ペコペコ!ニューヨークレストランレビュー

pecopecony.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:アメリカ( 27 )


2008年 09月 12日

Five Guys Burgers & Fries

284 7th Ave, Brooklyn
718-499-9380
www.fiveguys.com
Map

ワシントンDCからやってきたハンバーガーチェーン。
本拠地のみならずフィラデルフィアでも
「ベスト・フレンチフライ」や「ベスト・バーガー」などの
アワードに輝くほどの人気。ニューヨークでは、
マンハッタンだけでなくアストリアやブルックリンへも
チェーン展開している。

この店のオーダー方法はマクドナルドや
バーガーキングなどとは少し違う。
まずはハンバーガーやチーズバーガーなど
ベースとなるメニューを選び、それに追加する
トマトやレタスなどのトッピングを自分で
アレンジして頼む。追加料金なしで自分の
好きなトッピングを好きなだけ加えることが
できるお得でうれしいサービスだ。

フライドオニオンやソテーしたマッシュルームなどを
加えると、ボリューム満点のハンバーガーができあがる。
オーダー後はレシートにある番号が呼ばれるまで
待つことになる。焼きたてのハンバーガーが
食べられるということを考えると納得できる待ち時間だ。
自分のオーダーを待っている間に、レジ横のピーナッツを
無料で食べることができるのもユニークなサービス。

冷凍をしないビーフが挟まれたハンバーガーは
フレッシュでとてもジューシー。こんな一品を
頂けるのであれば、たまにはカロリーを気にせずに
ファーストフードを楽しむのもイイかもしれないと思える。


ニューヨークの各ロケーションは以下まで。
http://www.fiveguys.com/store_locator.aspx?s=NY

e0107450_0321340.jpg
e0107450_0323453.jpg
e0107450_03257100.jpg
e0107450_0331513.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-09-12 00:41 | アメリカ
2008年 07月 23日

Firehouse

522 Columbus Ave
(212) 595-3139
firehousetavern.com
Map


アッパーウエストサイドにあるバー/アメリカ料理レストラン。
建物はなんと150年の歴史を持つ。レストランがオープンしたのは、
18 年前。今でこそ、銀行、リーテールショップ、レストランとあるが、
その当時は周りにはなにもなく、住宅街だった。

レストランはもともとファイヤ・ハウスではなく、ホテルだったとか。
オーナーのジャーミーさんが25年前にその当時ハドラムという
アイリッシュ・パブだったが、レストランにしようとオーナーを説得し、
ファイヤ・ハウスとう名前で、消防署をモチーフにレストランに改装。
内装も消防車の模型や、ヘルメット等が飾られている。

またテレビが何台もいろいろなアングルから設置してあり、
野球、バスケット、ホッケー、フットボールが映し出されている。
お客さまもスポーツファンファンが多く訪れ、
シーズン中はもちろん、ビックイベントになると
レストランはニューヨークのスポーツファンで溢れかえる。

そして、なんといってもアメリカのスポーツ観戦にかかせないのが、
バッファローウィング。ファイヤハウスのウィングは
お店の看板メニュー。なんと、スーパーボールでは、
スタッフが丸二日間準備に費やし、20000ピースの
ウィングを販売。また、2週間前からデリバリーの
オーダーが入る。

ウィングのソースは、バッファローウィング発祥の地、
ニューヨーク、バッファローの「アンカーバー」の秘伝のレシピ。
そして、チキンはかりかりに揚げてあり、オーナーのジャーミーさん曰く
「ノック・テスト(チキンウィングで机をたたいて、
コツコツ音がするか)」で、チキンがかりかりに
揚げっているかチェックしているとの
冗談が飛ぶ程、チキンのクリスピー度がとても重要なのだ。

チキンンウィングの辛さはマイルド、ミィディアム、ホット、
インフェルノがあり、ホットでも辛さが足りない人は、
テーブル備え付けのホットソースでもっと辛くすることもできる。
オーソドックスなソースの他に、酸味と辛みのある
バッファローソースと甘みとこくのある
バーベキューソースをミックスした
「Bubba/バッバソース」、バベキューソースがある。

チキンウィングの他に、バーガーやサンドイッチはもちろんのこと、
メキシカンのフィンガーフード、ナチョスやチキンバーベキューが
はさまれた、チキンカセディア、ファフィターも人気。
バーベキューチキンののった、バーベキューチキンピザがあり、
フィンガーフードの王道がメニューに並ぶ。

スポーツファンのみならず、近隣のファミリーも多く訪れ、
キッズフレンドリーなレストラン。
老若男女、皆から愛されるアメリカンレストラン。
チキンウィングを豪快に食べたくなったらファイヤハウスヘGO!!


PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!
www.pecopecony.com

e0107450_0465482.jpg
e0107450_0472064.jpg

e0107450_0473864.jpg
e0107450_04831.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-07-23 00:48 | アメリカ
2008年 06月 28日

Community Food & Juice

2893 Broadway
212-665-2800
www.communityrestaurant.com
Map

コロンビア大学近くモーニングハイツにあるニューアメリカンレストラン。
行列の出来るパンケーキ専門店、 Clintong St. Baking Company & Restaurant
姉妹店。

天井の高いダイニングスペースの奥にキッチンがあり、
活気あるキッチンの様子を垣間みることができる。
サイド・ウォーク・オープンテラスで
行き交う人を見ながら太陽のもとで食事が楽しめる。

このレストランの特徴は、食材に対するこだわり。
遺伝子組み換えをしていない牧草で育てられた牛、
フリーレンジのトウモロコシで育てられたチキン、
魚は養殖ではなく天然ものが使われ、卵、小麦粉、
ミルク、チョコレートはすべてオーガニックだ。

予約は取らないレストランで、忙しい時間帯に行くと
待ち時間もかなり長くなる。平日でも朝からかなり
賑わっている。レストランと併設で、
フレッシュジュースの飲めるバーもある。


PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!www.pecopecony.com


e0107450_7483437.jpg
e0107450_7501184.jpg



e0107450_7502854.jpg
e0107450_7505140.jpg


是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-06-28 08:01 | アメリカ
2008年 05月 19日

Alchemy

56 Fifth Ave
Park Slope, Brooklyn
718-636-4385
Map

パークスロープにある「錬金術」という名前のレストラン&バー。
ニューヨークのローカル誌、タイムアウトでは、
2008年度の「ベスト・ブルックリン・ニューレストラン」にも選ばれた店。
人気ニューヨーク情報サイトでも、「最もほっこりする食事ができる店」に
選ばれるほどの人気。

レンガの壁にアンティークなインテリアをうまくコーディネートして
できた店内は薄暗く、落ち着いた感じ。 私服の店員、そして、
各テーブルに置かれた、不揃いの空きビンに飾られた花など、
かしこまっていないくだけた雰囲気はどこかオシャレだ。
オーナーのケビンさんはパークスロープに住んで数年、
自分の行きたいレストランやバーがないこのエリアに、
自ら開業することを決意。デザイナーや土木関係者を雇い、
金物屋だったロケーションを改装した。

バーでの食事と聞くとシンプルなバッファローウィングや
フレンチフライ、ステーキなどが思い浮かぶものだが、
この店のメニューはひと味違う。着飾らないが上品な
雰囲気、何度も足を運んで味わいたくなるメニューの数々は
フレンチのフレーバーをミックスしたアメリカン料理。
そんなメニューをオーナーのケビンさんは、
「アップスケール・バーフード」と定義する。

まず、はじめにご紹介したいのが、付け出しとして出てくる
チックピーのフライ。見た目も味もシンプルだが、
お酒の進むこの隠れた逸品は、ケビンさん自ら考案したという。

お勧めなのはオープン当時より変わらず提供している
「Duck Confit Cassoulet/ダックのコンフィ・カスレ」($19)と
「Alchemy Burger 」(13ドル)。このダックの一品は、
サクッとした皮と 程よく火の通ったジューシーでソフトな
鴨肉が魅力。肉に脂身が少ないため、あっさりとしていて食べやすい。
濃厚なグレービーソースのお陰でついついお酒が進んでしまう。
サイドにオーダーできるスカリオン入りマッシュポテトやグリルした
芽キャベツとの相性もぴったりだ。 皿に散りばめられた
ピンクペッパーコーンは見た目にも風味にもよいアクセントになっている。

バーガーは至ってシンプル。トマト、グリルドオニオンとレタスに
アンガスビーフのパテのコンビネーション。ベーコンとチーズが
追加トッピングとして頼める。ただしバンのサイズに似合わないほど
ボリュームのある具がダイナミックにもられて登場することになるので、
かぶりつくのには覚悟が必要。グリルしたオニオンの甘みが所々に現れ、
口の中を喜ばせてくれる。

食後のデザートにも力を入れている。中でも
Sticky Guinness Pudding (7ドル)は一番人気。
名前の通り、ギネスビールを使って作られている。
タフィーソースがたっぷりとしみ込んだプリンはしっとり仕上げ。
ほんのりとお酒の風味を感じる大人のデザートだ。

まだまだお店が増え続けているパークスロープはニューヨーカーの
人気スポットとして健在だ。このエリアの探索がてら、
こんな素敵なレストランでゆっくりと食事を楽しむのをお薦めしたい。
 


PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!www.pecopecony.com


e0107450_737016.jpg
e0107450_7371333.jpg

e0107450_737255.jpg
e0107450_7373714.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!





是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-05-19 07:38 | アメリカ
2008年 05月 14日

Southwest NY Restaurant

225 Liberty St.
2 World Financial Center
212- 945-0538
http://www.southwestny.com/
Map

ファイナンシャル・ディストリクト、グランドゼロの真西に
ワールドファイナンシャルセンター。アールデコの高層建築を
もとにした、ポストモダニズム建築が美しいアトリウム。
その脇、ハドソン川ウォーターフロントに店を構えるのがここ、
サウスウエスト・ニューヨークである。

赤と茶色のアースカラーでデザインされた店内を
抜けたそこには、410席あるという開放感
たっぷりのアウトドアダイニングスペース。
ハドソン河岸を一望出来、自由の女神も眺められる。
そんなウォーターフロントで、50種以上あるという
サウスウエスト・ニューヨーク自慢のストロベリー
フローズンマルガリータを一口。木陰からそそぐ
目映い初夏の日差し、すずやかな風が心地よくほほを
撫でてゆく。最高に贅沢な一口である。
 
プラザホテルでの経験を持つエグゼクティブシェフ、
ウェイド氏ご自慢の一皿は、ロブスタークラブとチーズバーガー。
元NY州知事ジョージ・パタキ氏も愛するというこの
ロブスタークラブ。たっぷりのロブスターと、
アボガド、ベーコン、レタス、トマトを7穀ブレッドで
挟んだボリュームサンド。チリマヨ味もさることながら、
カリカリベーコンと7穀の香ばしさ、とろけるアボガドの
まろやかさに、ロブスターのぷりぷりっぷり。
食感もたまらなく美味しい一皿。これで15ドルはお得感満点。
  

かわってこちら、品質保証管理された、アンガスビーフ使用
60%サーロインという、フレッシュさが自慢のチーズバーガー。
ミディアムにグリルされた、ジューシーなパテに、
ベーカリー「Tomcat」のほんのり甘いブリオッシュバンズ、
ちょっぴりホットなペッパージャックチーズとの
コンビネーションは抜群。 一番人気は、おなじみの
ナチョス。大皿に乗った大盛りナチョに、
チリコンカルネとチーズ、サワークリーム、
ワカモレがたっぷり。ピリリとホットな
ハラペーニョがたまらなくビールを誘う。
これで9ドルというのだから1日60皿も納得。


勿論、スポンジケーキにたっぷりの
スウィートミルクを浸した、トレスレーチェス。
アーモンドタコシェルにチョコレートとベリーが
たっぷり詰まった、レイスクッキータコ。
口の中でとろける濃厚クレームブリュレ。など、
スウィーツ大好き、マルガリータにぴったりなデザートも揃う。

4月から10月までの限定オープンのニューヨーク最大の
アウトドアカフェ。
初夏の風が心地よい今こそ、マルガリータ片手に、
友達と恋人と、NYの喧噪を忘れ、夕暮れ時に一息いかが?

PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!
www.pecopecony.com

e0107450_2111362.jpg
e0107450_2111534.jpg

e0107450_21121049.jpg
e0107450_21122695.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-05-14 21:13 | アメリカ
2008年 04月 07日

ELETTARIA

33 W 8th St
212-677-3833
www.elettarianyc.com
Map

グリニッジビレッジに3月にオープンした
コンテンポラリー・アメリカ料理店。
レストランの中に入ると、とても広いバーエリアが
広がり、その奥に、ダイニングエリア。
そして更に奥に進むとオープンキッチンがある。
レストランは床と天井に木が張り巡らされてある。
木のテーブルと椅子、壁の露出しているレンガと
とても自然な暖かみが感じられる。

オーナー兼シェフのアクター氏と共同オーナーのノエル氏は、
「客に食事、空間を気取らずに楽しんでもらいたい」
という想いから、オープンキッチンを選んだ。
そのレストランから創り出される料理は、
シェフアクター氏のルーツ、インドのスパイスを
食材にちりばめたアメリカ料理。

そして、「ドリンクもキッチンで作られる料理と
同じような発想で考えている」と語るワインと
ドリンクメニューを担当するノエル氏。
ミクソロジストのリネッタさんと伴に考える
カクテルは全てフレッシュ・フルーツを使い、
連日オープン前にそれらの準備を行う。
ドリンクを目当てに来るお客様も少なくないという。

オープンから連日予約で一杯というこのレストラン。
今迄のアメリカ料理の殻を破った、コンテンポラリースタイル、
スペシャルカクテル、おしゃれな空間が楽しめる場所だ。
 
PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!www.pecopecony.com

e0107450_1225463.jpg
e0107450_123624.jpg

e0107450_1232035.jpg
e0107450_1233131.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-04-07 01:23 | アメリカ
2008年 03月 26日

Avon Bistro

Avon Bistro
155 E. 52nd Street
(212) 752-9587
www.avonbistro.com
Map

ミッドタウンイーストにオープンした、アメリカン・ ビストロ。レストランに入ると、
ラウンジスペースとバーがあり、その奥にダイニングスペース、
そして一番奥にはセミプライベートルームがあり、パーティーなどにも最適だ。

バーメニューも28種類とバラエティーも豊富。Raw Barアイテムの、
オイスターも一つ、シュリンプカクテルもシュリンプ1匹からオーダする事が出来、
お好みに合わせて自分で組み合わせを楽しむことができる。

ディナーメニューの中に、バー・メニューも含まれており、
アピタイザーとしてそれらを頼むことも可能。前菜もシェアをしながら、
いろいろな物を食べたい!という方にはおすすめ。
ミッドタウンでありながら、お値段もお手頃ということもあり、
既に週に何回も訪れるリピーターの方もいらっしゃるとか。

エグゼクティブ・シェフKevin Cahillに初めて食事をする時の
おすすめを聞いてみた。レストランに行かれる時は是非参考どうぞ!

前菜
Sage Gnocchi
Brown Butter, Swiss Chard, Roasted Carrot, Aged Goat Cheese

Mussels
Curried Cream, Shallots


メインコース

Cashew Crusted Chicken
Warm Quinoa & Currant Salad with Spicy Chocolate Sauce

Grilled Double Thick Pork Chop
Horseradish Fries, Frisee Salad, Fig Vinaigrette

Sockeye Salmon with Crispy Skin
Roasted Garlic Cream, Swiss Chard, Wild Mushrooms

Cassoulet
Duck Confit, White Beans, Garlic Sausage, Pork Loin



PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!www.pecopecony.com

e0107450_14495253.jpg
e0107450_14502155.jpg

e0107450_14503547.jpg
e0107450_14534471.jpg




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へもひとつおまけにこちらもクリック!!恐縮です
[PR]

by pecopecony | 2008-03-26 14:52 | アメリカ
2008年 03月 07日

The Tasting Room

264 Elizabeth St.
212-358-7831
thetastingroomnyc.com
Map

ローアーイーストサイドにあるコンテンポラリーアメリカン料理の店。
レンガと白い木目調のインテリアが印象的な店だ。所々に飾ってある
アートも品良く、オシャレな店の雰囲気にうまく調和している。

The Tasting Roomの料理は、「コンテンポラリー」といっても
ただ単に「新しい」料理というわけではない。この店のこだわりは
ローカルの味。「素材は地元で採れたものにこだわる」という意味でも
「ローカル」を大切にしているのだが、それだけではない。
ここでは古き良きアメリカの料理を再構築しながら、
更に1ランク上の料理に昇華させることに挑戦している。
つまりアメリカ発祥の料理をベースにするといった意味でも
「ローカル」を大切にしているのだ。例えばポークチョップに
グレービーソースが添えられたものやステーキと目玉焼きの一品など、
メニューからはスタンダードな雰囲気すら感じさせるが、
鮮な素材とそれを活かした調理法で予想を超えた感動を
与えてくれるアメリカ料理を実現している。

ローカルの素材へのこだわりはメニューに顕著に現れている。
その季節に最も旬な素材を提供するために、毎日メニュー
を変えている。また、ローカルの素材にアクセント与えるために
水菜や春菊などのNYでは珍しい食材取り入れ、飽きのこない
メニューに仕上げるものもある。私たち日本人にしてみれば
定番の野菜たちも全く違う調理法と味付けで新たな発見が
できるのも刺激的だ。定期的にある程度の期間同じように
用意している品目もあるが、鶏肉などのベーシックな素材でさえ、
時期でないと判断すればメニューから外される。

加えて、驚くべきこだわりが地下の貯蔵庫に隠されている。
なんとそこには、下ごしらえもされていない、猟ったままの
鹿や鴨が所狭しと保存されているのだ。シェフはメニューに
合わせて必要な部位を自らカットでき、旬の素材を最も
適した形で提供する事を可能にしている。ここまでのこだわりを
実現できているレストランはニューヨークにも少ないだろう。

勿論ワインのメニューにも同様のこだわりを見せる。
1週間おきに食事のメニューに合わせてアップデートされる
ワインリストはアメリカ産のものを中心に構成されている。
その中でもローカルの小さなレーベルに注目することで少量の
ワインを購入するというコンセプトが出来上がった。
その結果、在庫を抱えずに頻繁にワインリストを変えることが
可能になっているのだ。

この古くて新しいアメリカの味を体験できる店では、
訪れる度に違う刺激に出会えることだろう。
www.pecopecony.com

e0107450_11415575.jpg
e0107450_1142530.jpg

e0107450_11421864.jpg
e0107450_1142299.jpg


人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へもひとつおまけにこちらもクリック!!恐縮です
[PR]

by pecopecony | 2008-03-07 11:42 | アメリカ
2008年 02月 26日

Cafe Notte

1626 Second Ave.
212-288-5203
www.nottewinebar.com
Map

アッパーイーストにできたワインバー。木とレンガのコーディネート、
そしてシャンデリアが印象的な店だ。

入り口付近のバーカウンターの横を抜けるとゆったりとスペースを取った
テーブル席が壁沿いに並ぶ。このワインバーの特長はバラエティー豊かな
各国のワインを気軽に楽しめるところ。25種類以上のグラスワインに加えて、
$25以上のワインを10種類以上、$40以下のボトルを40種類用意している。
勿論、ワイン好きを満足させるためリザーブワインも各種取り揃える。


食べ物はワインに合うおつまみを各種揃えている。フレッシュでオーガニックな
素材をグリーンマーケットから取り入れ、
シンプルで素材の味を生かしたメニューを用意する。

リビングルームと名付けられたプライベートスペースは電話予約が可能。
気の合う仲間と気兼ねせずに楽しむのに最適だ。
また、ローカルコミュニティーを大切にし、
ライブミュージックや子供のためのイベントを
頻繁に開催しているのもこの店の特長。ディナーの後の
2件目にフラッと立ち寄るのに最適な店だ。




www.pecopecony.com

e0107450_12331870.jpg
e0107450_12334040.jpg

e0107450_12335337.jpg
e0107450_1234424.jpg



人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へもひとつおまけにこちらもクリック!!恐縮です
[PR]

by pecopecony | 2008-02-26 12:34 | アメリカ
2008年 02月 11日

Big Daddy's Diner

1596 2nd Ave
212-717-2020
bigdaddysnyc.com

Map

アッパー・イーストサイドに出来たアメリカンダイナー。
古き良きアメリカをイメージした店内は、ブリキのおもちゃ、
ペナント、映画スターの古い写真が壁中にはりめぐらされていて、
一歩足を踏み入れた瞬間にまるで別世界に来た錯覚をおこしそうになる。

レストランはとてもキッズ・フレンドリー。
アパートが立ち並ぶ場所柄、近所の住人が多く利用し、子供連れのお客様も多い。
入り口にはベビーカーを置けるスペースがあり、きちんと
「パーキング」のサインが書かれている。キッズメニューもあり
飲み物がついて$7.95ととてもお得。
食べ物を待っている間、子供達が退屈しないように
塗り絵も用意されている。

メニューのラインアップは、子供だけではなく大人も
大満足間違いなし。それらはアメリカンダイナーを象徴するものばかり。
朝食メニュー、パンケーキ、バーガー、サンドイッチからはじまり、
スイーツにはサンデー、バナナスプリットやシェイクとなんでもあり。

カラフルな店内は入った瞬間に楽しくなる。
子供はもちろんのこと、大人も童心に返って
楽しめるレストランだ。



www.pecopecony.com



e0107450_359654.jpg
e0107450_3591953.jpg

e0107450_359329.jpg
e0107450_3594615.jpg

写真はこちらから。MORE PHOTOS!





人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へもひとつおまけにこちらもクリック!!恐縮です
[PR]

by pecopecony | 2008-02-11 04:00 | アメリカ