ペコペコ!ニューヨークレストランレビュー

pecopecony.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:イタリア( 31 )


2008年 01月 22日

L'Impero

45 Tudor City Pl
212-599-5045
www.limpero.com
Map

42丁目最東端のチューダーシティーにあるイタリアンレストラン。
国連の目の前で、各国の要人そしてチューダーシティーの住人に人気。

南イタリア料理中心の4コースディナーメニュー($64.00)、
7コーステイスティングディナーメニュー($110.00)がおすすめ。
「アメリカのレストランは量が多い!」という概念はイタリア料理にも持たれがちだが、
このレストランでは、ちょうど良い量のサービングで、
いろいろな料理を食べてもらいたいというコンセプトでこのコースメニューを
お客さまにおすすめしている。

4コースディナーメニューは、Antipasti, Pasta,
Pesce(魚系のメインコース)またはCarne e pollame(肉系のメインコース)と
デザートとなっており、各カテゴリー、4〜8種類のオプションがある。
シェフ・デ・クィジーンのクレイグ・ワーレン氏に、
初めてレストランを訪れるお客さまの為にシェフの
おすすめを聞いてみた。

Antipasti
Insalata di Polipo alla Siciliana:
grilled Meditereranean octopus, celery hearts, olives and peppers

Pasta
Fusilli al Ragu Napoletano
Hand-made pasta wtists, Neapolitan pork shoulder ragu and cacciocavallo fonduta

Pesce(魚系のメインコース)
Involtini di Pesce Spada conPesto di Mandorle
Swordfish rolled with capers, raisins, tomate, green olive and almond pesto

Carne e pollame(肉系のメインコース)
Brasato di Manzo al Vino Rosso
Red wine braised short rib of been, root vegetable stufato and natural jus

エグゼクティブシェフ、マイケルホワイト氏とシェフ・デ・クィジーンのクレイグ・ワーレン氏の心のこもった本場の味をお楽しみあれ。




www.pecopecony.com


e0107450_8342360.jpg
e0107450_8344018.jpg

e0107450_8345547.jpg
e0107450_8351075.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

Please Click Here!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へPlease Click Here!
[PR]

by pecopecony | 2008-01-22 08:35 | イタリア
2008年 01月 22日

Alto Restaurant

11 East 53rd Street
212-308-1099
www.altorestaurant.com
Map

本場イタリアの味をコンテンポラリーにアレンジ。
8年間のイタリア滞在経験を持つマイケル・ホワイト・エグェクティブシェフの
自慢の料理を堪能できる。

北イタリア地方の料理を中心に、手作りパスタは当然の事ながら
高級食材も織り交ぜ、こだわりを持ち、なお且つアップスケールなメニューを
提供している。

ヴィンセント・フルフ氏によるインテリアデザインはミッドタウンの
クアイアンテルに合う、コンテンポラリーで洗練されたデコア。
各テーブルに生花が飾られ料理を引き立てる演出にも手を抜かない。

メザニーレベルには16名、20名収容可能なプライベート
ダイニングスペースもあり、ビジネスミーティングには最適。
4コースディナーメニュー: $85
7コーステイスティングディナーメニュー:$130.00
コースメニューもありいろいろな味を試してみたい方には
おすすめ。

e0107450_8225050.jpg
e0107450_823687.jpg

e0107450_8232974.jpg
e0107450_8234939.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!







人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へもひとつおまけにこちらもクリック!!恐縮です
[PR]

by pecopecony | 2008-01-22 08:24 | イタリア
2008年 01月 20日

NAPOLI

33-02 35th Ave Astoria, NY 11106
718-472-1146
Map

アストリアの住宅地にぽつんと佇むピッツァリア。
デリバリーやテイクアウトも行っている小さなイタリアンレストランですが、
びっくりする程値段が安い!なんと、ラージパイのモッツェレラチーズと
トマトソースのピザが10ドル。ほとんどのパスタ料理も6ドル以下と格安!
カルボナーラ、アサリのパスタ、マリナラソース他メニューも豊富。
パスタの種類も選べる。「食堂」といった感じでファンシーではないですが、
なんだか暖かく、そして財布に優しいお値段が嬉しいレストランです。


www.pecopecony.com

e0107450_52997.jpg
e0107450_5292363.jpg

e0107450_5293428.jpge0107450_5303935.jpg



人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へもひとつおまけにこちらもクリック!!恐縮です
[PR]

by pecopecony | 2008-01-20 05:26 | イタリア
2007年 12月 26日

Arezzo Ristorante

46 W 22nd St
212- 206-0555
www.arezzo-nyc.com
Ma@

フラットアイアン地区にて地域の人から、セレブまでに愛される
イタリア料理レストラン。
派手すぎず、地味すぎず、洗練された印象を受ける店内。
その奥にはモダンな店構えとは対照的な、ブリックオーブン。
これはイタリアトスカニー地方でよく見られるオーブンで、
ピザはもちろんのこと、その日のスペシャルの魚や
オーガニック地鶏をグリルするのだ。

イタリア料理で最も重要な要素のパスタとブレッドは自家製で
連日朝から準備をする。モッツエレラチーズや小麦粉等の食材も
イタリアから輸入するというこだわりよう。
オーナーのマイクさんは、年に2回ほどイタリアの食事情やワインについての
最新情報を入手するために、イタリアにいくとのこと。
セレブの常連客も多く、ハリソン・フォードやライザ・ミネリ等も店をよく訪れる。



www.pecopecony.com

e0107450_2362475.jpg
e0107450_2364291.jpg


e0107450_2365868.jpg
e0107450_2371596.jpg

写真はこちらから。MORE PHOTOS!





人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

Please Click Here!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へPlease Click Here!
[PR]

by pecopecony | 2007-12-26 02:37 | イタリア
2007年 12月 19日

Macelleria

48 Gansevoort Street
212-741-2555
www.macelleriarestaurant.com
Map

レストラン名であるMacelleriaは、英語で「butcher shop/精肉店」の意味。
昔、ミートパッキング地区で肉の保存倉庫として使用されていたスペースを
改築してレストランにしたこの店にぴったりのネーミングだ。

ステーキ専門店ということもあり、肉の質にはこだわりを持っている。
信頼の置ける店としか取引をしないという、職人根性を持つ腕利きの卸業者から
取り寄せた最高級の熟成したUSDAプライムのビーフを扱う。
脂の乗ったRib Eyeステーキは日本人好みの一品。
アメリカのステーキハウスで一般的な赤身の多いステーキでは物足りないという方には
お勧め。

また、ここでは普通のステーキハウスと違い、
イタリア料理を食べられるのも魅力の一つだ。Spaghetti Alla Carbonaraの
茹で加減は絶妙。パスタを専門に扱うレストランに引けをとらない。

他にも充実したシーフドメニューも用意する。Baby Squid Grilled with black inkは
新鮮な小振りのイカを墨と一緒にグリルした白ワインが進む一品だ。

ステーキのサイドにオーダーできる副菜も充実。ズッキーニのフライ、
アスパラガスのグリル、そしてローストしたポテトなどを用意する。

クオリティーの高いイタリアンメニューを持つこの店。
カップルやグループで訪れる場合、前菜やパスタをシェアしてからステーキを
楽しむという客が多いそうだ。メインのステーキやワインを頂く前にゆっくりと
イタリアンフードを楽しむ。
そんないつもと違うステーキハウスの楽しみ方をしてはどうだろう。




www.pecopecony.com

e0107450_13313638.jpg
e0107450_133151100.jpg


e0107450_13321225.jpg
e0107450_13322392.jpg

写真はこちらから。MORE PHOTOS!





人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

Please Click Here!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へPlease Click Here!
[PR]

by pecopecony | 2007-12-19 13:33 | イタリア
2007年 11月 08日

GUSTO Ristorante e bar americano

60 Greenwich Ave., at Perry St.
212-924-8000
Map

グリニッチビレッジにあるイタリア料理の店。バーとテーブル席のある一階と、プライベートな雰囲気を味わえる地下の2フロアで構成されています。モノトーンを基調にした内装もオシャレで、所々に使用されているクラッシックなインテリアが素敵なアクセントになっています。肩から力の抜けたスタイリッシュな店員がエスコートしてくれます。

このお店のメニューは、素材の味を生かした数多くの品目が揃っているのが特徴です。フライド・アーティチョークやフライド・シーフードなどの前菜は新鮮な素材を使い、レモンやシーソルトでシンプルに頂けます。

メインディッシュにあるステーキやローストしたチキンなども素材への気配りを感じられます。どれも調理の加減がよく、程良いサイズで盛り付けられています。

各種取り揃えたデザートの内、レモンのシャーベットは珍しい一品です。シンプルなレモンの酸味を生かし、食事の締めくくりとして爽快感を与えてくれます。

ディナーに訪れて、しっとりと夜の雰囲気を楽しみながら食事を頂くのもおすすめですが、週末の散歩がてら、ブランチを楽しむにも良いお店です。

(今回のご紹介は、スペシャルブランチメニューの品目です。普通のメニューには無い場合もあります。)



www.pecopecony.com


e0107450_7111928.jpg
e0107450_7114143.jpg
e0107450_712032.jpg
e0107450_7122034.jpg

写真はこちらから。MORE PHOTOS!





人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

Please Click Here!
[PR]

by pecopecony | 2007-11-08 07:12 | イタリア
2007年 10月 08日

CARA MIA

654 9th Ave
212-262-6767
www.caramianyc.com/
Map

ヘルズキッチンにあるイタリアン。シアターディストリクトにも近いので、ブロードウェーショー前は大変に混み合う。
まずはANTIPASTO MISTでワインを楽しみ、その後メインコースを選ぶのもオツ!ボリュームがあるので、前菜は軽めでも十分。
毎日、パスタ、魚料理、肉料理のスペシャルがあるので、その日のおすすめを聞いてみるのもよい!
プリフィクスディナーは$20.95。なんと、月曜日の夜には、バスタ料理2品とワイン1本で、$29.95のスペシャルがあり!



www.pecopecony.com

e0107450_2175089.jpge0107450_218628.jpge0107450_2181734.jpge0107450_2183576.jpg
ニューヨークのレストラン情報はペコペコ!
[PR]

by pecopecony | 2007-10-08 02:18 | イタリア
2007年 08月 21日

Peperoncino Locanda Napoletana & Pizzeria

72 5th Ave.
Brooklyn, New York 11217 (at St. Mark’s Place)
718-638-4760
Map

ブルックリンのパークスロープに、熱い情熱とリスペクト精神を忘れないイタリア人オーナーが営むフレンドリーなイタリアンレストランがある。イタリア南部の港湾都市、ナポリ出身のオーナー、Nino氏はナポリの伝統料理、文化、音楽全てに誇りを持っている。彼のナポリへのこだわりをありのままに表現したのがPeperoncinoレストランだ。

「イタリアと言えばペペロンチーノ、ペペロンチーノと言えばイタリア」と連想できるくらいイタリア料理には欠かせないペペロンチーノ。ナポリの人々には、幸運を運ぶお守りとして、角の形が特徴の真っ赤なペペロンチーノのグッズに塩を入れて持ち歩く面白い習慣があるという。そのペペロンチーノは決して人には見せないそうだ。Nino氏の出身でもあるナポリの人々にとって、ペペロンチーノは身近で大切な存在。ナポリスピリットを忘れないNino氏はレストランに幸運を運んでくれる「Peperoncino」とネーミングした。

更に、店内をナポリ一色にするため、装飾にもこだわっている。ピザ焼きには欠かせないブリックオーブン、レンガ造りの壁、木製のテーブル、どれもナポリをイメージさせてくれる。神聖なナポリ文化への敬意を払うため、ペペロンチーノを抱えた小人の置き物が店内の至る所に飾られている。細かい気配りもナポリを魅せるためのNino氏のこだわりと言える。

もちろん料理にもナポリスピリットを忘れない。古くから多くの文化が混じり合うナポリでは、美味しい「真のナポリ料理」はこの土地に伝わる伝統料理。伝統を重んじて、ナポリに古くから伝わるレシピを基に、Nino氏が海外を旅して出会った食材を使ったフュージョン料理を創り出す。そこには文化や食べ物に触れることが好きなNino氏の個性が溢れている。ナポリ湾に面したナポリではシーフードを使った料理が特徴であることから、Peperoncinoのメニューもシーフード料理が豊富!

手渡されるメニューは革製のカバーがとてもスタイリッシュだ。そこに載っている料理に加え、毎週変わるというスペシャルメニューを用意する。スペシャルメニューには、イタリア料理の定番メニューからNino氏のオリジナル創作料理まで取り揃えるレパートリーの広さ。「フレッシュ且つヘビーではない」をモットーに考えられたNino氏のメニューには斬新なアイディア料理ばかりだ。辛いペペロンチーノとトマトソースで和えた子ダコをガーリックブレッドに乗せて食べると美味なPolipetti Affogati、プリプリのエビ、甘いマンゴーとセロリのフレッシュでヘルシーなトロピカルサラダ、シーフードをたっぷり使ったもちもちの手打ちイカスミパスタなどNino氏の自信作ばかり!また、地中海の魚をまるごと一匹使った豪快な包み焼きは、とても柔らかく溶けるような味わい。レッドビートをマッシュポテトに練り込んだ赤いポテト、アスパラガスとラム肉のディッシュも人気料理だ。
また、新鮮なパスタやピザはこの店の大人気メニュー!オーダーが入ってから作られるので、待つことは覚悟した方がいいが、その期待を裏切らない。

Peperoncinoではイタリアのワインも楽しめる。イタリアの有名な白ワインの一つで、ロマンスをテーマに作られたGRECO DI TUFOは飲みやすく女性に人気なワインである。他にもイタリアワインが豊富に取り揃えてあるので、料理に合うワインを選んでもらうのも良いかも!

正装したり、マナーに気をつけたりと色々気を遣うイタリアンレストランが多い中、Nino氏はお客様が自然体でリラックス出来る空間を提供することで、お客様へのリスペクトを常に大事にしている。お子様連れの家族はもちろん、ペット連れのお客様も快く受け入れている。そんなNino氏の心温まる精神と熱い情熱は人々を次々に魅了する。更に、この店ではナポリ出身の陽気な歌手による、ナポリに伝わる曲のライブが時折行われている。生のナポリ音楽と料理が織り出すPeperoncinoの雰囲気は、まるで本場イタリアで食事をしているかの様に楽しい時間を過ごせる穴場である。是非、大切な人とのひと時にどうぞ。


www.pecopecony.com



e0107450_11164225.jpge0107450_11165667.jpge0107450_11171196.jpge0107450_11173694.jpg



写真はこちらから。MORE PHOTOS!


ニューヨークのレストラン情報はペコペコ!
[PR]

by pecopecony | 2007-08-21 11:17 | イタリア
2007年 08月 05日

Bread Tribeca

301 Church Street
212-334-8282
Map

トライベッカにあるおしゃれなイタリアンレストラン。内装はオープンキッチンで天井も高い。広々とした空間はとても感じがイイ。

薄生地ピザは人気の一品。トッピングはとても新鮮で、Fresh Mozzarella, Tomato, Prosciutto di Parma, Wild Arugulahaは一つ一つの素材の味をしっかりと楽しむことができる。手作りパスタは麺にコシがある。
ワインリストはイタリアのラインナップを中心に、フランス、スペイン産をそろえている。ワインのほかに、ピッチャーでマルガリーターやモヒートもあるので、グループで行くときにはおすすめ!


www.pecopecony.com


e0107450_12195264.jpg
e0107450_1220731.jpg
e0107450_1220302.jpg
e0107450_12205986.jpg



写真はこちらから。MORE PHOTOS!

ニューヨークのレストラン情報はペコペコ!
[PR]

by pecopecony | 2007-08-05 12:21 | イタリア
2007年 06月 26日

Bottega del Vino

7 East 59th Street
NewYork, NY 10022
212-223-3028
Map

ミッドタウン・イーストとアッパー・イーストサイドの間、アップルストア斜め向かい、絶好の立地にあるイタリアン高級レストラン。本場イタリアヴェローナに本店をかまえ、ディスプレイからワイングラスまですべてオーダーメイドですべてイタリアから直輸入という気合いの入り様。店の外側にはテラスがあり、おしゃれなカフェのような外見ですが、一歩店内に足を踏み入れると壁に描かれた模様から家具まで伝統的な20世紀初頭のイタリアンデザインで統一されていて、静かでとても落ち着いた雰囲気でした。

食材は常に新鮮なものを世界中から取り寄せているので、毎日違うスペシャルメニューが楽しめます。前菜の「ロックシュリンプセビーチェ」はプリプリの生エビとパイナップルが和えられたもので、やさしい甘さが口の中でとろける味わいでした。「あさりと貝類のスペタ」はトマトソースベースでアサリのうまみがじっくりしみ込んだ濃厚かつ奥行きのあるスープでした。「アサリのスパゲティ」は茹で具合も完璧なアルデンテ。シェフのシグニチャーディッシュに「アサリのラビオリとエビとアーモンドの赤パスタ」、メインディッシュには「ホワイトサーモンと胡麻のたたき」、と、どの料理も新鮮な魚介類の味と風味が最大限に引き出された料理ばかりでした。デザートは専属パティシエの作る芸術的なスイーツ。特製ジェラートもお店の看板メニューです。

お店のワインセラーには数えきれないほどのワインが貯蔵されていて、そのセレクションの多さと品質は多くのセレブリティーたちにも一目置かれています。
もうひとつこのお店の看板メニューはカプチーノ。ここのカプチーノシェフがあなただけの素敵なデコレーションカプチーノを作ってくれます。ニューヨークで本場イタリアンが味わえる場所です!

e0107450_561827.jpge0107450_564284.jpge0107450_565584.jpge0107450_57755.jpg

写真はこちらから。MORE PHOTOS!


ニューヨークのレストラン情報はペコペコ!
[PR]

by pecopecony | 2007-06-26 06:54 | イタリア