カテゴリ:ギリシャ( 7 )


2009年 03月 31日

Elias Corner

2402 31st St
Astoria, NY 11102
(718) 932-1510
Map

クィーンズアストリアのN、Wラインが走る31stストリートと
24thアベニューの角にポツンとあるギリシャレストラン。
隣接するレストランもなく夜になるとあまり明るくないこの場所で
「Elias Corner」とサインの書かれた青い看板が目印だ。

レストランに入ると、レッドスナッパー、ポーギー等新鮮な魚が
陳列棚に並んでいる。食材の鮮度を包み隠さず正々堂々と
お客様に見てもらいたいというレストランの意気込みが感じられる
ディスプレーだ。

陳列棚の奥には、オープンキッチン風のグリルがあり、
ほとんどの料理がそこで調理される。アストリアのギリシャレストランでは
決して珍しくはなく、多くのレストランが同様のスタイルで料理を提供している。

このレストランの特長はなんといってもメニューが無いこと。
その日のアペタイザー、アントレのメニュー、サイドオーダーを
すべて口頭でウエイトスタッフが説明してくれる。
しかし、その際に値段の説明はないので、値段を先に知りたい場合は
メニューを説明してくれている時に確認するのが吉。

メニューの8割はシーフード。タラモサラダ、たこのグリルなどの
定番メニューはもちろんのこと、メインの新鮮な魚を豪快に
丸ごとグリルしたものが人気だ。また、チキン、ビーフ、ラムと肉料理もあるが、
こちらもグリルしたものにレモンをたっぷりかけてあっさり頂くという
シンプルなメニューとなっている。

メニューなし!クレジットカード支払いなし!(現金のみ)と、
通常のレストランに比べて少々不便に感じないでもないが、
「味がよければすべてよし!」という常連さんで常に賑わっているレストランだ。

e0107450_22503599.jpg
e0107450_22505875.jpg

e0107450_3155973.jpg
e0107450_13284862.jpg

[PR]

by pecopecony | 2009-03-31 03:08 | ギリシャ
2008年 06月 26日

Barbounia

250 Park Ave S
www.barbounia.com
212-995-0242
Map

ギリシャで人気の魚、バーボーニアがレストラン名の
パークアベニューにある地中海レストラン。
中に入ると高い天井に広々とした店内。クリーム色の
柔らかい壁にブルーの椅子が地中海の雰囲気も醸し出している。

2006年にオープンして以来、連日ランチ、ディナー、
ブランチと多くのお客さまが訪れている。その人気の秘密を
ジェネラルマネジャーのアドニス氏に聞くと、
「質の高いサービスと料理、そして、
パークアベニューレストランにしては、
とてもリーズナブルな値段 」と自信の回答。

メニューのコンセプトは、ギリシャをベースにした、
スペイン、イタリア、トルコ、モロッコ、イスエルと
各国の料理の要素を取り入れた地中海料理。
この地域の近隣諸国は同じ食材を使った料理が多い。
特定の一カ国の料理とするのではなく、
地中海全体の料理が楽しめる場所で
ありたいと考えている。

まず前菜としておススメなのは、
ホームメイドのフラットブレッドをハモス、
タジキ、タラモサラダ、スパイシーフェタなどを
ディップしていただくメゼ(ギリシャ、トルコ料理などの前菜の意味)。
何種類かをオーダーしていろいろな味を楽しむのもよい。
どのディップもフレッシュで、前菜からついついパンを
食べ過ぎてしまうので要注意。

地中海料理の定番料理。伝統の食材を使いながらも、
この店独自のツイストが加えられている。
ひよこ豆にシラントロ、パセリ、空豆がミックスされた
フラッフル。また、スペイン料理のタパス料理では人気の
Gambas Al Ajillo (シュリンプのガーリックオイル煮) を
思わせる、Terra Cotta Shrimpは、熱々のオリーブオイルで
調理されたエビだがスペインのそれとは違い、
レモンがたっぷり入っていて、油っぽくない。

白ワインを飲みながら数種類の前菜をいろいろ
オーダーするのもオススメ。友達同士やグループ、
そしてデートにも最適のレストランだ。

PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!
www.pecopecony.com

e0107450_1483020.jpg
e0107450_1484492.jpg

e0107450_149596.jpg
e0107450_1492051.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-06-26 01:49 | ギリシャ
2008年 05月 26日

Cavo

42-18 31st Ave
Astoria, NY
718-721-1001
Map

クィーンズ、アストリアにある巨大グリークレストラン。
アストリアのグリークレストランは、家族経営で
小さな店が多い。また、ラウンジも多いが、
食事を楽しめるところは少ない。食事も楽しめ、
ライブリーなラウンジの雰囲気も楽しめる場所がここだ。

もともと9年前にラウンジとしてオープンしたが、その後
店裏の5つのパーキングガレージ、隣の2つのアパートを買い取って改装した。
その結果、バックヤード、1階、中2階のダイニングスペース、
ラウンジスペースのあるアストリアで最大のレストランへ見事変身したのだ。

「CAVO」の料理の特徴は、ギリシャ料理の
伝統を守りながら、モダンなタッチを食材、
プレゼンテーションに取り入れているところだ。アペタイザーメニューは、
「Small Plates」、「From the Land (肉類)」、「From the Sea (魚介類)」、
「Salads」というカテゴリーに別れており、全部で約20種類。
メインコースは、手作りパスタ、肉、魚のカテゴリーで、
各3−4種類ある。アペタイザーを何種類かオーダーして、
シェアをして食べる客が多い。

アペタイザーで人気のメニューは、「From the Sea」の
イカのリゾット詰めとタコのグリル。イカのリゾット詰めは、
海老と野菜のリゾットが柔らかく海老のほんのり甘い風味が広がる。
キュウリのみじん切りとパインナッツはフレッシュで
ぷりぷりイカの歯ごたえも楽しむことができる。
タコグリルは、ホワイトワインビネガーで45分蒸し焼きにされ
柔らかくなったタコをグリルし、チックピーとポテトとあえたもの。
香ばしいタコの柔らかさに驚かされながら、
噛めば噛む程、口の中に広がるタコの風味に思わず白ワインが欲しくなる。
メインコースの魚料理は、魚の丸焼き。
フィレにはしていないが、食べやすいように魚の骨が
取り除かれてある。魚の種類はその日にとれた新鮮な物が
使われるので、ウエイトスタッフが何があるかを伝えてくれる。

ワインはギリシャワインを中心に、カリフォルニア、
イタリア、フランスのワインを常時40から50種類取り揃えている。
ボリュームを多く持つことでセラーに眠っているワインを増やすよりも、
本数を少なくしてどんどんワインをさばく事により、
新しい味のワインを意欲的に取り入れていく方針だ。

アストリアの住人のみならず、遠方からもグリーク料理と
レストランの空間を楽しみに多くの人が訪れる。
無料のパーキングもあり。早い時間に行き、
ゆっくり落ち着いた雰囲気で食事を楽しむのもよし。
また、遅い時間から繰り出し、ドリンクと小皿料理を楽しむもよし。
客層を選ばない、誰もが楽しい時を過ごせるレストランだ。

PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!
www.pecopecony.com

e0107450_348034.jpg
e0107450_3481830.jpg

e0107450_348342.jpg
e0107450_3485135.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-05-26 03:49 | ギリシャ
2007年 11月 04日

Zenon Taverna

34-10 31 Avenue Astoria, NY 11106
212-956-0133
zenontaverna.com/index.html
Map

Zenon Tavernaは、ギリシャ人街のアストリアで1988年から続くギリシャ・キプロスレストラン。オープン以来パパジョウジウ一家が、家族一丸となり切り盛りしてきたレストラン。ヘッドシェフはお父さん。かつてキプロス島一の有名シェフで、キプロス大統領がわざわざアストリアまで足を運んだほどの腕前。

目玉はなんと言ってもキプロス伝統のMezedes(メゼデス)と呼ばれる前菜。冷製Mezeの後に温製のMezeが続く。全部で16皿にも及ぶMezeは、1人$17.95〜と良心的。女性なら3人で2人分をオーダーするくらいがちょうどいい量かもしれない。

素材はフレッシュなものばかりを選りすぐっている。その日フルトンフィッシュマーケットで一番良い値の最高品質のみ仕入れてくるという蛸は、その軟らかさにビックリ! オリーブオイルとビネガーを基調にさっぱりとした味付けで日本人の口によくあう。

キプロスの伝統料理を気軽に楽しめるZenon Taverna。マンハッタンから、ブルックリンから是非足を運んでみたいレストランだ。




www.pecopecony.com

e0107450_1492975.jpge0107450_1494352.jpg


e0107450_1495829.jpge0107450_1501218.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!





人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

Please Click Here!
[PR]

by pecopecony | 2007-11-04 01:50 | ギリシャ
2007年 10月 20日

ATHENS TAVERN

23-01 31st Street
Astoria NY
718-267-0800
Map

アストリアは、言わずと知れたギリシャ人の街。そこに、新しいギリシャレストランがオープンした。あまたあるギリシャレストランだが、このレストランは、本場ギリシャから来たシェフの料理が味わえる。それだけではなく、とてもヘルシーな料理が頂ける。

 その秘密は、新鮮なハーブをふんだんに使用し香り豊かな料理に仕上げているところ、そして、通常ソースにはバターがたっぷり使われて脂肪分が多くなるところを、ポテトやズッキーニ等の野菜をすりつぶして、コクがあり深みのあるソースを作り出しているところにある。

 ギリシャ料理の定番とも言える、タラモサラダは口のなかでプチプチした感触が味わえ、小魚のフライのトッピングと絡み、前菜ながらも存在感のある仕上がりになっている。そして、通常は普通のパンが出てくるところを、シェフが生み出した独自の、イナゴマメで出来たパンが出てくる。小麦粉を使う代わりに、イナゴマメをすりつぶして作っている逸品。

 エビ・イカ・タコ・ムール貝とふんだんに新鮮なシーフードを使ったパスタは、お米の様な形をしたパスタを使用しているため、リゾットに近いボリュームがある。そして、焼き魚の鯛には、野菜が刻まれたソースにガーリックがよく効いていて、さっぱりした中にもコクがある料理になっていて、丸ごと1匹、キレイに食べられてしまう。

そして、メインにはウサギ。ギリシャではポピュラーなウサギ。日本人にはあまり馴染みがないウサギだが、ほとんどチキンと変わらなくアッサリしている。付け合せには、スイートポテトをマッシュしたものにシナモンが効いている。意外とも思える甘めのポテトが、お肉のボリューム感を抑えてくれる。

デザートには、サクサクッとしたパイにリンゴの煮たものがサンドされたもの。甘さが強いイメージのあるギリシャのデザートだが、このデザートはそのイメージを一新してくれる、甘さ控えめのデザート。付け合せには、ゴマのムース。ムースと言ってもほとんどゼリーに近い。
 
料理の他にも、美味しいギリシャワインがもちろん楽しめる。やはり、美味しいシーフード料理に合わせ、白ワインの種類も豊富。マイルドなものからスッキリドライなワインまで、料理に合わせて楽しめる様になっている。もちろん、白だけでなく赤ワインやデザートワインも楽しめる。

ギリシャ料理激戦区のアストリアに新規参入するだけあって、どの料理も伝統的なギリシャの味プラスアルファが楽しめる、新しいギリシャレストラン。まだギリシャ料理を食べたことがない人も、既にギリシャ料理を知っていると思う人も、このレストランで新しいギリシャ料理に出会ってほしい。



www.pecopecony.com


e0107450_715154.jpge0107450_7152549.jpge0107450_7154717.jpge0107450_7162623.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!





人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

Please Click Here!
[PR]

by pecopecony | 2007-10-20 07:16 | ギリシャ
2007年 06月 25日

Athena Restaurant

33-12 36th Ave
Astoria, NY
718-729-4945
Map

アストリアにたくさんのギリシャレストランはあるけれど、ここまで高級感のあるレストランはなかったのではないか?・・・と思わせる「アシーナ・レストラン(Athena restaurant)」。白と黒を基調にしたインテリアに、奥の壁はアテネの景色が一面に広がり、そこは既にギリシャにいる気分になれる。

アルゴラにヤギのチーズ、スライストマト、バルサミコとオリーブオイルをかけたサラダは、シンプルだけど深みのある味わいになっている。ヤギのチーズというと臭いがキツイと思うかもしれないが、全く臭みは無い。バルサミコが野菜の素朴な味にメリハリを付けてくれる。オクトパスサラダは、外側がパリパリなのに内側はソフトで絶妙な食感。メインは、ナスを焼いて挽いた物の上に焼きチーズにトマトを乗せた料理。チーズ自体は塩気があるが、バルサミコの甘酸っぱさが余分な塩気を消し、更にナスのソフトな食感と混じり、色々な味と食感が一度に楽しめる様に作られている。またパンには、オニオン・レッドペッパー・ガーリックから作られた、淡いオレンジ色をしたシェフオリジナルのディップがついてくる。

料理は全て、目で、そして更に舌でも楽しめる、洗練された品ばかり。どの料理も素材を活かし、ヘルシーで上品な仕上がりになっている。それもそのはず、マンハッタンに数店ある人気のギリシャレストランを立ち上げてきた、凄腕シェフのお店なのだ。

土曜日にはライブミュージックを楽しみながら食事を楽しめる。また、料理と一緒にハイスタンダードでキリリとしたギリシャの白ワインを頂くのもおススメ。
今月末から改装工事のため、数週間お休みになってしまうのでご注意。バーカウンターを設け、新装オープンしてから行くことをおススメする。



www.pecopecony.com


e0107450_5105378.jpge0107450_511740.jpge0107450_5112371.jpge0107450_5113657.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!



ニューヨークのレストラン情報はペコペコ!



[PR]

by pecopecony | 2007-06-25 04:26 | ギリシャ
2006年 12月 31日

Greek Captain Seafood Restaurant

32-10 36th Ave.(bet 32nd & 33rd St.)
Astoria, NY
718-786-6015
Map


おいしいシーフードが食べたい!と思ったらクィーンズ、アストリアのグリーク・キャプテン!地元のファンに人気で、平日でも家族連、カップル、友達同士のグループがぞくぞくやってくる。

店に入ると、思わず魚屋?と思うほど、氷の上にドドーンと本日のお魚達、そして、ホタテやエビも並んでいる。

メインコースをオーダーすれば、アツアツのガーリック・トーストが出てくる。そして、サラダもついてくるので、メインディッシュがくる前にお腹が一杯にならないように、腹八分めに!

人気の一品は、身のつまった、アラスカン・キング・クラブ。フォークで食べごたえのある、かに肉でをとり出してパクリ。卓上に置いてある、バルサミック酢とレモンをたっぷりかけて食べるのが通。(素焼きで、ポン酢という手もあるが、ポン酢はないので、MY ポン酢持参の事!)

www.pecopecony.com


e0107450_9524321.jpg


e0107450_9543656.jpg


e0107450_9532573.jpg


e0107450_9534635.jpg




ニューヨークのレストラン情報はペコペコ!
[PR]

by pecopecony | 2006-12-31 09:50 | ギリシャ