ペコペコ!ニューヨークレストランレビュー

pecopecony.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ベルギー( 1 )


2007年 07月 31日

Markt

676 6th Ave.
212-727-3314
Map

シーフードを中心としたベルギー料理を提供するレストランです。以前ミートパッキングエリアにあったこのお店は最近チェルシーの北側まで移転しましたが、変わらぬ人気で賑わっています。店内の装飾はアンティークな木目調。古めかしいモノクロの写真やヨーロッパの古いマーケットをイメージさせるクラッシックな壁時計が印象的です。天井も高く、広々とした店内はマーケットという名前に相応しく、市場の一角で食事をしている気分になります。

このレストランでは、ベルギーの誇る食材の数々を美味しく頂くことができます。
代表料理であるムール貝を蒸したものは、ワインベースのものからクリームベースのものまで数多く用意してあります。ガーリックとクリームで蒸したものは、蓋を開けると同時に広がるガーリックの香りが食欲を増進します。クリーム自体にも貝のダシがしみ込み、バケットにつけて食べるとお酒のグラスから手を離せなくなります。

また、シーフードがふんだんに盛り付けられたシチューは、トマトベースのスープが印象的です。あっさりとしながらも、しっかりとした味付けで楽しませてくれます。ダシの取れたスープはそのままスプーンで頂いても美味しく頂けます。

多くの品目のサイドディッシュには、フレンチフライ、Frites(フリット)がついてきます。実はフレンチフライの起源はベルギーで、本家本元。この店ではオリジナルのFritesを味わう事ができます。お皿に一緒にのってくるマヨネーズソースとの相性は最高ですが、何もつけずに食べると、フライのホックリした食感とポテトの甘みを楽しむ事ができます。

ビールも勿論、バラエティー豊かにベルギーのブランドを揃えます。ピンクの象がキュートなDdiriumや赤鼻の老人がマークのLa Charffeなどは、ビールとは思えないボトルがユニークです。このような普通のバーではお目にかかれないビールと出会えるのもこのお店の魅力です。ボトルに合わせて登場するグラスも楽しいサービスの一つです。

極めつけはデザートです。チョコレートの代名詞ともいえる国、ベルギーの良質なチョコレートを使用して、ニューヨークでも数少ない、日本人好みの程よい甘さのデザートを提供しています。中でもダーク、ホワイト、ミルクの三種類のチョコをレイヤーにしたムースは絶品です。かわいらしいグラスに入って登場するプレゼンテーションに魅了されて始まり、ラズベリーのソースと一緒に口に運んだ時の至福の瞬間に終わる…顔から笑みが止まりません。

ヨーロッパの小さな国、ベルギー。地図上のサイズでは想像もつかない、その美食大国らしさを感じられる素敵なお店です。



www.pecopecony.com

e0107450_444999.jpge0107450_4445485.jpge0107450_4451246.jpge0107450_446243.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!

ニューヨークのレストラン情報はペコペコ!


[PR]

by pecopecony | 2007-07-31 12:39 | ベルギー