カテゴリ:未分類( 6 )


2010年 12月 28日

Atlas Cafe

37 Clinton St
New York, NY 10002

ローワー・イーストサイドのカフェ激戦地区に、ウィリアムズ・バーグで人気の
カフェがあるのをご存知だろうか?クリントンストリートにあるこの店、店内に入ると
真っ先に目に入ってくるのは、カフェの名前でもある壁一面に張られた巨大世界地図。
オーナーのルカさんは、イタリア、トリノ出身。ニューヨークでは高級イタリアンレストランで
働いていたが、美味しいコーヒーとペーストリー、そしてくつろげる空間をシンプルに
提供したいという想いから、カフェをオープンさせた。

ラスティックな店内のインテリアはすべてオーナーのルカさんが担当。
以前ブルックリンの教会で使われていた木のベンチを再利用。手書きのメニューボードは
なんとも味がある。
メニューは、コーヒー、お茶、サンドイッチにペーストリーとシンプルな
カフェのスタンダードを厳選して提供。コーヒーは、イタリアとカリフォルニアで
ローストされたものを仕様。ベーグルはニューヨークの老舗ベーグルショップH&Hベーグル、
ペーストリーはフレンチベーカリーから仕入れている。

朝は出勤前にコーヒーをテイクアウトする人が多いが、昼前ぐらいからはラップトップを
持ったお客が大勢訪れる。隣に座り合わせた人の邪魔をするわけでもなく、
コーヒーを飲みながら自分の世界で自分の時間を過ごす。

コーヒーを飲みながらじっくり世界地図を見つめる。この1枚の地図上の国々から、
ここニューヨークにみんな集まってきているのだなと思うと、小さなカフェにいながらも
大きな空間にいるような錯覚に陥る不思議なカフェ。それがこの店の魅力なのだろう。

e0107450_0144216.jpg
e0107450_015457.jpg

e0107450_0161138.jpg
e0107450_0152217.jpg

[PR]

by pecopecony | 2010-12-28 00:17
2009年 09月 25日

PUBLIC


210 Elizabeth Street
212-343-7011
http://www.public-nyc.com/

Map

お洒落なブティックやカフェが立ち並ぶノリータにある
オーストラリア/フュージョン料理レストラン「PUBLIC」。
2009年のニューヨーク版ミシュランで1つ星を獲得したことでまた注目を集めた。
キャンドルがたくさん灯されている店内はロマンチックな雰囲気だ。デザインはNYの
人気デザインオフィス「AvroKO」が手がけ、木とレンガ、そしてオレンジ色の
電球から生まれる温かみが心地よい。落ち着きがありすっきりした内装は、
シックだがモダンで異素材のミックスが美しい。壁には店内を一層広く感じさせる大きな鏡。
その鏡越しに周りのダイナー達の様子をうかがうのも面白い。

シェフのブラッド・ファメリエ氏は、ロンドンで「ヨーロッパのフュージョン料理の父」と呼ばれる
ピーター・ゴードン氏の元で修行を積んだ実力の持ち主。又、北アフリカや南アジア、
そして日本への滞在といった海外の食経験も彼のメニュー作りに大きな影響を与えている。

メニューにはフュージョン料理らしい新しい味との出会いと驚きが並んでいる。

例えば「スイカの刺身のチーズ添え」。スイカ、バジル、七味にチーズという
意外な組み合わせだが、これらの組み合わせを一緒に食べると、
スイカの甘さが引き立つ。パラッとかけられたカボチャの種の香ばしさのアクセントも軽やかだ。
口の中で全てが混ざると味がひとつになり、料理が完成するような感覚だ。
また、ウナギとモヤシを和えた一品は、脂の乗ったウナギと
しゃっきり感のあるモヤシを更にうずらの卵で包み込んだ一品。
卵のまろやかさが全てを調和してくれる。卵とウナギという スタンダードな
組み合わせだが、 日本食とは違った仕上がりが楽しめる料理だ。

帆立、牡蠣、アンチョビのシーフード三種は、 ひとひねり加えたソースと
調理法のバランスがとても良い。和洋文化が混ざり合った小皿で、
小気味良くワインと共に楽しめる料理。 その中でもお勧めは、
揚げられたオイスターはシソに包んで頂く一品。さんしょう、
わさびと柚子のソースという馴染みのある素材も、和食とはひと味違う風味に仕上げられ、
白ワインと頂いてもしっくりくる。 シソの香りも心地よい。

また、「飲み物を楽しみながら」ということへ気を配り、カクテルとワインに力を入れる。
必要であればワインディレクターが、食事とのペアリングを考慮した飲み物を丁寧な説明と
合わせてお勧めしてくれるのもうれしいサービスだ。現在メニューにあるカクテルのお勧めは
「Kiwifruit and Green Tea Fizz」。ヴォッカとキウイフルーツ、ニュージーランド産マヌカハニー、
緑茶の入ったドリンクだ。緑茶とヴォッカの組み合わせにハニーのまろやかさが
加わったユニークなバランスが魅力的な味だ。そしてもう1つ、テキーラにレッドチリ、
ライム、オレンジ、グアバが加わった「Guava and Red Chili Mararita」も魅力ある一品。
グアバや柑橘系フルーツが混ざり、さっぱりとした甘さ。チリのピリッとしたアクセントが特徴だ。

デザートは果物の味がそのまま生かされ、自家製のシャーベットなどを取り揃える。
チョコレートも自家製で、デザートでは5種類の様々なチョコレートが用意される。
ローズマリー入りのトリュフや、塩味ポップコーンのチョコレートがけなど、
めずらしい味が楽しめるのもこの店の魅力だろう。

料理やカクテル、ワインが運ばれてくる際、ウェイターがおすすめの食べ方や
食材の詳細などを教えてくれるのもうれしい。無国籍料理というよりもシェフの
情熱とアイデアがつまった味の芸術作品のような一品一品が味わえる、
そんなレストランだ。

e0107450_4504824.jpg
e0107450_451744.jpg



ペコペコウエブサイトはこちらから!www.pecopecony.com



[PR]

by pecopecony | 2009-09-25 04:57
2009年 04月 28日

Ali Baba's Terrace

862 Second Avenue
Tel 212-888-8622
http://www.alibabasterrace.com/
Map

2008年8月にオープンしたAli babaトルコ料理レストランのミッドタウン店。
まるで太陽の中にいるような温かなオレンジ色を基調とした店内は
連日ふるさとの味を求めトルコ人で賑わっている。

前菜のメゼはたっぷりの野菜や豆、ヨーグルトをふんだんに使用。
からだに優しくヘルシー。定番のHumusはもちろん、
自家製ヨーグルトにミンチしたきゅうりとミントとデリを混ぜたCacik。
焼きたてのトルコパン、エキメキと一緒に食べるとその美味しさにメインの
食事にたどり着く前にお腹がいっぱいになってしまう。

メイン料理は ドネルケバブや各種シシケバブ。そして他にはラム肉のオーブン料理。
一番のオススメは「Coban Kavurma」。コマ切りされたラム肉と野菜の鉄板焼きは
柔らかくてクセもなくとってもジューシー。野菜の甘みも加わり
ラム肉はちょっと・・・という人でも大丈夫。

そして食事のお供にトルコ庶民のお酒として親しまれているラク。
主原料は葡萄でアニス(ういきょう)入りの独特な香りのする蒸留酒。
アルコール分は45度~50度と高めで水を加えると乳白色に
変ることから別名「ライオンのミルク」とも呼ばれている。

最後はトルコ代表的のデザート「Baklava」。幾重にも重なったパイ生地に
ピスタチオを挟み込み、糖蜜をしみこませた甘いお菓子。
しっとりとした生地にピスタチオの食感と風味がたまらない。

そして忘れてはならない粉末のコーヒー豆を水で煮出してろ過をせず、
カップの上澄みだけを小さいカップで飲むトルココーヒー。
異国情緒溢れるトルコの食事を締めくくるのに無くてはならない一杯だ。

スタッフは全員トルコ出身なのでオススメの料理や何かわからないことがあれば
丁寧に教えてくれるから何の知識がなくても心配無用。

二階はこの辺りでは珍しくオープンテラスになっているのでこれからの季節、
友達を誘ってハッピーアワー(pm4-pm7)に最適。


e0107450_785676.jpg
e0107450_711580.jpg

e0107450_7144693.jpg
e0107450_7125052.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2009-04-28 05:43
2008年 09月 15日

Lola

15 Watts Street
212-675-6700
www.lolaissoul.com
Map

ソーホーにある、南部ケイジャン/クレオ料理レストラン。
もともとチェルシーにあったレストランだが、
去年の秋ソーホーに移ってきた。

レストランは、会話を楽しみながら食事を楽しめる
ダイニングエリアと、ライブミュージックを楽しみながら
食事のできるラウンジエリアがある。ラウンジエリアは店の中心部あり、
一段低くなった所にがあり、連日行われるライブパフォーマンスを
見る観客席のようなセッティングになっている。

クラシックなデコアで、ゴージャスかつロマンチック。
ラウンジにはシャンデリア。各テーブルには小さな
テーブルランプがムードを盛り上げる。
連日午後8時からジャズ、R&B、ゴスペルなどの
ライブ演奏があり、食事をしながら音楽を
楽しむことができる。


メニューは、南部ケイジャン/クレオ料理。
これらの料理は量が多く、味付けも濃いめで
ヘビーな印象があるが、ここの料理は、量も丁度良く、
味付けも以外とあっさりしている。
前菜で人気のビーフタルタルは、アンガス・ビーフを
みじん切りしたものが、カイヤンペッパーと
マスタードに交ぜてあり、酸味のきいた
ドレッシングがかけてあるグリーンが添えてある。

ムール貝のワイン蒸しには、ケイジャン料理で
よく使われる豚肉、豚の小腸、タマネギ、ワイン、
香辛料で作られたアンドゥイー・ソーセージと共に
調理してあり、貝だけではなく、ソーセージからも
フレーバーがでていて奥深い味となっている。

ロブスターサラダは、パイナップル、オレンジの
果肉とライムとハーブであっさりマリネしてある
小さくほぐされたロブスターがのっている。
果物ふんだんに入ったサラダはとてもあっさりしている。

エビ、蟹、アンドゥイー・ソーセージが茄子に載せられて、
ゆっくりとローストしてある「Bayou Pirogue]はローラの
シグニチャーディッシュ。回りに添えられている
ちょっとピリ辛で濃厚なソースにとてもよくあう。
そして、南部料理といえば、フライドチキン。
リーンなむね肉は柔らかく、外側のかりかりの衣との
相性は抜群。付けあわせは、カラーグリーンに
マッシュドポテト。オーセンティックな演出となっている。


「このレストランはソウルフードのレストランですか?」
という問いかけに、オーナーのローラさんは、
「私のレストランにたいする情熱の魂のソウルが
詰まったレストランです。」と答える。料理の種類ではなく
フィーリング、バイブ、エネルギーを御客さまに感じてもらえる
場所でありたいと考える。アップタウンまで行かなくても、
ソーホーで、南部料理を食べながらR&Bにゴスペルを
聞ける穴場のレストランだ。


e0107450_1591547.jpg
e0107450_1594975.jpg

e0107450_201684.jpg
e0107450_204539.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by PECOPECONY | 2008-09-15 13:25
2008年 04月 24日

Pearl Oyster Bar

18 Cornelia Street
212-691-8211
http://www.pearloysterbar.com/

Map

1997年のオープン以来、グリニッジ・ビレッジで
ニューヨークのヒーフード好きを虜にしているレストラン。
レストランに入ると、左側はバーカウンター、壁に面したカウンター、
右奥にはテーブルが設けられている。

レストランのオススメはなんといってもシグニチャーディッシュの
ロブスター・ロール(時価)バターの甘みがほんのり感じられる
ロールパンに、マヨネーズと和えられたゴロゴロのロブスターの
ぶつ切りが、あふれんばかりに挟まれている。付け合わせの
ホソ切りフレンチフライの塩味とロブスターロールの甘みはなんとも
病み付きになる組み合わせだ。定番メニューに加え、魚介類だけに
その日の新鮮な食材を使ってスペシャルメニューが作られる。

このレストラン予約は取らないのでいつも時間帯によっては
待たされることもあるが、熱狂的なファンは
席があくまでいつまででも待つ。そして、カウンター席でも
喜んで座る程。レストランに入って、すでに席を待っている
お客様がいたら、席の順番を管理しているウエイトレスに
名前と何人かを伝えよう。

PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!www.pecopecony.com

e0107450_636880.jpg
e0107450_6362243.jpg

e0107450_6363690.jpg
e0107450_6365375.jpg



是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-04-24 06:37
2007年 12月 16日

Havana Alma De Cuba

94 Christopher St.
212-242-3800
www.Havana Alma De Cuba.com
Map

キャンドルライトと天井で回る木製のファン。壁にはキューバの町並みや楽しげな人々が
描かれています。ムードのあるこのキューバレストランはバーやレストランが隣接する
ウェスト・ビレッジにあります。店内を進んでいくと、キッチンの横を抜けた所に
プライベートパーティーができる空間が一つ、夏にテーブル席が置かれる中庭の先には
完全プライベートのスペースが用意されています。
コーポレートパーティーなどにも最適なこのプライベートスペースには生バンドによる
演奏や葉巻職人が実演でシガーを用意してくれるサービス等もあります。

料理の特徴はバラエティーに富んだメニュー。メインディッシュにはシーフードや
ポーク、チキン、ビーフとバリエーションが豊富です。
スタンダードなキューバ料理のみならず、中にはパエリヤなども!

意外な美味しさで驚かされるのは料理の最初に出されるパン。
珍しく、平たいバケットが運ばれてきます。プレスしてトーストするために
平たくなっているのですが、ほんのり温かく、柔らかくて美味しい一品です。

小振りなイカをガーリックでグリルしたCalamares Al Grillはお勧めの前菜。
イカが丸々使われた豪快な一品で、ガーリックの香りが食欲をそそります。
残ったソースもバケットにタップリつけて頂いては如何でしょう?

キューバ料理でおなじみにプランタン料理もお勧めです。
Fufu de Platanos Verdesはグリーン・プランタンをマッシュポテト風にした一品。
カリカリの豚肉が中にちりばめてあり、良いアクセントになっています。
備え付けのMojoはキューバでおなじみのソースでマリネする時によく使われます。
この一品ではオレンジとライムが使われていて、フルーティーで
プランタンにさわやかさを添えます。

メインメニューにあるRopa Vieja “La Bodeguita“は、
煮込んだ牛肉がプランタンの器に入って登場する一品。
トマトとオニオンスライスがふんだんに使われたガーリックソースで頂きます。
ボリューム満点なので同席の方とシェアするのがお勧めです。

全体的に一般的なキューバ料理店よりあっさりした味付けが印象的なこのお店、
若いカップルからホリデーシーズンの団体客まで、様々な客層から人気です。


www.pecopecony.com

e0107450_0272010.jpg
e0107450_0273585.jpg

e0107450_0274914.jpg
e0107450_028293.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!





人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

Please Click Here!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へPlease Click Here!
[PR]

by pecopecony | 2007-12-16 00:28