<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 26日

Cavo

42-18 31st Ave
Astoria, NY
718-721-1001
Map

クィーンズ、アストリアにある巨大グリークレストラン。
アストリアのグリークレストランは、家族経営で
小さな店が多い。また、ラウンジも多いが、
食事を楽しめるところは少ない。食事も楽しめ、
ライブリーなラウンジの雰囲気も楽しめる場所がここだ。

もともと9年前にラウンジとしてオープンしたが、その後
店裏の5つのパーキングガレージ、隣の2つのアパートを買い取って改装した。
その結果、バックヤード、1階、中2階のダイニングスペース、
ラウンジスペースのあるアストリアで最大のレストランへ見事変身したのだ。

「CAVO」の料理の特徴は、ギリシャ料理の
伝統を守りながら、モダンなタッチを食材、
プレゼンテーションに取り入れているところだ。アペタイザーメニューは、
「Small Plates」、「From the Land (肉類)」、「From the Sea (魚介類)」、
「Salads」というカテゴリーに別れており、全部で約20種類。
メインコースは、手作りパスタ、肉、魚のカテゴリーで、
各3−4種類ある。アペタイザーを何種類かオーダーして、
シェアをして食べる客が多い。

アペタイザーで人気のメニューは、「From the Sea」の
イカのリゾット詰めとタコのグリル。イカのリゾット詰めは、
海老と野菜のリゾットが柔らかく海老のほんのり甘い風味が広がる。
キュウリのみじん切りとパインナッツはフレッシュで
ぷりぷりイカの歯ごたえも楽しむことができる。
タコグリルは、ホワイトワインビネガーで45分蒸し焼きにされ
柔らかくなったタコをグリルし、チックピーとポテトとあえたもの。
香ばしいタコの柔らかさに驚かされながら、
噛めば噛む程、口の中に広がるタコの風味に思わず白ワインが欲しくなる。
メインコースの魚料理は、魚の丸焼き。
フィレにはしていないが、食べやすいように魚の骨が
取り除かれてある。魚の種類はその日にとれた新鮮な物が
使われるので、ウエイトスタッフが何があるかを伝えてくれる。

ワインはギリシャワインを中心に、カリフォルニア、
イタリア、フランスのワインを常時40から50種類取り揃えている。
ボリュームを多く持つことでセラーに眠っているワインを増やすよりも、
本数を少なくしてどんどんワインをさばく事により、
新しい味のワインを意欲的に取り入れていく方針だ。

アストリアの住人のみならず、遠方からもグリーク料理と
レストランの空間を楽しみに多くの人が訪れる。
無料のパーキングもあり。早い時間に行き、
ゆっくり落ち着いた雰囲気で食事を楽しむのもよし。
また、遅い時間から繰り出し、ドリンクと小皿料理を楽しむもよし。
客層を選ばない、誰もが楽しい時を過ごせるレストランだ。

PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!
www.pecopecony.com

e0107450_348034.jpg
e0107450_3481830.jpg

e0107450_348342.jpg
e0107450_3485135.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-05-26 03:49 | ギリシャ
2008年 05月 19日

Alchemy

56 Fifth Ave
Park Slope, Brooklyn
718-636-4385
Map

パークスロープにある「錬金術」という名前のレストラン&バー。
ニューヨークのローカル誌、タイムアウトでは、
2008年度の「ベスト・ブルックリン・ニューレストラン」にも選ばれた店。
人気ニューヨーク情報サイトでも、「最もほっこりする食事ができる店」に
選ばれるほどの人気。

レンガの壁にアンティークなインテリアをうまくコーディネートして
できた店内は薄暗く、落ち着いた感じ。 私服の店員、そして、
各テーブルに置かれた、不揃いの空きビンに飾られた花など、
かしこまっていないくだけた雰囲気はどこかオシャレだ。
オーナーのケビンさんはパークスロープに住んで数年、
自分の行きたいレストランやバーがないこのエリアに、
自ら開業することを決意。デザイナーや土木関係者を雇い、
金物屋だったロケーションを改装した。

バーでの食事と聞くとシンプルなバッファローウィングや
フレンチフライ、ステーキなどが思い浮かぶものだが、
この店のメニューはひと味違う。着飾らないが上品な
雰囲気、何度も足を運んで味わいたくなるメニューの数々は
フレンチのフレーバーをミックスしたアメリカン料理。
そんなメニューをオーナーのケビンさんは、
「アップスケール・バーフード」と定義する。

まず、はじめにご紹介したいのが、付け出しとして出てくる
チックピーのフライ。見た目も味もシンプルだが、
お酒の進むこの隠れた逸品は、ケビンさん自ら考案したという。

お勧めなのはオープン当時より変わらず提供している
「Duck Confit Cassoulet/ダックのコンフィ・カスレ」($19)と
「Alchemy Burger 」(13ドル)。このダックの一品は、
サクッとした皮と 程よく火の通ったジューシーでソフトな
鴨肉が魅力。肉に脂身が少ないため、あっさりとしていて食べやすい。
濃厚なグレービーソースのお陰でついついお酒が進んでしまう。
サイドにオーダーできるスカリオン入りマッシュポテトやグリルした
芽キャベツとの相性もぴったりだ。 皿に散りばめられた
ピンクペッパーコーンは見た目にも風味にもよいアクセントになっている。

バーガーは至ってシンプル。トマト、グリルドオニオンとレタスに
アンガスビーフのパテのコンビネーション。ベーコンとチーズが
追加トッピングとして頼める。ただしバンのサイズに似合わないほど
ボリュームのある具がダイナミックにもられて登場することになるので、
かぶりつくのには覚悟が必要。グリルしたオニオンの甘みが所々に現れ、
口の中を喜ばせてくれる。

食後のデザートにも力を入れている。中でも
Sticky Guinness Pudding (7ドル)は一番人気。
名前の通り、ギネスビールを使って作られている。
タフィーソースがたっぷりとしみ込んだプリンはしっとり仕上げ。
ほんのりとお酒の風味を感じる大人のデザートだ。

まだまだお店が増え続けているパークスロープはニューヨーカーの
人気スポットとして健在だ。このエリアの探索がてら、
こんな素敵なレストランでゆっくりと食事を楽しむのをお薦めしたい。
 


PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!www.pecopecony.com


e0107450_737016.jpg
e0107450_7371333.jpg

e0107450_737255.jpg
e0107450_7373714.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!





是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-05-19 07:38 | アメリカ
2008年 05月 19日

Janna Restaurant

35-03 Broadway Astoria NY
11106
718-777-0052Map

アストリアのモロッコ料理レストラン。この辺りではめずらしいビュフェスタイルのレストラン。$9.95+tax+tipで、ソフトドリンクがついてなんと食べ放題。金曜日は、モロッコの代表料理クスクスのスペシャルメニューもあり。現在まだリカーライセンスがないので、BYOBもOK!金曜日、土曜日は中東音楽のライブ演奏が朝4時までづつく。

PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!www.pecopecony.com

e0107450_0203414.jpge0107450_0205118.jpg

e0107450_021489.jpge0107450_0235284.jpg



是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-05-19 00:25 | モロッコ
2008年 05月 15日

Yum Yum Bangkok

650 9th avenue
212-262-7244

www.yumbangkoknyc.com

Map

ミッドタウンウエスト、ヘルズキッチンの角に店を構えるタイ料理店、
ヤムヤムバンコク。リーズナブルな値段で手軽にタイ料理を
楽しめるため、開店から閉店まで賑わう人気店。
一人で来店するお客さんも多く見られる程店内は賑わう。

人気のパッタイは、甘さと辛さ、ほんのり爽やかな
酸味が食欲をそそる。さっぱりパパイヤサラダ、
バジルの香りが堪らなエビの炒め物、クラプロウ。
甘さと辛さの絶妙ココナッツチキンスープ、トムカーガイ。
マンゴーが添え、スウィートスティッキーライスの
ココナッツソースがけは、お腹いっぱいでも思わずスプーンが
伸びてしまうオススメデザート。

どれも全てNY現地テイストにあわせ辛さ控えめだが、
勿論辛いものスキさんは激辛本場タイテイストのオーダーも可能。

そんなスパイシーなタイ料理と相性抜群なのがこのカクテル
「サバイ サバイ」さとうきび95%、
タイ白米5%原材料として作られ、タイで親しまれる
蒸留酒「メコン」を使ったオリジナルカクテルだ。
ライムジュースの酸味、芳醇なメコンの甘みに
タイバジルの香りがそこはかとなく鼻腔をくすぐる。
甘過ぎないシトラス風味の後味スッキリ感が、
これからの季節にぴったり。まだNYに出回っていない
このサバイ サバイ ここyum yum bangkokで
間もなく飲める様になるという。 
初夏が香る爽やかな一杯、是非一口お試しあれ。 


PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!www.pecopecony.com

e0107450_12431250.jpg
e0107450_12432470.jpg

e0107450_12433682.jpg
e0107450_12434820.jpg



是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-05-15 12:44 | タイ
2008年 05月 14日

Southwest NY Restaurant

225 Liberty St.
2 World Financial Center
212- 945-0538
http://www.southwestny.com/
Map

ファイナンシャル・ディストリクト、グランドゼロの真西に
ワールドファイナンシャルセンター。アールデコの高層建築を
もとにした、ポストモダニズム建築が美しいアトリウム。
その脇、ハドソン川ウォーターフロントに店を構えるのがここ、
サウスウエスト・ニューヨークである。

赤と茶色のアースカラーでデザインされた店内を
抜けたそこには、410席あるという開放感
たっぷりのアウトドアダイニングスペース。
ハドソン河岸を一望出来、自由の女神も眺められる。
そんなウォーターフロントで、50種以上あるという
サウスウエスト・ニューヨーク自慢のストロベリー
フローズンマルガリータを一口。木陰からそそぐ
目映い初夏の日差し、すずやかな風が心地よくほほを
撫でてゆく。最高に贅沢な一口である。
 
プラザホテルでの経験を持つエグゼクティブシェフ、
ウェイド氏ご自慢の一皿は、ロブスタークラブとチーズバーガー。
元NY州知事ジョージ・パタキ氏も愛するというこの
ロブスタークラブ。たっぷりのロブスターと、
アボガド、ベーコン、レタス、トマトを7穀ブレッドで
挟んだボリュームサンド。チリマヨ味もさることながら、
カリカリベーコンと7穀の香ばしさ、とろけるアボガドの
まろやかさに、ロブスターのぷりぷりっぷり。
食感もたまらなく美味しい一皿。これで15ドルはお得感満点。
  

かわってこちら、品質保証管理された、アンガスビーフ使用
60%サーロインという、フレッシュさが自慢のチーズバーガー。
ミディアムにグリルされた、ジューシーなパテに、
ベーカリー「Tomcat」のほんのり甘いブリオッシュバンズ、
ちょっぴりホットなペッパージャックチーズとの
コンビネーションは抜群。 一番人気は、おなじみの
ナチョス。大皿に乗った大盛りナチョに、
チリコンカルネとチーズ、サワークリーム、
ワカモレがたっぷり。ピリリとホットな
ハラペーニョがたまらなくビールを誘う。
これで9ドルというのだから1日60皿も納得。


勿論、スポンジケーキにたっぷりの
スウィートミルクを浸した、トレスレーチェス。
アーモンドタコシェルにチョコレートとベリーが
たっぷり詰まった、レイスクッキータコ。
口の中でとろける濃厚クレームブリュレ。など、
スウィーツ大好き、マルガリータにぴったりなデザートも揃う。

4月から10月までの限定オープンのニューヨーク最大の
アウトドアカフェ。
初夏の風が心地よい今こそ、マルガリータ片手に、
友達と恋人と、NYの喧噪を忘れ、夕暮れ時に一息いかが?

PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!
www.pecopecony.com

e0107450_2111362.jpg
e0107450_2111534.jpg

e0107450_21121049.jpg
e0107450_21122695.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-05-14 21:13 | アメリカ
2008年 05月 12日

HEALTHY NIBBLES ORGANIC SNACKS & JUICE BAR

305 Flatbush Avenue
Brooklyn NY 11217
718-636-5835
Map

ブルックリンのパークスロープ周辺、フラットブッシュアベニューにある、
オーガニック食材を多く使ったベジタリアンフードの店。店の半分には
アートと工芸品のショップを併設。メニューは、バーガーやサンドウィッチ
、そしてフレッシュなフルーツや野菜を使ったジュースとスープが中心。
フレッシュジュースにミックスするトッピングには、ケールや
ビート(甜菜/てんさい)など栄養満点の食材も。また、ベジタリアン用の
カップケーキという珍しい一品もある。

ベジタブルバーガーはお勧めの一品。ヘルシーな一品と思いきや意外と
ボリュームがある。サイドにオーダーできるポテトフライもヘルシーに
カノーラ油を使用。お好みのフレッシュドリンクと頂くと昼食にピッタリだ。

また、この店の隠れたポイントは無線インターネットへのアクセス。
ラップトップを持ち込んで、美味しいランチはいかが?


PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!www.pecopecony.com

e0107450_13572220.jpg
e0107450_13573978.jpg

e0107450_1357563.jpg
e0107450_13581273.jpg




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-05-12 13:59 | ベジタリアン
2008年 05月 01日

Chimichurri Grill

606 Ninth Ave
www.chimichurrigrill.com
212-586-8655
Map

ヘルズキッチン、シアターディストリクトにある
アルゼンチン料理店。オーナーのカルロスさんと
奥さんのアリシアさんが10年間この場所で変わらぬ
アルゼンチンの味を提供している。

「うちのレストラン、NYの小さなブエノスアイレスなんだ」と語るのは、
週に7日、連日休まず厨房に立つカルロスさん。新鮮な食材は
すべて自分の目で確かめてから買うというこだわり。
アットホームな雰囲気で、地域の常連客は勿論、
NYを訪れる観光客も沢山レストランにやってくる。
店内には心地よいタンゴの音楽が流れる。

アペタイザーで人気があるのは、 Empanadas(エンペナーダス)。
パン生地の中に野菜や、ひき肉の入ったギョウザのような食べ物。
これに、ガーリック、パセリ、オイルをミキサーにかけて作った
チュミチリソースを付けていただく。中身が野菜でもお肉でも
どちらでも合うソースだ。

アントレで人気があるのは、もちろんステーキで、こちらも
アルゼンチンの代表料理。牛肉はすべてオーガニックのものを使用。
肉は、炭で熱々にされた表面にオウトツのある鉄板上で調理される。
直火が当たらず、まんべんなく焼け、へこんだ部分に余分な油も落ちる。

温かいチュミチリソースとグリルされたカリフラワーが添えられた、
ハンガーステーキ(Vacio de Pergamino con Coliflores Quemadas)。
程よい油分と甘みを含んだカリフラワーのコンビネーションは絶品。
また、 そのポレンタ(Polenta)スティックとチーズソースが添えられたプライム・フィレ・ミニォン(Lomo Fino Pampeano)は、チーズソースを付けたポレンタスティックを食べ、そのあとに肉を食べるとなんともバランスのとれた組み合わせになる。イタリアや南米ではおなじみのコーンフラワーで作られたPolenta(ポレンタ)をフライにしたこのスティックは、ちょっとプチプチした食感が特徴。

これらの食事を最高に引き立てるのが、ソムリエのアリシアさんが
厳選したアルゼンチンワイン。一年に1万本も生産していないと
いう小規模なブティックワイナリーのワインを仕入れている。
ステーキによく合うマルベック種が多数取り揃えられており、
ワインショップでも販売していないものばかりだ。

シアターディスリクトに近いので、8時前はミュージカルに
行く予定の客で店内は大賑わい。その時間帯に行く方は、
予約をするのがベター。8時以降はゆったりと食事ができる。
とてもフレンドリーなレストランなので、友達同士で、カップルで、
1人旅でも気軽に立ち寄れる温かいレストランだ。


PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!www.pecopecony.com

e0107450_4341243.jpg
e0107450_4343363.jpg

e0107450_4344975.jpg
e0107450_435511.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-05-01 04:36 | アルゼンチン