ペコペコ!ニューヨークレストランレビュー

pecopecony.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ラテン( 4 )


2014年 05月 08日

Oficina Latina

24 Prince St, New York, NY 10012
Phone: 646- 381-2555
http://www.oficinalatinanyc.com

小さなブティックやカフェが軒を連ねるノリーターで、数々の中南米料理やドリンクが楽しめるレストラン、「Oficina Latina」。店に入ると、バーの棚に並ぶ数々のテキーラ達が出迎えてくれる。
このラインナップを見ただけで既に、ドリンクメニューには期待ができる。
店内のいたるところに飾られているビンテージ物のバイクのヘルメット。
店の内装も1950年代の車の修理工場をモチーフにしている。これらの店内の演出は、
レストランの料理のコンセプトにも深く関わっているとのこと。


1923年に「パンアメリカンハイウエイ」というメキシコのモンテレイからアルゼンチンのブエノスアイレスを
約2万6千キロかけて結ぶ高速道路が建設された。このハイウエイを南に下がっていくと、エルサルバドル、パナマ、コロンビア、ペルー、、アルゼンチンと数々の中南米の国を訪れることができる。この道路を通じて中南米を駆け抜けるライダーのように、それらの国にまつわるいろいろな料理を提供するというのが、このレストランのコンセプトなのだ。

料理はアペタイザーサイズのものとメインコースがあり、どの料理もシェアしやすいので、いろいろと頼んでみるのがお勧め。アボガドがとてもフレッシュなワカモレディップ。これは欠かせない一品。ベネズエラ料理を代表するとうもろこしの粉で作ったパン「アレパス」は、中身にサーモン、牛肉、お野菜とチョイスがありいろいろな味が楽しめる。エルサルバドル出身のシェフが作るガーリックがよく効いた海老のソテーはなんともやみ付きになる美味しさだ。

ドリンクプログラムはカクテルがとても充実している。それもそのはず、テキーラ、マスカル、ラム、カシャーサ、ピスコとカクテルには欠かせない蒸留酒を約280種類も取り揃えているのだ。マルガリーター、モヒート、カイピリーニャにピニャコラーダと中南米を代表するカクテルのオンパレード。フレーバーもユニークなものばかりなので、何度足を運んでも常に新しい味を楽しむことができる。

サルサの音楽をバックにマルガリーターを飲みながらワカモレとチップを食べているとそこがマンハッタンのノリーターということを忘れてしまう。パンアメリカハイウエイを食を通じて是非楽しんでいただきたい。


e0107450_153625.jpg


e0107450_16667.jpg


e0107450_165023.jpg

e0107450_17991.jpg
e0107450_111262.jpg
e0107450_175125.jpg

e0107450_1231989.jpg

[PR]

by pecopecony | 2014-05-08 01:08 | ラテン
2008年 08月 05日

PALO SANTO

652 Union Street
Park Slope, Brooklyn
718-636-6311
http://palosanto.us/
Map

2006年にオープンしたコンテンポラリー・ラテン料理の
レストラン。お洒落なレストランが続々オープンする
パークスロープ。その地域特有のブラウンストーンの1階に
ひっそりと佇む。オーナーのジャックスさんは、
オープンの2年前にそのビルに住人として入り、
1年半かけて内装を自分の手で完成させた。

リサイクルの素材を用いて作られたテーブルや椅子。
手作り感の溢れる店内は入った瞬間にとても暖かみが
感じられる。常連客がつねに席を陣取るカンター席。
縦長な店内の奥にはいると天窓から日がはいる
ダイニングルームがある。 小さな裏庭に設置してある
4人がけのテーブル。この席は、金曜日の午後7時半のみ
暗黙の了解で、毎週やってくる常連さんの
リザーブ席となっている。

宣伝もあまりせず、口コミでお客が集まり、今では常連客が
大半を占めるこのレストラン。週に何度も訪れてくれる
お客さまの為に、メニューもなんと連日変更する。
1日のうちに2、3品常に新しいメニューに加え、
月に2度はメニューがすべて変わる。
季節の野菜を使い、ブルックリンのグランドアーミープラザの
グリーンマーケットで食材を買い、またハーブ類は
屋上の自家菜園で栽培している。

この日のメニューは、アペタイザー系の料理が8品、
アントレが7種類。アボカド、チリ、タコス、プラタノと
南米料理には欠かせない食材が使われ、
シンプルに調理されている。タコスのトルティーヤも手作り。
その上にガーニッシュで上に添えられているハーブもその
日屋上で採ったものでとてもフレッシュ。
グリーン・ガスパッチョは、アボカドの甘さと
グリーンペッパーのぴりっとした味。そして、
小さく刻まれたベーコンの香ばしさがなんとも
言えないコンビネーションとなっている。
アントレのロック・フィッシュは焼き加減も最高。
魚の下に敷かれた、よく熟れて甘いプラタノ(マドゥーロ)と魚、
そしてその上にのったピリカラの薬味と
頂くとなんとも不思議なフレーバーのコンビネーションに
驚かされながらも、以外にも味のバランスがよくやみつきになる味だ。

このレストランのもう1つの人気の理由は、50種類以上のワイン。
チリ、アルゼンチン、ウルグアイ産の南米ワインを取り揃えている。
南米のワインは値段がお手頃。飲みやすく、
料理にもよく合うものが選りすぐられている。

店の外を歩くと思わず気づかずに通り過ごしそうなロー・キーな
レストラン。大きな看板もなく入り口もあまり目立たない、
まさにパーク・スロープの隠れ家的レストランだ。


PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!
www.pecopecony.com


e0107450_2371368.jpg
e0107450_2293123.jpg


e0107450_2294558.jpg
e0107450_2305195.jpg



写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-08-05 02:40 | ラテン
2007年 11月 25日

El Viejo Yayo Restaurant

36-5th Avenue Brooklyn, NY 11217
718-622-8922
Map

ブルックリン、PARK SLOPE のレストラン街にある伝統的ラテン料理レストラン。ライス&ビーンズにポークチョップ、豆の炊き込みご飯にトストーネスとラテン料理の定番が勢揃い。レストランの一部は、マフィンやコーヒーのテイクアウトコーナーとなっている。店内に流れるサルサを聞きながら、美味しい料理が楽しめる場所だ。

e0107450_25629.jpge0107450_2563099.jpg
e0107450_2564367.jpge0107450_2565887.jpg



人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

Please Click Here!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へPlease Click Here!
[PR]

by pecopecony | 2007-11-25 02:53 | ラテン
2007年 06月 07日

BOGOTA

141 Fifth Ave., (St. John's Place & Lincoln Place), Brooklyn
718-230-3805
Map

ブルックリンのパークスロープ周辺で最もホットなエリアの1つ5th Avenue沿いにあるラテンレストラン。コロンビアを中心にラテン諸国の味を取り入れたスタイリッシュなメニューの数々を用意している。ラテン料理というと脂っこい、ボリュームが大きい、というのを想像しがちだが、BOGATAのラテン料理はスタイリッシュなパークスロープの住人という客層に合わせ、あっさりとした味付け、適度なボリュームに気を配っている。人気の料理はBandeja Paisa。コロンビアの伝統的なコンビネーションディッシュだ。ステーキ、ポーク、ライス&ビーン、目玉焼きが乗ってくる。シュリンプ・セビーチェも好評。メキシカンスタイルのこのディッシュはピリッと効いたハラペーニョが後を引く。コロンビア風フライド・エンパナーダ。アヒソース(タマネギとトマトとハラペーニョのあっさりしたソース)で頂く。お薦めのドリンクはココナッツ・モヒート。ココナッツのフレーバーと甘み、そしてキリッと冷えた喉ごしがスパイスの効いた食事のよいアクセントになっている。最後の極めつけはデザート。ラテンマガジンでNO.1に輝いたフランは1度は食べてみる価値はある。$5.00でモヒートが頂けるハッピーアワーに合わせて訪れれば、最高のディナーを過ごせること間違いなし。



www.pecopecony.com


e0107450_0452230.jpge0107450_0454457.jpge0107450_046163.jpge0107450_0482298.jpg

写真はこちらから。MORE PHOTOS!

ニューヨークのレストラン情報はペコペコ!



[PR]

by pecopecony | 2007-06-07 00:48 | ラテン