2011年 11月 17日

Casimir

103 Ave. B
212-358-9683

www.casimirrestaurant.com

イーストビレッジを東に進むと「アルファベットシティー」と呼ばれるエリアに辿り着く。
アベニューの呼び名が数字からアルファベットに変わるのがその呼び名の所以だ。
フレンチビストロのCasimirはこのエリアにひっそりと佇む隠れ家的なレストラン。
この店は、ホットドックの大食い大会等ニューヨークで活躍する日本人アスリート、
小林尊氏も足を運ぶ店。
某メディアではこの店でステーキを頬張る彼がフィーチャーされていたことも。

バーカウンターを横目に薄暗いキャンドルライトの灯った店内を進むと、
奥にテーブル席の置かれたダイニングエリアが広がる。木製のテーブルや椅子、
レンガの壁やそこにかけられた大きな鏡など、ビストロ定番のセットアップは居心地が良い。

Casimirのキッチンを切り盛りするのはアメリカ人シェフのBlair Haneltさん。
この店で7年に渡りフランスの味を追求しているということもあり、味には定評がある。
来店したフランス人客が「この店のシェフは絶対にフランス人だ」と間違ったこともあるという
笑い話もある。

さて、その食事だが、Casimirの料理は着飾ったものではないが、
店内の雰囲気同様に気兼ねなくリラックスして楽しめるものが並ぶ。
前菜では、自家製フォアグラのテリーヌは是非試したい一品。
りんごを原料とした蒸留酒「カルバドス」につけ込まれた風味豊かなテリーヌは前菜にぴったり。
ワインと共に頂きたい。他にもエスカルゴ、サーモンのタルタル、
スモークしたヘリング、パテなどお酒に合う前菜が並ぶ。


ビストロの定番と言えるステーキ・フリット(ステーキとフレンチフライのコンビネーション)、
そしてアルゼンチンの定番チミチュリソースの添えられたバベッテ・アルゼンチンは人気のステーキ料理。
特にバベッテ・アルゼンチンはあっさりしたソースのお陰でヘビーになりがちな肉料理をさっぱり頂ける。
どちらもフレンチフライが盛られて登場し、どんな空腹も満たしてくれるだろう。
肉以外でもモンクフィッシュ・ブロシェット(アンコウの串焼き)、スチームしたムール貝、
ダック・コンフィなどバラエティーを揃えるので、好みに合わせて料理を楽しめる。
また、何を頼んだら良いか分からないという方には、
プレフィックス(セット)メニューでサラッとお店の味を試してみるのも良いだろう。

そして食事以外にも、カクテルやワインもしっかりと揃える。
Zebulonはラムべースのカクテル。ナツメグ、ライム、
ジンジャーの加えられた清涼感あるドリンクだ。他にもマリブ、
オレンジジュースに炭酸の効いたCasablan、コアントロー、
ジンジャー、ライムのHypoliteなど食前、食後に人気のカクテルを楽んでは
如何だろうか。

バーカウンターでさっくりと一杯頂くにしろ、またフルディナーを頂くにしても、
イーストビレッジにてビストロ定番料理を楽しむのであれば立ち寄りたい店だ。


e0107450_0251821.jpg
e0107450_0244646.jpg
e0107450_0241792.jpg
e0107450_0234624.jpg
e0107450_0232773.jpg
e0107450_023758.jpg
e0107450_0224944.jpg


Photos by Naoko Takagi
[PR]

by pecopecony | 2011-11-17 00:26 | フランス


<< 燒酒屋 Kushi Bar &...      ZENGO >>