「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:アルゼンチン( 3 )


2009年 02月 25日

Buenos Aires Restaurant

513 East 6th Street
212-228-2775
www.buenosairesnyc.com
Map

イーストビレッジにあるアルゼンチン料理レストラン。
アルゼンチンの代表料理はなんといってもステーキ!お肉の扱い方を知り尽くした
アルゼンチン人オーナーのイスマエルさんが自慢のアルゼンチン料理 をお客様に提供している。

人気の前菜はなんといってもエンパナーダ。 一瞬みると大きな餃子のようにもみえるこの料理は、
固めのパン生地の中に牛肉、鶏肉、チーズなどがつめられてベイクドしてある
フィンガー・フード。中南米では定番の一品だ。1つのオーダーで2個ついてくるので、
かなり食べごたえがある。

そしてメインコースはなんといっても牛肉。アルゼンチンのお肉は輸入制限があるため、
アルゼンチンのお肉に近い ウルグアイ産の牛肉を使用。
人気なのは「Bife de Chorizo」肉厚16オンスのステーキがサイドに
マッシュ・ポテト、フレンチ・フライ、またはサラダがついてボリューム満点で
なんとたったの$24.95。

週末は、安くて美味しい料理を食べようと若者が多く集まり金曜日と土曜日は
いつも満席で予約は一切取らないというのも納得だ。


そしてステーキのお伴にはかかせない厳選したアルゼンチンワインがずらりとそろい、
常時地下のセラーには約5千本のアルゼンチンワインが貯蔵してある。

ビレッジボイスでは、ベスト・ステーキハウス・オルタナティブに選ばれ、
数々のニューヨークのメディアで紹介される等ニューヨーカーの間でも高い評判を得ている。

e0107450_215316.jpg
e0107450_215264.jpg

e0107450_2155643.jpg
e0107450_2185413.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2009-02-25 02:20 | アルゼンチン
2008年 05月 01日

Chimichurri Grill

606 Ninth Ave
www.chimichurrigrill.com
212-586-8655
Map

ヘルズキッチン、シアターディストリクトにある
アルゼンチン料理店。オーナーのカルロスさんと
奥さんのアリシアさんが10年間この場所で変わらぬ
アルゼンチンの味を提供している。

「うちのレストラン、NYの小さなブエノスアイレスなんだ」と語るのは、
週に7日、連日休まず厨房に立つカルロスさん。新鮮な食材は
すべて自分の目で確かめてから買うというこだわり。
アットホームな雰囲気で、地域の常連客は勿論、
NYを訪れる観光客も沢山レストランにやってくる。
店内には心地よいタンゴの音楽が流れる。

アペタイザーで人気があるのは、 Empanadas(エンペナーダス)。
パン生地の中に野菜や、ひき肉の入ったギョウザのような食べ物。
これに、ガーリック、パセリ、オイルをミキサーにかけて作った
チュミチリソースを付けていただく。中身が野菜でもお肉でも
どちらでも合うソースだ。

アントレで人気があるのは、もちろんステーキで、こちらも
アルゼンチンの代表料理。牛肉はすべてオーガニックのものを使用。
肉は、炭で熱々にされた表面にオウトツのある鉄板上で調理される。
直火が当たらず、まんべんなく焼け、へこんだ部分に余分な油も落ちる。

温かいチュミチリソースとグリルされたカリフラワーが添えられた、
ハンガーステーキ(Vacio de Pergamino con Coliflores Quemadas)。
程よい油分と甘みを含んだカリフラワーのコンビネーションは絶品。
また、 そのポレンタ(Polenta)スティックとチーズソースが添えられたプライム・フィレ・ミニォン(Lomo Fino Pampeano)は、チーズソースを付けたポレンタスティックを食べ、そのあとに肉を食べるとなんともバランスのとれた組み合わせになる。イタリアや南米ではおなじみのコーンフラワーで作られたPolenta(ポレンタ)をフライにしたこのスティックは、ちょっとプチプチした食感が特徴。

これらの食事を最高に引き立てるのが、ソムリエのアリシアさんが
厳選したアルゼンチンワイン。一年に1万本も生産していないと
いう小規模なブティックワイナリーのワインを仕入れている。
ステーキによく合うマルベック種が多数取り揃えられており、
ワインショップでも販売していないものばかりだ。

シアターディスリクトに近いので、8時前はミュージカルに
行く予定の客で店内は大賑わい。その時間帯に行く方は、
予約をするのがベター。8時以降はゆったりと食事ができる。
とてもフレンドリーなレストランなので、友達同士で、カップルで、
1人旅でも気軽に立ち寄れる温かいレストランだ。


PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!www.pecopecony.com

e0107450_4341243.jpg
e0107450_4343363.jpg

e0107450_4344975.jpg
e0107450_435511.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-05-01 04:36 | アルゼンチン
2008年 01月 27日

La Rural

768 Amsterdam Ave
212-749-2929
Map

アッパーウエストにあるアルゼンチン・ビストロの店、
「ラ・ルーラル」の店名は。ブエノス・アイレスの代表的な地区、
パレルモ地方で毎年開かれる農畜産物展覧会「 La Exposicion Rural
(英語だとThe Rural Exhibition)」に由来します。
名前の通り、アルゼンチンの代表的な肉料理がバラエティー豊かに
楽しめるのがこの店の特長。

Molleje「グリルしたシビレ(モツの一種)」、Chorizo
「豚と牛のひき肉を使ったアルゼンチン風ソーセージ」、
Morcilla「豚の血液入りの黒いソーセージ」などが小さな
コンロで焼かれながら大胆に登場。
サイドに用意されたレモンをたくさん絞って頂くのがコツです。

また、メニューをみて気付くのがパスタメニューのセクション。
シェフ曰く、米を食べないアルゼンチンの人たちの代表的な
穀物系の一品はパスタだそう。基本的にアルゼンチン料理は
イタリア料理の影響も受けているので、パスタ、ビネガー、
オイルを使った料理、例えばカツレツやリゾットなども一般的なようです。

メインディッシュで代表的なのはやはりショートリブやステーキなどの
グリルした肉類。しっかりと味のついたビーフやポークはアメリカの
ステーキハウスとはひと味違う魅力があります。
サイドにサラダをオーダーしてバランス良く食べるのが
アルゼンチンではおきまり。

ここでの食事のコツは、テーブルに用意されたアルゼンチンの
代表的なソース、Chimichurri(チミチュリ)をうまく使う事。
このソース、 玉ネギ、パセリ、ガーリック、ビネガー、オイルを
混ぜたものなのですが、肉料理にかけて頂くと素敵なアクセントに
なります。勿論、パンにつけて食べても最高です。

デザートにもアルゼンチンの品目を揃えます。
白いボール状で登場するインンパクトのある一品、
Chajaはメレンゲで包まれたケーキ。桃やウォルナッツ、
ミルクキャラメルが口の中で踊ります。
Panqueques De Dulce De Lecheはアルゼンチン風ミルクキャラメルが
惜しげ無く詰められたクレープ。
ヘビーな食事の消化を助けるアルゼンチンのお茶、
Mate(マテ)と一緒にどうぞ。

世界の本格的料理が楽しめるのがニューヨークの特権。
この最寄りのアルゼンチンに一度足を運んでみて下さい。



www.pecopecony.com

e0107450_1365861.jpg
e0107450_1371432.jpg

e0107450_1373084.jpg
e0107450_1374424.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

Please Click Here!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へPlease Click Here!
[PR]

by pecopecony | 2008-01-27 01:40 | アルゼンチン