ペコペコ!ニューヨークレストランレビュー

pecopecony.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 28日

Cafe Frida

カフェ・フリダ

368 Columbus Avenue,
Tel:212-712-2929
www.cafefrida.com
Map

伝統的なメキシコ料理が食べられるレストラン。冷凍食品や加工品を一切使用しないというこだわり。この店の人気料理は“Tempiquena”。ライムとテキーラでマリネされたお肉を焼いたもの。フローズン・マルガリータは絶品で、テキーラのバラエティーも豊富。タコスのトルティーヤもすべて手作り。インテリアはメキシコから取り寄せていて、内装はとてもお洒落。ロマンチックディナーにもおすすめ。



PECOPECOメンバー:トモエさん
壁にかけてあるお面から椅子、そして砂糖入れにいたるまで、全ておしゃれでかわいく、お店の名前にもなっている、画家フリーダ・カーロの国メキシコを彷彿させます。

こちらで今回いただいたのはスープ1種とタコス2種、そしてデザート2種です。
スープはSopa Azteca(アステカのスープ)という名前で、少しピリッとしてこくのあるトマトスープに、甘みのあるトウガラシの細切り、さいころに切られたアボカドとフレッシュチーズ、細くパリパリにトーストされたトルティーヤの4種の具を混ぜて食べるもの。トマトスープ自体のおいしさもさることながら、この具材とのハーモニーがさらに味を深くしていました。

タコスはビーフと魚の2種。ビーフは小さく切られて炒められて、肉自体にも味がついているのですが、一緒に出てくるアボカドとコリアンダーのソース、トウガラシのソースをのせて食べると、また味にパンチがきいて食欲をそそりました。魚は白身の魚を少しぴりりとさせたクリームソースで煮てあり、クリーミーかつあっさり。魚のタコスは初めてでしたが、こういうのもタコスなんだと新しい発見でした。
デザートはTores Lecheというとってもしっとりとして練乳のやさしいあまみがたまらないケーキと、メキシコのフレッシュバニラビーンズを使用し、クリーミーさがぎっしりつまったココナッツフラン。どちらも素材の良さが伝わってきました。

店内の入口付近はガラス張りになっており、外を見ればポプラ並木ののんびりした風景、中を見れば、赤茶けた壁にあたたかいメキシコの空気を感じれる空間が広がります。とてもリラックスした時間を過ごせる場所でした。


www.pecopecony.com

e0107450_11321119.jpge0107450_11322680.jpge0107450_11324117.jpge0107450_11325557.jpg




写真はこちらから。MORE PHOTOS!


ニューヨークのレストラン情報はペコペコ!
[PR]

by pecopecony | 2007-09-28 11:33 | メキシコ


<< CARA MIA      Stella Maris >>