カテゴリ:トルコ( 2 )


2011年 01月 21日

Orient Express

325 West 11th street
212- 691-8845
www.orientexpressnyc.com

迷路のように道の入り組んだウエストビレッジ。ニューヨークで都市計画が始まる前から
住宅地が形成され、グリッドにはなっていないのが特徴。そんな歴史的な路地に登場した
「オリエント・エキスプレス」。世界最高の豪華列車としてその名を知られた
列車をイメージしたバーだ。

もともと、一年前までは昔ながらのランドリーだったというスペースを改築し、
西ヨーロッパとバルカン半島を旅する電車の車内をイメージして作られた、
湾曲した天上。網棚付きの車窓が取り入れられており、まるでワインを飲みながら
列車に乗って旅をしているよう。

メニューはいわゆる「バーフード」。お酒を飲みながら楽しめるメニュー構成になっている。
チーズプレートは一つのプレートにギリシャとスペインのチーズ(フェタチーズ、マホンチーズ、
マンチェゴチーズ、ガローチャチーズ)とドライフルーツ、フルーツジャムとオリーブが
サーブされておりワインのお供に最適。


おすすめは焼きジャンボシュリンプ。ニンニクと長ネギ、マッシュルームをファンボア・ソースに絡め、
その上に大きなエビが乗る。見るからに弾力があり、ぷりぷりしている。
香草の効いたソースの中にコクがあり、お酒がすすむ一皿だ。

人気デザートのトルココーヒーを使ったクリームブリュレはコーヒーの
香ばしさがカスタードの甘さを引き立たせて、終着駅に着いてしまった
ようなほろ苦い気持ちにさせる。


少し暗い店内はキャンドルのやさしい光に照らされて、周りのテーブルが
気にならない距離感。大人の雰囲気を贅沢に感じることができる。
デートの待ち合わせや食後にゆっくりともう少し飲みたいときに最適だ。

e0107450_335287.jpg e0107450_335475.jpg
e0107450_336355.jpge0107450_3361847.jpg


[PR]

by pecopecony | 2011-01-21 03:37 | トルコ
2009年 07月 06日

Sahara's

513 2nd Ave
212-532-7589
Map

Sahara's は8年もの間、本格的なトルコ料理を提供し続ける店。
メニューにはバラエティー豊かなトルコ料理が並ぶ。

柔らかく仕上がったホームメイドのトルコスタイルのピタブレッドは、
冷たいディップ系アパタイザーによく合う。ヒヨコマメをペースト状にした
「humus/フムス」やガーリック風味のヨーグルトベースト「lebni/レブニ」、
そしてナスのピューレ、ガーリック、Tahini/タヒニ (胡麻ペースト)を合わせて作った
ペースト「Babaghannouj/ババガヌーシュ」など、あっさりと食べる事ができる
メニューは食欲を刺激する。

これらは数品オーダーしてグループでシェアして頂くと
バラエティーが楽しめる。また、「Mixed Appetizer Plate」をオーダーすれば、
数種類のアペタイザーがお手頃な価格で満喫できるのでおススメだ。

これらのディップ系のメニュー以外にもサラダやスープもあるので試してみたい。
Shepherd Saladは盛りだくさんの角切りトマトがパセリ、ピーマン、タマネギ、
オリーブオイル、レモン果汁とマリネされたリフレッシュできる一品だ。

Stuffed Bulgurは温かいアペタイザーで是非試して頂きたい一品。松の実と
ウォルナッツの食感のアクセント、後からほんのりと効いてくる
Current(カシス)の甘味と飽きのこない一品に仕上がっている。
レモンを少しかけて頂くと爽快感が増す。

アントレーでは是非ラム肉のソテーを試して欲しい。ガーリック、
マスタード、ミルク、トマトペーストなどのスパイスにつけて
1日寝かした肉は臭みがなくとても柔らかい。

ワインやビールなどを揃えているので、これらの食事は好きな
飲み物で楽しめるが、ここは是非トルコの代表的なアルコール「RAKI/ラク」を。

アニスの独特の香りが豊かなこのお酒は、トルコの庶民の酒として親しまれ、
水を入れることで乳白色に変わることから「ライオンのミルク」と呼ばれる。
氷や水を加えて好きな濃さで楽しむことができる。ウェルカムドリンクや
食後に頂く方もいるようだが、トルコでは食事と共
に楽しむのが一般的だとのこと。

「アルコールよりデザートを!」という方は、食事をトルコのデザートで
締めくくって欲しい。中でもお勧めなのが
「Turkish Custard (トルコ風カスタードプリン)」。
弾力がありモチモチしたこの一品はきっと日本人の食感に合うはずだ。

このお店、暖かい時期には道路に面した壁を外すため、
開放的な空間で食事が楽しめる。これからの季節、一度トライしてみるには
最適ではないだろうか。

e0107450_9304547.jpg
e0107450_931610.jpg

e0107450_931427.jpg
e0107450_932751.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!





ペコペコウエブサイトはこちらから!www.pecopecony.com





[PR]

by pecopecony | 2009-07-06 09:33 | トルコ