ペコペコ!ニューヨークレストランレビュー

pecopecony.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ペルー( 2 )


2012年 07月 14日

Panca

92 7th Ave. South, New York, NY10014
212-488-3900
http://www.pancany.com/


インカ帝国発祥の地であり、紀元前から古代文明が栄えたペルー。また最近では、世
界遺産のマチュ*ピチュやナスカの地上絵の観光スポットとしても人気が高い。そん
なペルーの味が味わえるのが、ビレッジにある「Panca」。

グリーンを基調とした店内はテラス席も設けられておりとても開放的な雰囲気。
ここのシェフのエマニュエル氏は、ペルーのリマのレストランで8年間働き、その
後、スペインで初めてミシュラン3つ星を獲得した“アルザック”で修行積み、10年
前にアメリカに渡ってきた。

ニューヨークに来る前には、シアトル、ワシントン、オレゴン、サンフランシスコで
もレストランを立ち上げてきた。「若い頃はどうすれば見た目もカッコイイ料理がで
きるかということばかり考えていたが、今ではもっとトラディショナルでシンプルな
ものを追求している」と語るエマニュエル氏。食材に拘り、シンプルかつ味のバラン
スが調った料理を提供している。

“Tiradito Mosaico Mixto”は、刺身スタイルのヒラメ、エビ、タコに“アジ*アマ
リロ”というペルーのイエローチリペッパーとクリームを混ぜたソースをかけたも
の。少しスパイシーだが見た目も鮮やかで新鮮な魚によく合い食欲をそそる。まさに
アペタイザーにぴったりの一品だ。

“Cebiche Palteado”は新鮮なヒラメ、エビ、アボカドに、アジアマリロとタイガー
ミルクと呼ばれるソースを混ぜたもの。フォークではなくスプーンを使って食べるの
がコツ。スプーンで食べると一口で全ての素材の味を楽しむことができる。少し酸味
が効いていてさっぱりといただける夏にぴったりの一品。食べ進めていくうちに、だ
んだんアボカドが溶けてきてソースが緑色になってくるのがまた美味。

“Anticucho de Corazon”は、醤油やガーリックなどでマリネした子牛の心臓をグリ
ルし、ユカと呼ばれる芋のフライを添えたもの。少しスパイスの効いたソースを付け
ていただく。歯応えのある子牛肉とパンチの効いたスパイシーさが病み付きになる。

デザートは日替わりで、お店ですべて手作りしている。カクテルメニューも充実して
おり、月曜から金曜の午後7時までは全カクテルが$5のハッピーアワーも開催してい
る。

スタッフは皆明るくフレンドリー。なかなかマチュ*ピチュまでは行けないけれど…
身近なペルー料理でせめて旅行気分だけでも味わえるのでは?

e0107450_1355184.jpge0107450_136721.jpg
e0107450_1353088.jpge0107450_1362612.jpg

[PR]

by pecopecony | 2012-07-14 01:37 | ペルー
2008年 06月 03日

Lima's Taste Ceviche Bar

122 Christopher Street_New York, NY 10014
212-242-0010
http://www.limastaste.com
Map

グリニッチビレッジの繁華街にあるペルー料理店。木彫りのインテリアと
2枚の大きな鏡がニューヨークではないどこかの街のレストランを訪れて
いるかの様な気にさせてくれる。夕暮れ時に訪れると、ほのかなキャンドル
ライト各テーブルで灯る薄暗い店内が印象的。

ここでは、「セビーチェ・バー」の名に相応しく9種類のセビーチェ($14〜)を
用意する。中にはマッシュルームと豆腐のユニークな組み合わせも。
メインディッシュを待つ間、好みの飲み物に合わせて数品をシェア
するのがお勧めだ。

人気のあるメニューは「Escaveche de Pollo ($17)」。
このフライパンで焼き上げたチキンの胸肉の一品は、マイルドな
辛さが特徴のペルーではおなじみの唐辛子、Panca Pepperと
ビネガーを使ったソースを使用している。 甘めに味付けされた
クリスピーなタマネギがこのソースと共に添えられ、味にバリエーションが
生まれている。サイドにつけられたユッカ芋のフライはペルーでは典型的な料理。
フライにされているが、これ自体はとても淡白な料理なので、
チキンにかけられた濃厚なソースとの相性がとても良い。

ドリンクメニューはワイン、サングリア、ペルービールなど料理に
合わせて用意している。10種類ほどのワインリストだが、
オーストラリアのマルベックやイタリアのピノグリッジョなど色々なものがある。
勿論、チリ産の赤白ワインもメニューに含まれている。

やはりペルー料理店を訪れたからには試してみたいのが
「ペルーのマルガリータ」と呼ばれる「Pisco Sour(ピスコ・サワー)」だ。
ペルーを代表するお酒「ピスコ」は、葡萄の蒸留酒でほのかに葡萄の
香りが残るのが特徴。このスピリッツに卵白、レモンジュース、
砂糖を加えたピスコ・サワーは暑い季節にぴったりのドリンクだ。
ヒップでコンテンポラリーなレストランだけでなく、このようなスタンダードで
隠れ家的なお店が点在するのもニューヨークらしさ。
一度ペルーな雰囲気を体験しにこの店を訪れてはどうだろう。

PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!
www.pecopecony.com


e0107450_1221659.jpg
e0107450_12212235.jpg

e0107450_12213436.jpg
e0107450_12214733.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-06-03 12:27 | ペルー