「ほっ」と。キャンペーン
2010年 07月 23日

Papatzul

55 Grand Street
212-274-8225


ソーホーの西側にあるメキシコ料理レストラン。白いレンガと赤を基調とした明るい色彩の店内は、家族、恋人、そして友達とも行ける家庭的な雰囲気。入ってすぐのバーカウンタには100種類以上ものテキーラが並んでいる。ラテンの音楽で盛り上がるフロントを通り抜けた奥には落ち着いたダイニングエリアがある。

料理はオーセンティックなメキシコの味をモダンなタッチで再現している。
生魚をライムであえたアペタイザーの「Ceviche Maya」はツナとエビ、クズ芋の歯ごたえとハバネロがピリっと利いた食の進む一品。サイドについているフライドプランテーンに乗せて食べるとほんのりとしたプランテーンの甘さとパリっとした食感が病みつきに。

アペタイザーで人気なのは、タマリンドサルサのソースがかかった肉厚なホタテとアボガドのサラダ。メニューの種類も豊富で、辛い料理からそうでないものまで揃えているので、辛いのが苦手という人でも大丈夫。


辛味・甘みが複雑に絡み合った柔らかく煮込んだ豚肉「Carnitas」をとうもろこしの粉から練って伸ばし1枚ずつ丁寧に香ばしく焼き上げたトルティーヤに包み野菜とソース類を乗せ巻いて食べる。スパイスが効いていて食べ応えたっぷり。

お値段もとてもリーズナブルで、量も大目というところも人気の理由。
テキーラーはもちろん、メキシコビールを飲みながら、スパイシーなメキシコ料理。食欲が減退する夏にはもってこいのコンビネーションではないだろうか。


e0107450_6423531.jpge0107450_6425356.jpg
e0107450_64365.jpge0107450_6432268.jpg

[PR]

by pecopecony | 2010-07-23 06:31 | メキシコ


<< Nori      Smoke Jazz & Su... >>