのバーとして生まれ変わった。

レストランに入ると、入り口にはバーがあり、その奥にはダイニングエリア、そして寿司カウンターがある。
雰囲気は和風照明に木製テーブルなど柔らかいムードとなっている。ダイニングエリアの中心には
大きなコニューナルテーブルがあり、グループでも食事が楽しめる。

以前はお寿司が中心であったが、今回新しくチームに加わったシェフは、
フレンチレストランでの経験があり、料理も和食をベースにディップソース等に
ひとひねり加えたものがメニューに並ぶ。

メニューは小皿料理、お寿司(握り、巻物)、メインコースとあるが、昨今のラーメンのトレンドを
メニューに反映させ、アメリカ人に最も人気のとんこつラーメンをシグニチャーラーメンとして
お店の売りとしている。 Tonkotsu Hokkaido ClassicやWasabi Shoyu Ramenなど
6種類のラーメンがあり、値段は$15-18。そして、トッピングとしてからし高菜、温泉卵などもある。
そしてニューヨークのラーメン屋の定番メニュー、 スチームバンズ(包)もメニューも人気のアイテムだ。


ワイン、ビール、日本酒と豊富にとりそろえており、ビールは日本のものを中心に取り扱っており、
日本酒は吟醸、大吟醸、 にごり、発泡まで約25種類を揃えている。

トライベッカエリアで、さくっとラーメンを食べたくなった方にはおすすめの一店だ。


e0107450_835576.jpg
e0107450_8361132.jpg

e0107450_8364548.jpg
e0107450_837071.jpg

[PR]

# by pecopecony | 2012-06-07 08:34 | 日本
2011年 12月 21日

燒酒屋 Kushi Bar & Restaurant

6005 Fort Hamilton Parkway, Brooklyn, NY 11219
www.kushibar-bk.com


ブルックリンのフォート・ハミルトン・パークウェイ沿いオープンした日本食店。
この通りを堺に中国人居住地区とユダヤ人居住地区に分かれるユニークなエリア。
駅から徒歩3分というロケーションにこの店はある。日本食レストランで20年働いた経歴の
あるマネージャーのパトリック氏、また日本食シェフの経歴のあるジョニー氏が
オーナーということで、自分たちの出す日本食にはプライドを持っている。

マンハッタンで働く中国人が多く住むエリアで、イーストビレッジで日本食を食べる事が多い。
混雑したマンハッタンで食事を済ませるのではなく、地元に戻ってきてからクオリティーの
高い日本食を食べることのできる環境があればきっと人気がでるはずだという読みから
開店したレストラン。

メニューはバリエーション豊かな構成で、寿司、刺身、ラーメン、うどん、トンカツなど
マンハッタンの居酒屋と同じような品目が並ぶ。「串バー」という名前をつけるだけあり
焼き鳥には力を入れ、10種類の串が一本ずつ載せられたセットメニュー($18)を提供する。
使用する素材は旬にこだわるため、メニューは時期に合わせて変わる。
刺身メニューは盛りつけにこだわり、醤油は自家製、わさびは本物を
おろして用意するという点には脱帽。きちんとした料理を提供したいという
オーナーの気持ちが表れている。寿司バーは5席のこじんまりした空間。
串焼きのメニューが頭上に並べられており、カウンター越しにオーダーできる。

また、変わったメニューもあり、フォアグラのチャーハン($12)、ウニのチャーハン($12)などが
メニューに並ぶ。「高級食材を使ったクリエイティブな料理を提供して、
話題性を作りたい」とジョニー氏は語る。お勧めは豚の角煮。
この一品を担当するスタッフは元「モリモト」で働いた経歴がある隠れた人材。
その間に担当していた豚の角煮をこの店でも再現。2日かけてしっかり調理されている
こだわりの一品だ。味がしっかりとしみ込み、トロッととろける肉の感じは、
そこらの日本食レストランの角煮よりもレベルが高い。


e0107450_12262965.jpg
e0107450_12264572.jpg
e0107450_1227141.jpge0107450_12271785.jpg
e0107450_12273341.jpge0107450_12275832.jpg

[PR]

# by pecopecony | 2011-12-21 12:28 | 日本