カテゴリ:ベトナム( 3 )


2011年 05月 07日

Bao Noodles

391 2nd Ave between 22nd &23rd
212-725-7770
www.baonoodles.com

ベトナム料理といえば、生春巻に代表されるように、野菜をふんだんに使い、ヘルシーで
日本でもなじみのある料理だが、本格的なベトナム料理をなんと日本酒とマッチング
させてしまったのがこのお店の特徴だ。

というのも、オーナーのクリス・ジョンソン氏は、日本の酒蔵で2年間修行をし、
利き酒師の免許を持っているのだ。そんなクリス氏だからこそなしえた夢のコラボレーション。

このクリス氏の自慢のお店の名前は 「Bao Noodles」。店の雰囲気は、
フレンチビストロを連想させるむき出しのレンガの粗野な感じと、
グラフィティー調のペインティングが共存するNYのダウンタウン的な感じ。
小さめのテーブルが並び、席数は30席ほど。それにカウンターが
10席程度並ぶこじんまりした隠れ家的なお店だ。照明は暗めで、
各テーブルのろうそくの柔らかい明かりが、ベトナムのメコン川の
夕暮れを連想させてくれる。

そんな「Bao Noodle」にて提供されるクリス氏のお勧めメニューを紹介する。
食前酒のお勧めのカクテルは「Cucumber Rosemary」。その名の通り、
キュウリとローズマリーの一品。ローズマリーを漬け込んでおいたカクテルで、
とっても香りがよく、胃を気持ちよく刺激してくれる。飲む直前にふわっと
ローズマリーの香りに包まれる食前酒として程よいカクテル。

前菜はやはりベトナム料理の人気定番、「サマー・ロール (生春巻)」。
中にはえびと、焼き鳥が入っており、甘辛い味が特徴。ライスペーパーに炭火で
調理された鶏肉の香ばしさ…どこかしら日本料理に通じるものを感じるこの一品、
日本酒がとてもよく合うのも納得だ。


前菜からのもう一品は、「ロリポップチキン」。 コーヒーの缶に盛られたユニークな
プレゼンテーションが愛らしい。 一見ポテトフライのようだが、中身はタロイモ、
ガーリックバターが効いた味とタロイモの独特の甘み、そして粘る食感がとても病み付きになる。
甘辛い味付けの骨付きチキンのから揚げを食べたあと、日本酒が口をさっぱりとしてくれる。
驚くほど相性がよく、お酒がすすむ。

シーフードの一品は「レモングラス シュリンプ」がお勧め。
大根の千切りのように見えるのは実はパパイヤ。大きなえびのぷりぷりとパパイヤの
シャキシャキ感、レモングラスのさわやかな感じが良い。

もうひとつお勧めのシーフード料理は、「アイロン ポット ブレイズド フィッシュ バサ」といわれるもの。
ベトナムでは一般的な白身魚で、フライにしてから、甘辛く煮込んだ料理だ。
鉄板で熱々の状態でサーブされる。すき焼きのような味で、これもまた日本酒がすすむ。
この料理には「吉野川」という新潟のお酒がお勧めだそうだ。
なるほど、甘辛さに負けないしっかりとしたお酒の味を楽しめる。

シメはやはりフォー。 今回は「スパイシー ビーフ&ポーク フォー スタイル」をチョイス。
通常のフォーの麺より太目の麺だ。熱々のスープの上のレモングラスの香りが
湯気ともにさわやかに漂う。さらに、お好みで、もやしをトッピングし、
ライムを少し搾るのがお勧めだ。おなかいっぱいでもさわやかな香りととも
にさっといただけてしまう。

なんといっても日本酒がベトナム料理とこんなに相性がよいというのは
本当に新しい発見だ。またここのお店は、日本酒だけでなく、ビールと、
フランス産のワインも楽しめる。ベトナム料理は中華の影響を受けつつ、
フランス料理の影響も受けており、さらに独特の香草をふんだんに
使うことで独自の料理に進化してきた。それ故に、ベトナム料理と
フランスワインの相性も良い。次回は是非、ワインに合う料理をいただきたい。

日本人にとってどこかなつかしく、それでいてベトナムの独特の雰囲気と
本格料理を気軽に手ごろなお値段で楽しめるのがBoa Noodle。
隠れ家的な店の雰囲気で、一人で気軽に食事とお酒を楽しむこともできる。
日本語もばっちりの気さくなクリス氏に相談すれば、日本酒のことをさらりとレ
クチャーしてくれることだろう。 日本酒を新しいスタイルで楽しみたい方に是非お勧めのお店だ。



e0107450_3283850.jpge0107450_3285446.jpg
e0107450_3291811.jpge0107450_3293184.jpg
e0107450_329462.jpge0107450_3295736.jpg

[PR]

by pecopecony | 2011-05-07 03:27 | ベトナム
2010年 03月 17日

NAM S'ON 南山

245 Grand Street
212-966-6507

ロウアーイースト、チャイナタウンにあるベトナム料理店の南山。
多くの中国マーケットに囲まれているため、注意して見ないとうっかり中国料理店と
勘違いしてしまいそうになるが、店内ではアジア人だけでなく、
様々な国籍の人々が料理を楽しんでいる姿が見え、明るく賑やかな雰囲気がある。

南山のお勧めは、ベトナム風ステーキ炒飯(一人前で$8.50)。
ステーキは日本人好みの甘辛い味付け。大ぶりのものが2枚付いていて
スタミナをつけるには最適だ。炒飯自体は脂っこくなく、さっぱりと頂くことができる。
プレートにはミックスサラダが添えられているので、濃い味のステーキに飽きたら
キュウリなどの野菜を食べてリフレッシュ。

もう一つここで食べておくべきメニューが、「ポークレタスバーミチェリ」という
スープのない麺に甘酸っぱい特製ソースをかけて食べる一品。お椀の底にミント、
キュウリ、レタス、キャベツなどの野菜とミントが入っており、
その上にライスヌードルがのる。そして一番上にはグリルされた豚肉と
アーモンドとキュウリが添えられている。フォーの見た目や食感は日本のそうめんに近い。
ツルツルとした口当たりは癖になってしまいそう。豚肉もマリネされて
味がしっかりついており、柔らかくてジューシーな味わい。
こちらは一人前$6.25とこのボリュームでこの値段とはちょっと驚きだ。

ベトナム料理の定番と言えばフォーヌードルや春巻きだが、この店では
ビーフシチューやゼリーなどの珍しいラインナップも揃えられている。
少し変わったベトナム料理を楽しみたいのであれば、 これらを試してみるのも
良いだろう。また、各テーブルにはピリ辛いソースが用意されているので、
辛い物が好きな人はお好みで頂くことができる
チャイナタウンには多くの中国料理店が並ぶが、ベトナム料理も見逃せない
チョイスの1つ。南山も訪れる価値ある店の一つだ。


e0107450_0415186.jpg
e0107450_0421920.jpg
[PR]

by pecopecony | 2010-03-17 00:42 | ベトナム
2007年 07月 15日

Safran

88 7th Ave
212-929-1778
Map

アッパーウエストサイドのモンスーンレストランが名前を新たにチェルシーに1年前にオープンした。リース更新時期と、もう1段階上のベトナム料理を提供したいというエグゼクティブ・シェフ、ラウラさんのチャレンジ精神を理由に新天地にやって来た。

ラウラシェフは、ベトナム生まれ。子供の時から料理が大好きで、ベトナム料理、中華料理の他に、フランス料理やイタリヤ料理も学んだ。西洋と東洋の料理を知り尽くすラウラさんの作る料理は、伝統の味を守りつつも、盛り付け、素材の使いかたにコンテンポラリーな要素が含まれている。

メニューの中で目をひくのが6種類にも及ぶ生春巻き。普通キュウリにゆでたエビが定番だが、サフランの生春巻きはとても斬新。生春巻きの代表、サフランロールには、エビ、ほたて、いかの天ぷらに新鮮なきゅうりやマンゴが巻いてあり、食べごたえも見ごたえも最高。

人気の1品は、お昼のランチボックス。メインのおかず、ご飯、バンシャオという炒めた麺、春巻きまたは生春巻き、自家製べージルドレッシングのついたサラダがついてなんと8.95ドル。(メインのおかずによっては値段が異なることもあり)

全体の味付けも程よく、あっさりしていて何度も足を運びたくなる味だ。料理のおいしさの秘訣はと聞くと、「料理は体で作る者ではなくて、心で作るもの。うちの料理は私達の真心がこもっているから美味しいのよ!」とラウラシェフは語る。

一ランク上のベトナム料理是非ご賞味あれ!
www.pecopecony.com


e0107450_4582295.jpge0107450_4583658.jpge0107450_4585182.jpge0107450_459630.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!

ニューヨークのレストラン情報はペコペコ!



[PR]

by pecopecony | 2007-07-15 07:00 | ベトナム