ペコペコ!ニューヨークレストランレビュー

pecopecony.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:イタリア( 31 )


2009年 02月 14日

Padre Figlio

310 E 44th St Bet 1st & 2nd Ave
212-286-4310
www.padrefiglio.com
Map

オーナーのトニーさんはイタリア、サレルノ出身。1991年から
マンハッタンでレストランを経営しているベテランだ。
まず1店舗目は「IL Gabbiano」そして2店鋪目の「Da Antonio」と
常に人気の高いレストランだった。

リース更新をきっかけに2007年の12月末に2件目のレストランを閉店し、
その3週間後に現在のレストランをオープンした。
レストラン名の「Padre Figlio」はイタリア語で「父と息子」。
読んで字のごとくトニーさんと息子のマリオさんが一緒にレストランを経営している。

レストランに入るとまずバーとラウンジエリアがあり、
そこで接客中以外はオーナーのトニーさん、又は マリオさんが
笑顔でお客様を迎え入れる。

ダイニングエリアはとても落ち着いた雰囲気。あまり大きくない
ダイニングルームではあるが 国連が近いこともあり各国の要人が
食事に訪れることが多いのでプライベートルームが3つ用意されている。

ベルベットのカーテンで仕切られた6人がけのプライベートルーム。
メインダイニングの奥には20名程収容できるプライベートルーム
(プロジェクターもついているのでビジネスミーティングにもよく利用される。)
そして、「シェフズ・テーブル」と呼ばれる8席の完全個室がある。

かと思えば、道に面した約24席程のバルコニー席は全面ガラス張りに
なっているのでとても明く、日の明るい時間帯は、ここでの食事もオススメだ。

ダイニングスペースのバラエティーと同様に、料理の種類そして値段も
幅広く用意されており、旅行者、近所の住人そして世界中から集まる
国連関係者という各顧客のニーズに答えている。

メニューには連日スペシャルメニューがあり、ウエイトスタッフが
丁寧に説明してくれる。前菜のスペシャルメニューで人気なのが
プロシュートとフレッシュフルーツの盛り合わせ。
プロシュートにもこだわり「リセルバ・ガローニ」と呼ばれる
2年半かけて熟成させた最高級のプロシュートを使用。

連日数種類のホームメイドパスタがスペシャルメニューに登場してくる。
人気のパスタメニューはエビ、ホタテ、アサリ、ムール貝、イカがのった
シーフードパスタの「Spagetti ai Frutti Di Mare」とイカスミが練り込んで
あるリングイニにごろごろとしたロブスターがのっている「 Black Linguine with
Lobster, mild, medium or spicy fra diavolo sauce」カイヤンペッパーで
お好みの辛さに仕上げてくれる。

新鮮な魚介類を提供するため、仕入れは週5日。大量に買う事でコストを
下げることよりも、鮮度を第一に考えているというこだわり。
レストラン予約サイトオープンテーブルの「ダイナーズ・チョイス・ウィナー」で
シーフードが美味しいレストランに選ばれたというのも納得だ。

シーフードだけではなく、イタリアン・ステーキレストランとうたっている
だけあり、お肉も他店にはないこだわりがある。ステーキはイタリアの
ピエモンテ牛のみを使用。100%オーガニック、グラス・フェッドで、
コレステロールと脂肪分が通常の半分ととてもリーンな味わいだ。

デザートもホームメイドティラミス、リコッタ・チーズケーキはとても
人気。又「ジーノ・カマラタ」から仕入れているジェラートは
ニューヨークタイムスでも絶賛された一品だ。

メニューのバラエティーは品揃えだけでなく、プリフィックスメニューも
用意されおり、アラカルトでもお得なセットメニューでも
食事を楽しむ事が出来る。ランチはで前菜、メイン、
デザートがついて$20、ディナーは$35ととてもリーズナブル。
「お客様に何度も足を運んでいただきたいから」と語るトニーさん。
レジデンスが多いこのエリアをよく理解してのスペシャルメニューだ。

サービスと料理の質を常に最高の状態に保つ為、常にレストランの
中心人物としてダイニングルームを仕切るトニーさんとマリオさん。
長年2人をサポートしている信頼の置けるスタッフと一丸となり
毎日笑顔でお客様を迎えているまさにオーナー2人の情熱の詰まったレストランだ。

e0107450_294955.jpg
e0107450_2101435.jpg

e0107450_2104860.jpg
e0107450_2115328.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2009-02-14 02:13 | イタリア
2009年 01月 19日

Bocca di Bacco

828 9th Ave
212-265-8828
www.boccadibacconyc.com
Map

重厚な木のドアを開けると目の前に広がる奥行きのある店内は、
ワイン倉庫のよう。明るすぎず暗すぎない照明は心地く感じられ、
とても落ち着いたレンガ壁の空間。

この昨年オープンしたばかりのイタリアンレストラン/ワインバー
「Bocca di Bacco」には、厳選されたイタリアンワインが
常時250種類以上用意されている。

ボトルワインの値段は$28〜$318。リーズナブルなものから
高級品まで取り揃っている。グラスでも多めの約50種類の
ワインのチョイスに加えて、なんとテイスティング用の
3オンスのワインもある。何種類かのワインを気軽に
味わう事もできるのはうれしい。

料理にはワインに合う、チーズ、ハムの盛り合わせなどがあり、
カウンターでそれらをつまみながらワインを楽しめる。
もちろん食事もワインと相性のよい前菜、パスタ、肉料理、
魚料理がメニューに並ぶ。新鮮なタコの足とハーブの味が
特徴の「Grilled Octopus」には、良く冷えた
白ワインがよく合う。「Tortelli ricotta e spinaci」は
ラビオリに似たトルッテリは具のホウレン草と
甘いバターソースが絡み合い赤ワインにぴったりだ。
アントレの値段はすべて$20以下というのも嬉しい。

シックなムードはカジュアルデートにも最適。
気取らない雰囲気でワイン愛好家は勿論、
地元の人までもが集う。バーカウンターで女性同士、
会社帰りに一杯と色んなシーンに活躍できるレストランだ。
大テーブルもあるので友人を集めてワインの
テイスティングパーティーと洒落てみてはいかがだろうか。

e0107450_1024227.jpg
e0107450_10242560.jpg

e0107450_10244571.jpg
e0107450_10252175.jpg



写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2009-01-19 10:26 | イタリア
2009年 01月 06日

Scarlatto

250 West 47th St
212-730-4535
www.scarlattonyc.com
Map

ブロードウェイミュージカルの劇場が立ち並ぶ
シアター・ディストリクトにあるイタリアンレストラン。
ブルック・アトキンソン・シアターの並びにあり、
ミュージカル公演時間の前は連日、開演前に夕食を
楽しむ観客で賑わっている。

ドア開けるとメインダイニングが目の前に広がり、
そこには白を基調にしたテーブルと椅子が並ぶ。
奥には暖炉があり、家のリビングルームにいるような
リラックスした雰囲気で食事が楽しめる。

2階には、古いイタリア映画のワンシーンを写した
白黒写真が飾られている。そこには40席程の
ダイニングエリアがあり、 人数に合わせて
プライベートパーティー、 セミプライベートパーティー会場
として使用する事が可能だ。

メニューは、アンティパスタとサラダが約20種類、
パスタは15種類ほど、そしてアントレも約15種類と
メニューのバラエティーは豊富。どんな客も必ずや自分の食べたい
一品がみつかるはずだ。

厨房で自慢の料理を振るうのは、マリノシェフ。
ニューヨーカーのみならず、全米、全世界からレストランを
訪れる旅行者に素敵な一時を提供する。彼のモットーは、
素材の味を活かしたシンプルな料理。パルメジャンチーズと
スモーキーなベーコンで作られたリガトーニパスタのカルボナーラはシンプル、
そして値段はリーズナブル。

また、この店ではランチ時間にはお得なランチセットメニューを
用意するため、観光スポットにありながら、現地の人でも気軽に
昼食を楽しめる。言うまでもなく、ミュージカル開演の時間が近づくと、
鑑賞前に夕食を取ろうと、お得なプリ・シアターメニューを目当てに
する客が多く訪れる。この時間は大混雑しているので
食事を楽しみたい方はランチ時間、早めの夕食、
もしくは開演中の時間帯がおすすめだ。

e0107450_1513332.jpg
e0107450_1521333.jpg


e0107450_1515050.jpg
e0107450_1523485.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2009-01-06 01:34 | イタリア
2008年 11月 16日

Fabio Piccolo Fiore

230 East 44th Street
212-922-0581
www.fabiopiccolofiore.com
Map

2007年にミッドタウンに登場したイタリアンレストラン。
オーナーシェフはローマ出身のファビオ氏。
イタリアのレストランで働いた後、1995年にニューヨークにやって来た。
10年以上エグゼクティブ・シェフとしてのキャリアを積んだ後、
パートナーのニック氏とこのレストランをオープンした。

レストランに入るとラウンジとバーカウンター、
そして数席程のダイニングスペースがある。
その奥には少し暗めの照明で落ち着いた雰囲気の
メインダイニングエリアが広がり、
ピアノの生演奏がディナータイムを盛り上げてくれる。

人気のメニューはなんといっても「Pasta alla Chef」。
中をくり抜いて器状にしたグラナ・パダーノチーズを使い、
テーブルの前で実演してくれる一品。このチーズの器の中に、
ポルチーニマッシュルームとトリュフソースで調理された
自家製フェトチーネパスタを入れ、熱で溶けたチーズと
絡めた後に、その場でお皿に取り分けてくれる。
このお店では通常のメニューの他に、
季節の旬の食材を用いたスペシャメニューも用意されている。
また、お客のリクエストに応じて、メニューにない料理を
快く用意してくれる。使って欲しい麺や肉、魚介類の種類、
そして好みのソースの感じを伝えて、ご希望のパスタ料理を
楽しむ事ができる。

連日オープンのこのレストラン、月曜日から金曜日はランチも営業。
プライベートパーティーの予約も可能なので
接待や友人のためのイベントにも活用できる。
ファビオ氏の故郷、本場イタリアの味がミッドタウンで
楽しめるレストラン、是非一度お試しあれ。


e0107450_975299.jpg

e0107450_9819100.jpg


e0107450_983878.jpg

e0107450_945627.jpg




写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-11-16 09:18 | イタリア
2008年 09月 30日

La Lanterna di Vittorio

129 MacDougal St
212-529-5945
http://lalanternacaffe.com
Map

グリニッチ・ビレッジにあるアットホームなイタリアンレストラン。
店内は木の温もりを感じられるクラシックな佇まいで、
店を入った少し先にはガーデンテラスがある。
ガラスになっている天井は高く、空気感があり、
本当にお庭で食事をしているような気にさせる開放感。 
夜に連れて暗くなっていくと、テーブルの真ん中に置かれた
キャンドルの光がより一層ムードを引き立てる。 
あまり広くない店内とテラスは満席だが、
ちっとも窮屈さは感じない。

料理はピザを中心に、ラザニア、ブルスケッタやサラダなど、
家庭料理を思わせるシンプルでおいしいメニューが揃う。
食前に出されるフォカッチャも最高においしくて、
料理が出てくる前についつい食べ過ぎてしまう。

ピザは、薄めの生地でさくさくと、全体的には軽い食感だが、
周りはふっくらしていて、十分に乗ったジューシーな具との
ハーモニーは最高。人気のピザは、「プロシュート ピザ」。
ピザを焼くときにプロシュートも一緒に焼くスタイル。
もしも、生のプロシュートののったピザを食べたい場合は
「プロシュート クルド(Prosciutto Crudo)」とオーダー。

と、スタッフも、知識もあり、よく気が利いて、スマートな対応。
ぶらりと気軽に訪れることができるカジュアルさがありながら、
ここまでプロフェッショナルなレストランはなかなかない。

デザートとコーヒーの評判も高く、昼間はカフェとしても利用
する御客さまも多い。夜ではがらりと表情が違う店なので、
ぶらりとカフェに行くのもおすすめのお店。
また地下に隠れ家にしたいような素敵なジャズバーがあるので、
お酒とライブ音楽も楽しめる。とてもニューヨークらしさが感じられる
レストランだ。



e0107450_5304546.jpg
e0107450_5311370.jpg

e0107450_5315556.jpg
e0107450_5322044.jpg



写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-09-30 05:32 | イタリア
2008年 08月 22日

Dieci

228 E 10th St
New York, NY 10003
212- 387-9545
Map

イーストビレッジに2006年 2月にオープンしたイタリアンレストラン。
もともとはワインバーとしてオープンする予定でワインに合う食事、
食事に合うワインのある店というコンセプトだったが料理の評判が
すぐさま広がり、オープン当初から米系媒体で料理に対する高い評価を受けた。
それ以来、料理に対する人気は今も高い。

テーブルとカウンターの25席の小さなレストラン。
床はレトロなタイル張り。レストラン奥にあるキッチンは、
ダイニングルームとの境目に木のブラインドが下ろされており、
その隙間からキッチンのアクションがちらちら伺える。

厨房で腕をふるうのは、2人の日本人シェフ。
日本人が作るイタリア料理ということで、日本人の
繊細さをアピールしながら素材の味を生かし、
味にこだわる料理作りを心がけている。
自分たちが自信をもって美味しいと納得できる料理のみを
御客さまに提供。常連客が多く変化を持たせるため、
連日スペシャルメニューが4、5品用意される。

定番メニューは、5つのカテゴリーに分かれており、
オリーブ、イベリコ豚のプロシュートなどの
おつまみ系メニューの「First Course」、
サラダメニューが中心の「Vegetable」、
手作りミートボールにトマトソース、
神戸牛のカルパッチョと気になるメニューが並ぶ「 Meat」。
お刺身でも食べられる北海道産のホタテが
人気メニューの「Fish」そして、パスタはすべて
手作りの「Pasta」がある。これらにワイン好きには欠かせない
チーズプレートも加わる。

今一番人気メニューは、どーんとロブスターの半身が
そのままのったロブスターとフェトチーネのパスタ。
チェリートマトとロブスターで作った軽めのソースに
手作りフェトチーネが絡めてあり、チェリートマトの
強すぎない酸味とロブスターの甘みがパスタと見事にマッチ。
これで22ドルは驚きのお値段。味、ボリューム、
お手頃価格と3拍子そろった一品だ。

現在オープンから午後7時半までの間、15ドルで食べられる
下記のスペシャルメニュー「Sunset Menu」もあり、
早い時間の夕食をお得に楽しみたい方にはオススメだ。

*Mixed Green Salad
*Assorted Appetizer:前菜4種盛り合わせ
(Octopus Salad/Tomato Mousse Crostini/ Prosciutto di Parma/olives)

*Homemade Meatball Spagetti(ミートボール・スパゲッティ)
OR
*Calamari Tomato Sauce Linguine(イカのトマトソース・リングネ)
OR
*Lasagna(ラザニア)
OR
*Stuffed Salmon Rolled Cabagge(サーモンのロールキャベツ)

この席数のレストランでありながらワインのバラエティーも
豊富で、40種類ものワインが用意されている。
オープン当初はイタリアのワインのみだったが、
今では30ドルから180ドルの範囲でアルゼンチン、
スペイン、チリ、オーストラリアのワインも取り入れ、
値段と種類の幅も広がった。

スタッフ全員一丸となり、自分達が客の立場で何度も
行きたくなるレストランとはどういうところかを常に
念頭に置きながら、常にお客さまの声に耳を傾け、
それらをメニューに柔軟に取り入れている。
イーストビレッジの気になる隠れ家的なレストランのひとつである。


PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!
www.pecopecony.com


e0107450_0401176.jpg
e0107450_041787.jpg

e0107450_0413962.jpg
e0107450_0415654.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-08-22 00:46 | イタリア
2008年 06月 12日

Baci & Abbracci

204 Grand Street Williamsburg,
Brooklyn, NY
718-599-6599
http://www.baciny.com/menuhome.php
Map

オシャレなWilliamusburgの目抜き通りを抜けた先に、
イタリア人が伝統のナポリピザが求めて訪れるお店がある。
ガラス張りの大きな窓からは、レンガの壁と白を基調とした
スッキリとシンプルな店内の様子が見える。大きな木目調のドアを開け、
すっきりとまとまったバーカウンターを抜けて奥へ行くと、
ガーデンテラス席がある。気持ち良い風が通り抜け、
時間の流れがゆったり感じさせられるオープンエリアになっている。

伝統的ナポリピザと言えば、薄い生地なのにしっかりとした
歯応えがあるピザ生地とシンプルなトッピングなのが持ち味。
ここでは、この伝統ナポリピザをはじめ19種類のピザ($9〜14)が楽しめる。
特に人気なのは「Margherita($10)」と「Baci&abbracci($13)」の2つ。
Margheritaは既にお馴染みのメニューの1つになっているが、
ここのMargheritaはただシンプルなだけではない。
ひとくちピザ生地をかじると、一瞬後にはそのピザ生地が自然に
膨らみが戻るのを目の当たりに出来るのに驚く。見た目は
クリスピーと思う程の薄さなのに、それだけの弾力性がある。
モチモチした食感を楽しみながら、酸味がきつ過ぎないマイルドな
トマトソースとホームメイドのモッツァレラチーズの濃厚さが加わり、
適度なボリューム感が味わえる。

14種類ある前菜の中で一番人気なのは「Lnsalata di stagione($9)」。
グリルしたプリプリのエビに数種の野菜、マンゴとアボガドソース。
見た目にもエビの赤、マンゴの黄色、アボガドソースの緑がキレイな一品。
シンプルで控えめな味付けのプリプリの海老に、ちょっと辛味のある
ソースをからめていただくのも美味しい。でも、更にそこに野菜と
マンゴーをのせると、マンゴーの優しい甘さとソースの辛味が絶妙に
お互いを包み込み、とてもフレッシュで優しい味わいを醸し出す。
スッキリした後味の前菜に仕上がっている。

またここでは、モッツァレラチーズ(水牛を除く)、
パン、パスタ、デザートは毎日このお店で作られた
ホームメイドの物が食べられるのも嬉しい。
パスタの種類も豊富にあり、メインディッシュも充実したし
品揃えになっている。アルコールも充実していて、
赤ワイン(約30種)/白ワイン(約20種)ある。
またカクテルも約10種類程あり、お気に入りの
お酒と共に美味しい料理が楽しめる様になっている。
嬉しいことに、毎週月曜日は19種類のピザがどれでも
$9というサービスがある。

仲の良い友達同士でワイワイ楽しむの良し。
大切な人/家族と一緒に団欒を楽しむの良し。
どんなシチュエーションにもピッタリ合う、
シンプルで美味しいナポリピザを是非味わってみてほしい。
PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!
www.pecopecony.com

e0107450_1044267.jpge0107450_1050543.jpg


e0107450_10445853.jpg
e0107450_10452186.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-06-12 10:55 | イタリア
2008年 02月 24日

Paola's

245 EAST 84TH STREET
212- 794-1890
Map

アッパーイーストサイドで絶大なる人気を誇るイタリアンレストラン。
レストラン激戦区のマンハッタンで25年もの間お客さまに愛され続けている。
利用客の8割は常連客。期待を裏切らない味とお客様へのおもてなしの
心を忘れない。

オーナーのパオラさんはイタリアのローマ生まれ。彼女のお兄さんも
レストラン経営をしており、周りの人からパオラさんもレストランを
してはどうかと進められたのがきっかけとなりこの業界に飛び込んだとか。
その当時は、経験もなく、しかも女性ということでレストランは
長続きしないだろうという人たちもいたという。しかし、あれから25年。
今でもレストランを立派に守り続けている。

メニューは北イタリア料理が中心。パスタもすべてホームメイド。
そして、メニューにはないが、お願いしたら作ってもらえるのが日本人に
人気の高いパスタメニューのカルボナーラ。茹で加減も完璧でこしのある
アルデンテ。クリームを使わず、卵黄とパルメジャンチーズ、
アップルスモークベーコンとたっぷりの胡椒で作られたシンプルなもの。
「あ、こんなところにあったんだ!」と思わずこのカルボナーラとの出会いを
嬉しく思える程。

エレガントだけどなぜかホット落ち着くのはパオラさんと
熟練スタッフの愛情が満ちあふれているからではないだろうか。
一度足を運んでみる価値のあるレストランである。


www.pecopecony.com


e0107450_544992.jpg
e0107450_5442099.jpg

e0107450_544309.jpg
e0107450_5444064.jpg



人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へもひとつおまけにこちらもクリック!!恐縮です
[PR]

by pecopecony | 2008-02-24 05:45 | イタリア
2008年 02月 04日

Osteria Laguna

209 east 42nd street
(212)-557-0001
www.osteria-laguna.com
Map

高い天井に、大きい窓。落ち着いた木目のテーブルに、
柔らかいライトオレンジの壁は一歩入ると優しい雰囲気で
包んでくれる。店の中央にあるブリックオーブンと、
壁に飾られた何枚ものカラフルな魚の大皿は、
食べる前からそこでの食事を期待させてくれる。

レストランを訪れるひとは、国連関連の要人、
近隣ホテルに滞在中の観光客、ビジネスマンに
イーストサイドの住人と様々。初めてのお客様には
安心して食事を楽しんでもらえるホスピタリティーを
心得たスタッフが笑顔でお客様を迎える。
また、常連客には毎回納得のいくサービスと
料理を提供し続けている。



レストランのメニューはバラエティー豊富で
値段もお手頃。日本人のお客様人気のメニューは、
魚介類がたっぷり乗ったリングイネ。パスタと魚貝を
半分調理した時点でクッキングシートに包み、
オーブンで蒸し焼きに。パスタはもちろんアルデンテだ。
ブリックオーブン薄生地ピザは生地のさくさく感と
その上にたっぷりのったモッツェレラチーズの
コンビネーションが最高。

オープンして11年お客様の要望に応え、
喜んでいただけるサービスと質のよい料理を提供する事が
レストランのモットー。ミッドタウンでありながら、
気軽に何度も立ち寄れる場所である為に、
値段は可能な限り抑えている。
各種パーティー、ウェディングや立食パーティーで
レストランを利用するお客様も多い。
ご家族と、会社の同僚、お友達と気軽にわいわい食事が
楽しめるオススメのイタリアンレストランだ。



www.pecopecony.com

e0107450_23161089.jpg
e0107450_23162350.jpg

e0107450_23163867.jpg
e0107450_23165262.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

Please Click Here!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へPlease Click Here!
[PR]

by pecopecony | 2008-02-04 23:17 | イタリア
2008年 01月 30日

Gigino

323 Greenwich St.
212-431-1112
www.gigino-trattoria.com/
Map

2001年にリリースされた映画「ディナー・ラッシュ」の舞台となった
レストラン、ジジーノ。
全編を通してほとんどがレストラン撮影。
そんなことができたのも、監督のボブ・ジラルディさんがお店のオーナーだからこそ。
この映画の最もすごいところは、ニューヨークの街がほとんど映らないのに
それでもニューヨークらしさが凝縮されているところでしょう。

映画を彷彿させる内装は今も健在。そして、劇中に登場するビーツの
スパゲティーは、現在もオーダーできます。
野菜や魚などの生ものは地元のものを。パスタ、ソーセージ、
プロシュート、モッツァレラチーズは手作り。
その他、イタリアでのみ手に入る最高の材料は現地から
直輸入するというこだわり。

魚介のダシ、肉の旨み、野菜やきのこの特長が最大限に引き出された一皿一皿は、
どれもシンプルながら一度食べたら忘れられません。
前菜からデザートに至るまで、手抜きのない仕事ぶりがうかがい知れます。

釜焼きピザはテイクアウトとしても人気が高いとのこと!
映画を見てから是非、足を運んでみてください。


e0107450_137353.jpg
e0107450_138222.jpg

e0107450_1381645.jpg
e0107450_1383074.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!







人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へもひとつおまけにこちらもクリック!!恐縮です
[PR]

by pecopecony | 2008-01-30 13:08 | イタリア