ペコペコ!ニューヨークレストランレビュー

pecopecony.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:コンテンポラリー( 17 )


2011年 11月 10日

ZENGO

622 Third Avenue
212-808-8110
www.richardsandoval.com

ラテンとアジアの融合による刺激的なフュージョンとテキーラーバーで人気のレストラン「ZENGO」。
ドアを開けると、目の前には吹き抜けの天井と大きなシャンデリア。
空間を贅沢に使った演出が目の前に広がる。

1階のメインダイニングルームは、バーも含めると180席あり、とても広々としている。
2人用のテーブルから、8人座れるコミューナルテーブルといろいろなテーブルが用意されている。

2階への階段はガラス張りになっていて、異なる世界へと誘導されているかのような
不思議な気持ちになる。またそこは日本色を濃くした空間。長机の前に置かれた大きな酒樽。
カウンターには日本酒と焼酎の瓶がずらりと並べられている。

料理は、$10から$20という値段設定の40種類以上ある小皿料理がおすすめ。
「ハマチのティラディート」はペルーのお刺身。泡状のアボカドソースが優しく
新鮮なハマチを包んだかと思うと、最後にはハラペーニョがピリッと締めてくれる。


メニュー内、アジアとラテンを見事融合させた一品は「北京ダック大根タコス」だろう。
タコスといえばメキシコを代表する料理。とうもろこしで作ったトルティーヤにお肉を挟んだもの。
そしてトルティーヤの代わりをするのはなんと、酢漬けにされた大根。その大根トルティーヤで
ダックとりんごを挟んでいただく。

地下は「テキーラ図書館」と名付けられ、400種類以上のテキーラや
マスカルなど「アガベ」を原料としたスピリッツがずらりと並ぶ。テキーラに詳しい担当者が、
各テキーラの味は勿論のこと、歴史や蒸留方法なども教えてくれる。
またこちらでもZENGOの食事を楽しめるのが嬉しい。
テキーラとアジアンフュージョンという新しい出会いが生まれるのも
ニューヨークらしさだ。

フュージョンの醍醐味は、ただ単に違う国の食材や料理を組み合わすといものではなく、
各国の特徴や伝統を大切にしながらも、味のバランスを保ちながら新たなオリジナルな
料理を創作できること。食の新たな発見を体験したい方は、
是非「ZENGO」に足を運んでいただきたい。

e0107450_358145.jpge0107450_3581172.jpg
e0107450_3583454.jpge0107450_3582451.jpg


[PR]

by pecopecony | 2011-11-10 03:59 | コンテンポラリー
2010年 02月 18日

Xie Xie

645A 9th Ave
New York NY 10036
Phone: 212-265-2975
www.xiexieproject.com

サンドイッチといえば、アメリカ人の間でもっとも人気のある料理。気軽に食べられ、
値段もリーズナブルでランチのナンバーワンだ。サンドイッチの具材は、
ハム、ターキー、ツナサラダにアメリカンチーズやスイスチーズが定番だが、
ヘルズキッチンに、多国籍民族が共存しあうニューヨークならではの
アジア風サンドイッチ店が「Xie Xie」だ。

オーナーのアンジェロ・ソーサ氏は、ジャン・ジョルジュのレストランで働いていた経験もあるシェフ。
もともとアジア料理にとても興味があり、アジア風サンドイッチ店をオープンした。
店内は、白で統一されとてもポップな感じ。各テーブルの上には、
チリペースト、お酢、ガーリックで作られたアジアのホットソース、「Sriracha」の赤いボトルが
置かれている。

レストランの毎日のオペレーションを統括するのは、リカルドシェフ。
味を常に一定に保つため、具材の味を毎日チェックするのは、
もちろんのこと、サンドイッチの種類も限定5つに絞り、品質管理を
徹底的に行っている。メインのスタッフは皆ファインダイニングで
働いた経験があり、料理のクオリティー、サービスへのこだわりは
そこらのファーストフードとは桁違いだ。

使用するパンもオリジナルレシピを特注。ビーフサンドイッチにはブリオッシュ、
フィッシュサンドイッチにはフランスパンを、ポークサンドイッチには、
ホームメイドのパオを使用している。

ポークサンドイッチはオーダーすると3つの小振りなサンドイッチがついてくる。
甘めに味付けされたソースとジューシーな豚肉の相性が絶妙で、
もっちりしたパオが肉の旨味とソースをふんわりと包み込む。
店内のテーブルに常備されているホットソースをかければ、
フレーバーにアクセントが加わり、変化した味を楽しむ事ができる。
小さなサイズのためスナック感覚で頂けるが、3つ食べ終えると
思ったより食べ応えがあった事に気付かされる。

この店のウリは普通の「サンドイッチ」だけではない。
デザートとして出されている「1000 Year-Old Ice Cream Sandwich」はメインの
サンドイッチをしのぐ程の人気を誇る。中国のピータン(英語で1000 Year-Old Egg)から
インスピレーションを得てできたこの一品、名前を聞くとどんな味かと驚いてしまうが、
実はキャラメルフレーバーのアイスクリームをカカオニブの加えられた
薄いチョコレートクッキーで挟んだアイスクリームサンド。
その中央にはキャラメルソースがたっぷりと入れられている。
さっくりしたクッキーと濃厚なキャラメルソース。この2つの脇役がアイスクリームを
楽しく着飾っている。

たかがサンドイッチと侮るなかれ。一流のシェフ達が作りだすアジア風
グルメサンドイッチは、一度食べてみる価値あり!


e0107450_1133747.jpge0107450_1135026.jpg
e0107450_114442.jpge0107450_1141723.jpg

ペコペコウエブサイトはこちらから!www.pecopecony.com



[PR]

by pecopecony | 2010-02-18 01:14 | コンテンポラリー
2009年 10月 07日

Double Crown

316 Bowery
212- 254-0350
http://www.doublecrown-nyc.com/

Map

 イーストビレッジ、若者の熱気溢れるセントマークスを南に数ブロック、
小箱でヒップなレストランやカフェが犇めく中、一際華やか且つ落ち着いた
雰囲気を醸し出しているのがここ、「DOUBLE CROWN」。
ミシュランレストラン「PUBLIC」のオーナーでもある建築・デザイン会社AvroKOと、
エグゼクティヴシェフ・ブラッド・ファーメリー氏が手掛ける、
19世紀ブリティッシュコロニアルをテーマとした、グローバルフュージョンレストランである。

 店内に入ると、左手にウェイティングバー、右手にダイニング。
英国風のファンや革張りのソファが、アジアの行灯を思わせる
優しいアースカラーのインテリアに、ピリっとスパイスを加える。
高い天井の開放感が気持ちよいダイニングルームを抜けると、
右手に地下への階段、その先にパネルルームと呼ばれるダイニングがある。
地下にはプライベートパーティーが可能な、50席のダイニングルーム。
無骨な木のテーブルが醸すアジアの温もりに包まれつつ、
滑らかな革張りのソファに英国の伝統を感じる、何ともモダンな個室である。

24席のパネルルームは、エレガントな白を基調とした部屋で、
伝統的な英国の趣を感じつつ、落ち着いた雰囲気で食事を楽しむ事ができる。
クライアントとのパワーランチ、ディナー等、ビジネスシーンにも一役買いそうだ。
そして更にその奥、パネルルームの秘密の壁を抜けた先には、
しっとりと佇むバー「Madam Geneva」。ダイニングでの
食前、食後に軽くゆっくりお酒を嗜むもよし、Double crownのフードを
オーダーする事も出来るので、ディナーを楽しむもよし、軽くつまむもよし、
フレキシブルに利用出来る。

メニューは、インドやシンガポールなど、かつて英領であったアジアと
英国料理とのフュージョンスタイル。小さな蒸し器に一口サイズに可愛らしく乗った、
海鮮醤の風味が香る中華バンズ「ダッグ・スチームバン」。
「シンガポール・ラスカ」は英国ティーカップに盛りつけられた、
一口サイズのライスヌードル。蟹とココナッツミルクの柔らかなスープに、
もやしのシャキシャキさっぱり感が心地よい。

トーション(筒状)に丸めたフォアグラのテリーヌに、アールグレイの
香るプルーンを添えた「タンドリー・フォアグラ・トーション」。
大腿骨にみりんの甘さ香る西京味噌を塗り、そのままオーブンで
焼いたプディングの様にとろり濃厚な「ミソ・グレイズド・ボーン・マロウ(骨髄)」。
どちらも、スーシェフ・クリス・レンデル氏が「Small dish, High impact」
と自らの料理を語る様に、
小皿ながらもその見目、芳醇な風味と濃厚で絡み付く舌触りに
ノックアウトされてしまう。これからの季節、フルボディの赤ワインと
共に是非とも愉しみたい逸品だ。
 
 インテリアだけでなく、カクテルパーティやビジネスクリスマスパーティの提案、
ウエディングの写真撮影やビデオ撮影サービスまで、レストランの至る所に
カジュアルからフォーマルまで、心地よく食事を楽しんで貰う工夫がちりばめられている。
料理もさることながら、共同オーナーであるAbroKOによるコンセプトから内装、
グラフィックデザインに至るまで、徹底したこだわりを垣間見るだけでも足を運ぶ価値有りだ。

e0107450_2475182.jpg
e0107450_249499.jpg

Photographer: Michael Weber


ペコペコウエブサイトはこちらから!www.pecopecony.com



[PR]

by pecopecony | 2009-10-07 02:50 | コンテンポラリー
2009年 05月 13日

Kion Dining Lounge

509 E 6th St
212- 529-5200
www.kionlounge.com
Map


イーストビレッジにある、ラテン料理とフュージョンスタイル日本食レストラン。
店内は、ファンキーなライティング、アップテンポの音楽が流れ、
金曜日、土曜日は地下のダイニングスペースが午後11時以降ナイトクラブに早変わり。
食事を楽しんだ後にダンスを楽しむ人、またはクラブとして訪れる人も多い。

ペルー出身のエグゼクティブシェフが創り出す料理は、ラテン料理と
創作寿司を織り交ぜたフュージョン。お寿司は握りはなくすべて、コンテンポラリーな
ユニークな寿司。スパイシー・ツナ、エビ、ハラペーニョが入ったロールや、
スモーク・サーモン、クリスピーな鮭の皮とゴートチーズが入ったロール寿司など
面白いコンビネーションに富んでいる。
ラテン料理の酢の物料理として有名なセビッチェもバラエティー
豊富に取り揃えている。

e0107450_321172.jpg
e0107450_3213462.jpg

e0107450_3214976.jpg
e0107450_3233046.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2009-05-13 03:18 | コンテンポラリー
2008年 04月 03日

SATSKO

245 Eldridge Street
212-358-7773
http://www.satsko.com/eldridgeindex.html
Map

ローワーイーストサイドのアジア系創作料理レストラン。
イーストビレッジにのSake Bar Satskoの姉妹レストラン。
レストランの中心に位置するカウンター席は、
夜になるとお酒ファンで埋め尽くされる。
水曜日の夜には6種類の酒と3種類のおつまみが$35で楽しめる
SAKE TASTINGは人気。お酒にまだなじみ深くない人は、
いろいろなお酒をためしてみて、自分のお気に入りの味を見つけ出す。

お酒にも合う料理を作るのはシェフのSean Bath氏。ニュージーランド出身。
料理学校では、イタリア、フランス料理とヨーロピアンスタイルの料理を勉強。
そして、南アジアのすぐしたに位置するニュージーランドは、アジアの影響を
受けており、伝統的なフランス料理の調理法に、アジアの食材を用いるというもの
には抵抗はなかったと語るシェフ。
「お客さまのトレンドを敏感に察知しながら、お客さまが求めるものを提供しています。」
今、ホットなローワー・イーストサイドで人気急上昇中のレストランだ。

PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!www.pecopecony.com

e0107450_21451568.jpge0107450_21452816.jpg

e0107450_21454163.jpge0107450_21455254.jpg



是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-04-03 21:46 | コンテンポラリー
2008年 03月 03日

Le Lupanar

103 Essex Street
212-260-2036
www.lelupanarnyc.com
Map

ローワー・イーストサイドにできたコンテンポラリー・フレンチレストラン。
イーストビレッジ出身のオーナー、ケーターさんの本業はなんと建築家。
シカゴの大きな建築会社でセレブリティーの住居の設計を手がけてきた。
その後、建築の法律を学ぶ為にロースクールに通ったが、「机に向った仕事は
向いていない!」と気づき転職を決めた。

サンフランシスコでイアンシェフと出会ったのがきっかけとなり、地元NYに戻り
レストランをオープンすることを決意。もちろん、レストランの内装はすべて
ケーター氏が担当。胡蝶蘭模様のピンクのステンドガラスは店内をエレガン
トかつヒップに演出している。

イアンシェフの作り出す料理は、フランス料理のフレアが聞いた
コンテンポラリー料理。西海岸での経験を生かし、シンプルな調理法で
素材を生かした物を提供。

地下にはラウンジ、また、映画のプロジェクターを備えた8人程収容できる
プライベートルームもあり、ファッション業界、テレビ業界の人たちが既に
パーティーなどの利用している。食事はもちろんのこと、ドリンクと軽い
つまみを楽しむ若者で週末は盛り上がっている。


www.pecopecony.com

e0107450_522252.jpge0107450_5223658.jpg

e0107450_5224670.jpg
e0107450_5225739.jpg


人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へもひとつおまけにこちらもクリック!!恐縮です
[PR]

by pecopecony | 2008-03-03 05:23 | コンテンポラリー
2007年 12月 02日

212 Restaurant and Bar

133 E 65 St
212-249-6565
http://www.212restaurant.com/
Map

ハンターカレッジのふもとにある都会感溢れるバー&レストラン。
天井が低く細長い奥行きのある店内はキャンドルの明かりで雰囲気良く演出されている。ウッドフロアと白い布で覆われたイスが印象的。2階は50人ほど収容でき、プライベートパーティーも可能だ。

バラエティー豊かなワインメニューはイタリア産とフランス産が中心。カクテルも色々と取り揃えているので、ドリンクには退屈しないのがうれしい。
ユニークなのは、「212カクテル」という一品。「人生を変えるカクテル」とメニューに説明があるこのドリンクは、半分にカットしたパイナップルを器にウォッカとバカルディーをメインに作られたトロピカルなもの。ストローが2本用意されていて、カップルで楽しめる。ココナッツがミックスされてピニャコラーダを思わせる味わい。

食事はシェフ曰く「ファン・メニュー/楽しいメニュー」。イタリアンから中華まで、色々なフレーバーを取り揃えたコンテンポラリーな品目が用意されている。
基本的にどれもがお酒にあうメニュー。シーフードはアジア料理に影響されたものもある。ツナタルタルはオリーブオイルベースのショウガソースがついてくる。土台に敷かれたアボガドと一緒にあっさり頂けるこの一品は白ワインとの相性がイイ。ポップコーンシュリンプはスイートチリマヨネーズ付き。軽くフライしてあるエビが、濃厚なアジアンフレーバーに仕上がっていて、ビールのお供についつい何度も手を運んでしまう。

各料理の特徴は手の込んだソースだ。神戸ビーフにはワサビジンジャーソース、グリルド・フィンツナにはケッパーのビネグレット、リコッタチーズのラビオリにはトリュフとキノコのクリームソースなどを用意している。

若いエグゼクティブ風のカップルが多く立ち寄るこのお店。レキシントンやマディソンアヴェニューのショッピングの締めくくりなどにフラッっと立ち寄ってみては。

www.pecopecony.com

e0107450_2321562.jpg
e0107450_2322759.jpg

e0107450_2324154.jpg
e0107450_2325878.jpg

写真はこちらから。MORE PHOTOS!





人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

Please Click Here!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へPlease Click Here!
[PR]

by pecopecony | 2007-12-02 02:30 | コンテンポラリー
2007年 10月 27日

The Speakeasy

132 Green Avenue
Brooklyn NY 11238
www.thespeakeasybrooklyn.com
Map


BRAVO TVの人気リアリティー・ショーの第2シーズンに出演した人気女性セレブリテーシェフのジョージーがブルックリンに新しいレストランをオープンした。

レストランの名前は、 The Speakeasy。日本語に訳すと「もぐり酒場」という意味。名前の通り、ブルックリン住宅街にぽつんと現れたレストラン。派手な看板もなく、ぼんやりと灯る明かりだけが目印になる。

もともとはボデガ(スペイン語で、小さいデリ)だった場所を改装。工事を始めた当時は、本当にレストランになるのかなと思うぐらいおおがかりなメイク・オーバーだったと語るジョージー。

レストランのコンセプトは「Global Comfort Food」。レストランのロケーションと客層にあったメニューは、食べごたえのある前菜、フレッシュなサラダ、魚料理、肉料理、バーガーとかゆい所に手が届く的なバラエティーあふれるものとなっている。値段もお財布に優しい設定となっている。

ジョージーの人気でオープン当日はなんと行列までできた程。彼女のバイタリティー溢れ、また暖かい人柄が創り出した「ほっとする料理」を食べに多くの人がブルックリンに足を運ぶ事は間違いないだろう。

e0107450_146552.jpge0107450_1462091.jpge0107450_1463527.jpge0107450_1465758.jpg



www.pecopecony.com




人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

Please Click Here!
[PR]

by pecopecony | 2007-10-27 01:47 | コンテンポラリー
2007年 10月 21日

Bar Fry

50 Carmine St
212-929-5050
Map

www.barfrynyc.com

ドリカムがオーナーのレストラン「スミレ」のエグゼクティブシェフとしてフュージョンスタイルの日本食を提供してきたJosh DeChellisシェフが天ぷらのレストランをオープンした。

「天ぷら」に目をつけたのは、「油で揚げる」という調理方法は、アメリカ人にも比較的受け入れられ易いと考えたから。ヘルシー志向が高まる中であえて、「揚げ物」に挑戦。しかしアメリカ人のお客様には躊躇する人は少なくないそうだ。「もちろん量を食べ過ぎると胃がもたれるのはあたりまえ。前菜で野菜を食べ、少量の天ぷらを頼むとうい食べ方をお客さまに教えるというところからはじめているよ。」と語るシェフ。

レストランのコンセプトは、伝統的な日本の天ぷらではなく、「アメリカスタイルの天ぷらバー」。東海岸でとれる最高のタラ、帆立、カニやニューヨーク州産の野菜をネタに使い、衣は日本のものと比べると甘い。色が濃く、天ぷらとフリッターの中間と言った感じ。さっくり感がありながらも、歯ごたえがある。天つゆに変わるディップは、辛いレッドソース、スイート味噌ソース、わさびタルタルソース、ハラベーニョ醤油と変わり種が多い。

店内のインテリアもとてもコンテンポラリー。壁には白いタイルと大きな鏡。そして、ステンレスのバーに、シンプルなテーブルセッティング。その雰囲気と内装からは天ぷらを食べる店とは一見全く予想もつかない。

「日本食といえば、スシ、テンプラ!」という時代から進化した、新しい形の「天ぷら」がここアメリカスタイルの天ぷらバーでは楽しむ事ができる。デートに天ぷら?それがOKなのもニューヨークならでは、なのではないだろうか。



www.pecopecony.com


e0107450_1225469.jpge0107450_123685.jpge0107450_1232341.jpge0107450_1233790.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!





人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

Please Click Here!
[PR]

by pecopecony | 2007-10-21 01:23 | コンテンポラリー
2007年 10月 15日

Bamboo 52

344 W 52nd St
212-315-2777
Map

ヘルズキッチンとミッドタウンの境目にある寿司バー。平日の夜でも多種多様の客層で賑わうお店です。

モダンな内装で一見寿司バーとは思えない雰囲気。DJが独自の選曲でお店を盛り上げます。中庭には30人ほど収容できるスペースがあり、暗くなってからはキャンドルライトが用意され、雰囲気よく食事やお酒を楽しめます。

このお店の特徴はなんといってもメニューの品目。「寿司バー」という名の通り、寿司を中心とした鮮魚、その他のシーフードを用いた品目がほとんどです。

一般的な寿司も用意してありますが、注目すべきなのはユニークな創作寿司の数々。

マグロとトリュフオイルのマリネをスイートポテトで頂く一品やマグロの揚げ餃子風などのユニークな前菜は濃い目の味付けでビールなどのおつまみに最適です。

極めつけはスパーシー寿司サンドウィッチ。スパイシーなマグロ、アボガド、ウナギなどに加え、なんとアメリカンチーズも具にセレクトされています。それらがサンドウィッチのパンのように形づけられた寿司シャリに挟まって登場するという味の予想が全くつかない何とも楽しい一品です。

お店のメニューの発案者は、この店の料理を受け持つ若手の寿司シェフ。フレンチのテクニックを学んだシェフの料理の盛りつけやソースにはこだわりを感じます。「クリエイティビティー溢れるレシピを披露するのは、グリル系のメニューがほとんど。自分は寿司バーでも創作性の高いメニューで楽しませたい」というシェフの意気込みが感じられる場所です。


www.pecopecony.com


e0107450_503626.jpge0107450_51235.jpge0107450_511771.jpge0107450_545957.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!





人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

Please Click Here!
[PR]

by pecopecony | 2007-10-15 05:01 | コンテンポラリー