2008年 08月 12日

Shinbashi

7 East 48th Street
212-813-1009
www.shinbashinyc.com
Map

1974年のオープンから、2000年に閉店を迎える迄、
26年間在NYの日本人また日本食ファンのニューヨーカーに
支持されていた「しんばし」。先代細田婦美子氏の
長男友成慎一氏が母の伝統、伝説を引き継ぐべく、
2007年の秋に再びミッドタウンに新生「しんばし」をオープンした。

高い天井で広々とした店内は、19席の寿司カウンター、
50席のダイニングスペース、20席程のバルコニー席、
40席のパティオ、地下には、約30席のバーがある。
客席は多いにも関わらず、とてもゆったりとした空間。
とてもシンプルな内装で、清潔感に溢れている。

「しんばし」の厨房を仕切るのは、
女性エグゼクティブ・シェフの白畑さん。
東京で修行をつみ、1990年にニューヨークに
やって来た彼女は、1995年のキッチンインストラクターとして
スタッフのトレーニングを行い、ノブ立ち上げに携わる。
その後、ロンドンのノブ、アスペンコロラドのマツシマでも働く。
ニューヨークに戻り、チェルシーのモモヤをオープン。
まさにアメリカでの日本食を熟知している料理人だ。

メニューはネタがとても新鮮な寿司、刺身メニューを中心に、
前菜、アントレ、そばやうどんに鍋物と代表的な
日本食はすべて網羅。日本人のお客様には、本格的日本料理の
味わいをそのままに、ごま和え、ごぼうきんぴら、ひじき、
揚げ出し豆腐、立田揚げ、手作りカニシュウマイ、
豚肉と大根の煮物などのメニーがならぶ。
また、テーブルで調理できるしゃぶしゃぶや、
冬季限定のお鍋料理も人気だ。

最近では本格的和食を好んで食べるアメリカ人のお客様も多く、
さほどアメリカ人向けの特別メニューなどは用意する必要も
なくなって入るが、コンテンポラリー・ジャパニーズの腕も
確かな白畑シェフ。アメリカ人のお客様に対しては、
鴨のローストや、リブ・アイステーキ、タラの味噌漬けと
アメリカ人に人気のメニューも本格日本料理の中にちりばめている。
ランチメニューでは、ミニチラシ、茶碗蒸し、野菜のおひたしと
お野菜がついてたったの$15というレディースセットも人気だ。

7年ぶりにミッドタウンに蘇ったジャパニーズレストラン。
昨今の日本食ブームのトレンドも取り入れながらも、
昔と変わらないサービスと味を提供している。
また老舗の味をもっと手軽に味わってもらおうと、
49丁目にお弁当テイクアウト専門の小売店もあり、
忙しいニューヨーカーにはとても重宝がられている。



PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!
www.pecopecony.com


e0107450_2231179.jpg
e0107450_2234142.jpg

e0107450_224934.jpg
e0107450_2243697.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-08-12 02:25 | 日本


<< Dieci      PALO SANTO >>