2010年 12月 16日

Chop Stix Restaurant

3790 Nostrand Avenue Sheepshead Bay, NY 11235
718-891-0391
www.chopstixofnyc.com

ブルックリンの最南端、コーニーアイランドの東側のエリア、シープスヘッドエリアにあるアジアレストラン。
オーナーシェフのジョージ・ウォン氏は、10代の時に中国からアメリカへ移民。
ニュージャージーの親戚のチャイニーズレストランで働き始めたのが、
彼の食業界でのキャリアの始まりだった。

レストランで働きながら、アメリカの中華料理がどの店も同じメニューを
出しているのを目の辺りにする。オリジナリティーのある料理を作り出すため、
また自分のレベルアップのためには、料理の基礎をアメリカの教育機関で学ぶことが
必須と考え、マンハッタンのアート・インスティチュート・ニューヨークに入学。
料理はもちろんのこと、レストランマネージメントも学ぶ。数々の料理大会にも出場し、
金賞に輝く。その後、料理学校の最高峰、カルナリー・インスティチュート・オブ・アメリカでも
受講を続け、自らの知識と技術の向上に努めた。

学んだことを生かし、「CHOP STIX RESTAURANT」をオープン。
もともと小さなチャイニーズレストランだった場所を改築。メニューも増やし、
寿司や和食もメニューに加えた。「このあたりでは、お寿司を食べられるところが少ないんです」と語る
ジョージ氏。このエリアで育った彼は、地元に質の良い料理を提供できるレストランを作りたいと考え、
このレストランのコンセプトを生み出すに至った。

メニューは、中華料理、寿司を中心に、ベトナム、タイ、シンガポールなど、様々なアジア料理が並ぶ。
寿司は、握り寿司はもちろんのこと、ロール系も充実。マンハッタンだと通常、1つのオーダーで一貫だが、
ここでは二貫の値段が1オーダーの設定となっているのはお得感がある。
またデザートも本格的で、ジョージ氏の料理学校時代の級友がペイストリーシェフを担当。
アジアレストランでホームメイドのクレームブリュレやチョコレートムースが食べられる所は珍しい。

ぶらっとコニーアイランド周辺に足を伸ばした際に、もしアジア料理が食べたくなった時には
お勧めのレストランだ。

e0107450_1403277.jpg
e0107450_140477.jpg
e0107450_141591.jpge0107450_141191.jpg

[PR]

by pecopecony | 2010-12-16 14:01 | 中国


<< Atlas Cafe      Takashi >>