ペコペコ!ニューヨークレストランレビュー

pecopecony.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:フランス( 6 )


2011年 11月 17日

Casimir

103 Ave. B
212-358-9683

www.casimirrestaurant.com

イーストビレッジを東に進むと「アルファベットシティー」と呼ばれるエリアに辿り着く。
アベニューの呼び名が数字からアルファベットに変わるのがその呼び名の所以だ。
フレンチビストロのCasimirはこのエリアにひっそりと佇む隠れ家的なレストラン。
この店は、ホットドックの大食い大会等ニューヨークで活躍する日本人アスリート、
小林尊氏も足を運ぶ店。
某メディアではこの店でステーキを頬張る彼がフィーチャーされていたことも。

バーカウンターを横目に薄暗いキャンドルライトの灯った店内を進むと、
奥にテーブル席の置かれたダイニングエリアが広がる。木製のテーブルや椅子、
レンガの壁やそこにかけられた大きな鏡など、ビストロ定番のセットアップは居心地が良い。

Casimirのキッチンを切り盛りするのはアメリカ人シェフのBlair Haneltさん。
この店で7年に渡りフランスの味を追求しているということもあり、味には定評がある。
来店したフランス人客が「この店のシェフは絶対にフランス人だ」と間違ったこともあるという
笑い話もある。

さて、その食事だが、Casimirの料理は着飾ったものではないが、
店内の雰囲気同様に気兼ねなくリラックスして楽しめるものが並ぶ。
前菜では、自家製フォアグラのテリーヌは是非試したい一品。
りんごを原料とした蒸留酒「カルバドス」につけ込まれた風味豊かなテリーヌは前菜にぴったり。
ワインと共に頂きたい。他にもエスカルゴ、サーモンのタルタル、
スモークしたヘリング、パテなどお酒に合う前菜が並ぶ。


ビストロの定番と言えるステーキ・フリット(ステーキとフレンチフライのコンビネーション)、
そしてアルゼンチンの定番チミチュリソースの添えられたバベッテ・アルゼンチンは人気のステーキ料理。
特にバベッテ・アルゼンチンはあっさりしたソースのお陰でヘビーになりがちな肉料理をさっぱり頂ける。
どちらもフレンチフライが盛られて登場し、どんな空腹も満たしてくれるだろう。
肉以外でもモンクフィッシュ・ブロシェット(アンコウの串焼き)、スチームしたムール貝、
ダック・コンフィなどバラエティーを揃えるので、好みに合わせて料理を楽しめる。
また、何を頼んだら良いか分からないという方には、
プレフィックス(セット)メニューでサラッとお店の味を試してみるのも良いだろう。

そして食事以外にも、カクテルやワインもしっかりと揃える。
Zebulonはラムべースのカクテル。ナツメグ、ライム、
ジンジャーの加えられた清涼感あるドリンクだ。他にもマリブ、
オレンジジュースに炭酸の効いたCasablan、コアントロー、
ジンジャー、ライムのHypoliteなど食前、食後に人気のカクテルを楽んでは
如何だろうか。

バーカウンターでさっくりと一杯頂くにしろ、またフルディナーを頂くにしても、
イーストビレッジにてビストロ定番料理を楽しむのであれば立ち寄りたい店だ。


e0107450_0251821.jpg
e0107450_0244646.jpg
e0107450_0241792.jpg
e0107450_0234624.jpg
e0107450_0232773.jpg
e0107450_023758.jpg
e0107450_0224944.jpg


Photos by Naoko Takagi
[PR]

by pecopecony | 2011-11-17 00:26 | フランス
2009年 02月 05日

718 Restaurant

35-01 Ditmars Blvd. Astoria NY
718-204-5553
www.718restaurant.com

Map

地下鉄N/W クィーンズ方面の最終駅近くのフレンチビストロ。
レストランに入ると、真ん中には婉曲に半円を描くように
ゆったりとしたバーカウンターがある。ダイニングエリアには、
これまた丸を形どったブースがあり、居心地よくゆったりと
食事ができる。

メニューはすべてフランス人オーナーシェフのラファエル氏が担当。
ビストロスタイルのメニューが中心。人気のメニューはタルトフランベ。
薄いパン生地にベーコン・玉葱等の具をのせたフランス版の生地ピザ。
アペタイザーにも、お酒のつまみにもぴったり。

メインコースの値段も$16から$20とリーズナブル。
この日のスペシャルはラム・チョップ。 ほうれん草とマッシュルームの
ソテーを土台として、食べ易いサイズのラムが縦に盛りつけられている。
そして魚料理は、レモンとパルメザンの泡状ソースの中にぽっかり
浮かんでいるストライプドバス(スズキの仲間)のフィレ。
その下に、アーティチョークのソテーとポテトニョッキが隠れている。
味は勿論のこと、盛りつけにもとても気を使っている。

ラファエル氏はもともとペイストリーシェフということから、
デザートは全てホームメイドで、週末になるとスペシャルメニューも登場する。

ダイニングメニューに加え、タパスメニューもあり、午後10時30分にキッチンが
クローズした後もバーメニューとして飲みながら夜中まで食べることができる。
遅い時間にしか食事ができない他レストランのシェフもここに立ち寄っていくとか。
また、毎週水曜日にはジャズの生演奏があり、食事と音楽を楽しみにやってくる
常連客も多い。


美味しい料理に加えて、メニューのバラエティー、営業時間、
ライブエンターテイメント、そしてお得な値段設定。地域密着型の
レストランが必要とするものを全て兼ね揃えており、
これらがこの店の人気の秘密なのであろう。


e0107450_2172050.jpg
e0107450_2175228.jpg

e0107450_2181444.jpg
e0107450_2184816.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2009-02-05 02:20 | フランス
2008年 02月 03日

Bar Boulud

1900 Broadway
212-595-0303
www.danielnyc.com
Map

2008年の1月8日リンカンセンターの向かいにニューヨークのフランス料理会の
巨匠、ダニエル・ブリュー氏が、最新レストラン「バー・ブリュー」を
オープンした。彼の経営するレストラングループの中でもっとも
カジュアルなレストランだ。

季節ごとにメニューが変わるコンテンポラリーなフレンチ・ビストロ料理に加え、
「CHARCUTERIE(シャルキトリー)」と呼ばれる、豚肉を使った手作りのテリーヌ、
ソーセージ等がレストランの目玉。ダニエル氏がパリで、シャルキトリエ(シャルキト
リー職人)のジウ・ベロ氏に初めて出会った時、彼の作る数々のシャルキトリーの味に
感動。いつかジウ氏の味をニューヨークでも紹介したいというダニエル氏の想いと
「バー・ブリュー」のコンセプトがぴったりとマッチした。

スタッフの料理やワインに関する知識の高さは勿論の事、
最高のホスピタリティーで客を迎える。又、彼らの笑顔の中には、
ダニエルファミリーの一員という誇りが感じられる。
「今度はどう驚かせてくれるのだろう?」という好奇心からだろうか、
ダニエルファンのメニューを見る顔は期待で満ちあふれている。
カジュアルからハイエンドまで、ニューヨークで最高の
フレンチ体験を実現させたダニエルだからこそ可能にできる
こだわりが詰まった注目のレストランだ。



www.pecopecony.com


e0107450_4204370.jpg
e0107450_4205485.jpg

e0107450_42174.jpg
e0107450_42125100.jpg



人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へもひとつおまけにこちらもクリック!!恐縮です
[PR]

by pecopecony | 2008-02-03 04:21 | フランス
2007年 08月 14日

Café Centro

200 Park Ave
New York, NY 10166
212-818-1222
Map

オシャレで落ち着いた雰囲気の場所で美味しいフレンチレストランを味わいたいなら、Café Centroで決まり!広々とした店内の真ん中には、清潔なショーケースキッチン。自信があるからこそ出来るシェフ達のパフォーマンスの場だ。笑顔の素敵なエグゼクティブシェフによるオリジナルトマト料理が味わえる「トマトフェスティバル〜Summer 2007〜」は9月中旬まで行われている。

今年の天気はトマトにはとても最適らしく、最高のトマト料理を提供できるとシェフは自信満々に話す。シェフがメニューを決めた後、そのディッシュそれぞれに一番合うトマトを厳選しているので、トマトと他の食材の相性は抜群!珍しいトマト、見た目が可愛いトマト、甘〜いトマトなど、たくさんのトマトの種類をニュージャージーやロングアイランドから取り寄せている。

前菜のYellow Tomato Gazpacho(黄トマトのガスパーチョ)はアボガドと蟹肉が乗った冷たいトマトの濃厚なスープ。このスープに使われている黄色のビーフステークトマトは大きくて多肉のトマトである。口に入れた時の白ワインビネガーの酸っぱさの後、口の中に優しく広がる甘さ、そして最後にハラペニョと黄唐辛子のピリ辛さが味わえる、なんとも癖になるスープ。

海藻とトマトコンソメのゼリーの上に新鮮なハマチとキャビアが乗ったセビーチェ、Tomato Madrilene(トマトのマドリレーヌ)は人気料理のひとつ。また、Heirloom Tomato Salad(宝殿トマトサラダ)は普段目にすることがない珍しい多種のトマトを一度に味わえる。ミニスイカみたいにカワイイ見た目で風味豊かな甘さに少しピリッとするのはグリーンゼブラトマトである。

前菜に加え、シェフが腕を振るったメイン料理はどれも魅力的で選ぶのに迷ってしまう。Tomato Baked Halibutは、マスタードが程よく効いた170グラムの((Halibut??))が丸ごとでてくる。その上には柔くて甘い焼きトマトがたくさん盛られていて、((Halibut??))の味をより引き立ててくれる!5つのオリジナルスパイスソースで和えた甘い鴨の胸肉とキャラメル味の桃やグリーンゼブラトマトが味わえるLong Island Duck Breastは甘党の方にオススメ!
Barbecue Hanger Steakはチリペースト、オレンジジュース、パイナップルジュース、濃いコーヒー、マスタードやハーブなどをブレンドして作られた特製バーベキューソースでマリネされたハンガー・ステーキはとても柔らかくてジューシー!そのハンガー・ステーキの上に盛られている、小さいのが特徴のカラントトマトは味のアクセントとして更に一役買っている。そして、サイドの“チェダーチーズとスイートオニオンのポップオーバー(軽焼きパン)”は濃厚なチーズの味とサクサクな食感がたまらない!

最後はもちろんトマトデザートで締めましょう!Tomato and Apricot Coupe(トマトとアプリコットのクープ)は、甘くて口に入れた途端に溶けるポピーシードのメレンゲにトマトのシャーベットと甘酸っぱいアプリコットを乗せて頂くのが絶妙な食べ方!そして、特製トマトジャムがのったサクサクのタルトと白チーズアイスクリームの美味なコラボが味わえるTomato Jam Linzer Tart(トマトジャムのリンツァータルト)は毎日食べたくなるオススメのデザート!

今年は最良のトマトが食せる絶好のチャンス!最強シェフが生み出すCafé Centroの最良トマト料理を食べたら虜になること間違いナシ!9月中旬までのトマトフェスティバルなので、お見逃しなく!


www.pecopecony.com

e0107450_23454589.jpge0107450_2346390.jpge0107450_23462116.jpge0107450_23463826.jpg




写真はこちらから。MORE PHOTOS!

ニューヨークのレストラン情報はペコペコ!
[PR]

by pecopecony | 2007-08-14 23:46 | フランス
2007年 07月 16日

L’ECOLE

462 Broadway
New York, NY 10013-2618
(212) 219-8890
Map

レストラン名のL’ECOLEは、フランス語で“学校”という意味。そう、このレストラン、ニューヨークの名門料理学校、French Culinary Instituteが運営するレストラン。
同校の卒業生の中には、JAMES BEARD AWARDでシェフの新人賞を受賞したデイビッド・チェンも。

なんと厨房で料理をしているのは学生。卒業前のカリキュラムの一環として、レストランで実際にお客様に出す料理を準備する。もちろん、講師陣が指示、最終チェックを行うとはいえ、学生が作っているとは思えない味とプレゼンテーション。最初に出されるバケットも学校で学生が焼いたものだ。そとはカリカリ、なかは噛みごたえがあり、思わず手が伸びてしまう。

生徒達が一生懸命心をこめて作った料理は、未来のセレブシェフの味がする。


www.pecopecony.com

e0107450_454594.jpge0107450_4564016.jpge0107450_4552830.jpge0107450_4554219.jpg



写真はこちらから。MORE PHOTOS!
ニューヨークのレストラン情報はペコペコ!


[PR]

by pecopecony | 2007-07-16 10:21 | フランス
2007年 06月 23日

Café Triskell

30-44 36th Ave Astoria
718-472-0612
Map

イエローとオレンジの壁に、天井のファン。フランスの片田舎にあるファンシーなレストランに来た気分になる、そんなこじんまりとしたフレンチ・レストランで頂くおいしいクレープ。

クレープ発祥の地"ブルターニュ"で生まれたシェフは、本場フランスのcafeやレストランで修業を積み、本場の味をカジュアルに楽しめる様にとこのお店を開いた。そういうシェフのこだわりは、クレープにオーガニックのそば粉を使っていること。おかずクレープは90%そば粉を使い、デザートクレープにはそば粉10%とケーキ用の小麦粉を混ぜ、ほんのりと生地に甘味をつけている。

シェフおススメの「Cancale」というサーモンを使ったものを頂く。サーモンの塩気とバタークリームに赤玉ねぎのピリリとした苦味が効いている。ベーグルだとかなり重くなりそうなところ、クレープなのでその点思ったよりもライトな感じで食べられる。ライトではあってもクレープにはちゃんとモチモチとした食感もあるので、満足感もある。日本人にはあまり馴染みのない、おかずクレープだけど、一度お試ししてみてほしい。

また、デザートクレープでは、王道のバナナとチョコレートにホイップクリームを乗せたものを頂く。スライスされたバナナの上にダイナミックにホイップクリームが乗ってくる。かなり甘いのか?・・・と思うと、意外とホイップクリーム自体には甘味があまりなく、チョコレートとバナナ自体の甘さが味わえる。そして、クランキーなチョコチップの歯ざわりとモチモチのクレープの対照的な食感が一度に味わえる楽しい一品。

また、クレープだけではなく、オーガニックの紅茶もある。アイスティーにはミントグリーンティーとパッションティーの2種類ある。アイスティー自体に甘味はついてなく、別にかわいい小瓶にシロップが出てくるので、自分の好きな甘さに調節できるのも嬉しい。

クレープはトッピングも対応してくれるので、フルーツを増やしたり、自分なりの組み合わせを楽しみながら、さわやかなアイスティーと一緒に頂くのがおススメです。



www.pecopecony.com

e0107450_514365.jpge0107450_5141658.jpge0107450_5142955.jpge0107450_5144356.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!

ニューヨークのレストラン情報はペコペコ!



[PR]

by pecopecony | 2007-06-23 04:14 | フランス