<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 28日

Shochu Bar Hacchan

210 East 44th Street
212-687-5057
www.shochubarhatchan.com
Map

2007年5月にミッドタウンにオープンした焼酎専門バーの八ちゃん。
ニュ−ヨークではおなじみのイースト・ジャパニーズ・レストラン・グループの1店。
連日ワイワイとお食事を楽しむ御客様で連日満席のイーストレストラン。
そんな中、ゆっくり、静かに落ち着いて食事を楽しみたいとう御客さまの
声もちらほら上がり始めたことがきっかけで、もともとEASTレストランの
パーティールームだったスペースを改装し、約16席のカウンターオンリーの
焼酎バーが誕生した。

照明も暗めで落ち着いた雰囲気の店内。ライトに照らされた
焼酎ボトルがバーに並ぶ。バーカウンターでは、バーメイドとお客様、
また1人で来られる御客さま同士が会話を楽しめるように、
スポーツバーのようにテレビスクリーンもない。
ゆっくり落ち着いた空間で、お食事と焼酎を味わえる。

焼酎は約40種類があり、麦、芋、ナツメヤシ、米、すだち、泡盛、
リバ、黒糖、ごま、ワサビ、お茶と種類も豊富。
人気の焼酎は「佐藤」、「富乃宝山」、「阿波の香りスダチ焼酎」。
焼酎好きの日本人には、芋焼酎が人気。焼酎になじみの
薄いアメリカ人のお客様には、味の好みを聞いて、
おすすめをセレクト。

八ちゃんの料理は、イースト レストランのメニューも
もちろんオーダーできるが、バーカウンターのみでオーダーできる
小皿料理メニューも用意されている。
和州牛のタタキ、とりキムチ、タコと山芋の梅ソース、
キュウリの一本付け、もつ煮込み、イカゲソから揚げ、
焼き鳥の盛り合わせと、焼酎のお供にはもってこい。

ボトルで頼んでも3ヶ月ボトルキープはOK!とうことで常連さんも多い。
マンハッタンには、まだ焼酎を主体としたバーコンセプトはまだ少ないので、
熱狂的な焼酎ファンには嬉しいスポットだ。

PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!
www.pecopecony.com

e0107450_12211364.jpg
e0107450_12212792.jpg

e0107450_12214722.jpg
e0107450_1222393.jpg



写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-07-28 12:25 | 日本
2008年 07月 23日

Firehouse

522 Columbus Ave
(212) 595-3139
firehousetavern.com
Map


アッパーウエストサイドにあるバー/アメリカ料理レストラン。
建物はなんと150年の歴史を持つ。レストランがオープンしたのは、
18 年前。今でこそ、銀行、リーテールショップ、レストランとあるが、
その当時は周りにはなにもなく、住宅街だった。

レストランはもともとファイヤ・ハウスではなく、ホテルだったとか。
オーナーのジャーミーさんが25年前にその当時ハドラムという
アイリッシュ・パブだったが、レストランにしようとオーナーを説得し、
ファイヤ・ハウスとう名前で、消防署をモチーフにレストランに改装。
内装も消防車の模型や、ヘルメット等が飾られている。

またテレビが何台もいろいろなアングルから設置してあり、
野球、バスケット、ホッケー、フットボールが映し出されている。
お客さまもスポーツファンファンが多く訪れ、
シーズン中はもちろん、ビックイベントになると
レストランはニューヨークのスポーツファンで溢れかえる。

そして、なんといってもアメリカのスポーツ観戦にかかせないのが、
バッファローウィング。ファイヤハウスのウィングは
お店の看板メニュー。なんと、スーパーボールでは、
スタッフが丸二日間準備に費やし、20000ピースの
ウィングを販売。また、2週間前からデリバリーの
オーダーが入る。

ウィングのソースは、バッファローウィング発祥の地、
ニューヨーク、バッファローの「アンカーバー」の秘伝のレシピ。
そして、チキンはかりかりに揚げてあり、オーナーのジャーミーさん曰く
「ノック・テスト(チキンウィングで机をたたいて、
コツコツ音がするか)」で、チキンがかりかりに
揚げっているかチェックしているとの
冗談が飛ぶ程、チキンのクリスピー度がとても重要なのだ。

チキンンウィングの辛さはマイルド、ミィディアム、ホット、
インフェルノがあり、ホットでも辛さが足りない人は、
テーブル備え付けのホットソースでもっと辛くすることもできる。
オーソドックスなソースの他に、酸味と辛みのある
バッファローソースと甘みとこくのある
バーベキューソースをミックスした
「Bubba/バッバソース」、バベキューソースがある。

チキンウィングの他に、バーガーやサンドイッチはもちろんのこと、
メキシカンのフィンガーフード、ナチョスやチキンバーベキューが
はさまれた、チキンカセディア、ファフィターも人気。
バーベキューチキンののった、バーベキューチキンピザがあり、
フィンガーフードの王道がメニューに並ぶ。

スポーツファンのみならず、近隣のファミリーも多く訪れ、
キッズフレンドリーなレストラン。
老若男女、皆から愛されるアメリカンレストラン。
チキンウィングを豪快に食べたくなったらファイヤハウスヘGO!!


PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!
www.pecopecony.com

e0107450_0465482.jpg
e0107450_0472064.jpg

e0107450_0473864.jpg
e0107450_04831.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-07-23 00:48 | アメリカ
2008年 07月 18日

Tokyo Pop

2728 Broadway
212-932-1000
http://www.tokyopoping.com/
Map

2006年の4月にアッパーウエストサイドにオープンした日本食レスラン。
ビビッドなオレンジカラーにファンキーな壁紙。
ブロードウェーに面したサイドウォークカフェと、
一瞬見ただけでは日本食レストランという印象は受けにくい。
その外見とは裏腹に、寿司カウンターで包丁を握り、
料理を統括しているのは、20年以上、ニューヨークで日本食を
作り続けている中川シェフだ。

今から21年前 、ジャズのメッカニューヨークで音楽の
キャリアを積む夢を持ち渡米した中川シェフ。その後、
音楽界から料理界へと転身。音楽がきっかけでニューヨークに来たが、
それは天職の「食の道」へ入るきっかけに過ぎなかったと語る中山シェフ。
関西割烹、懐石、お寿司と経験を積み、その後、
日本食とフレンチのフュージョンレストランのプロジェクとでは、
三ツ星フレンチシェフとコラボレーションをしながら、フランス料理も学ぶ。

中川シェフの創り出す料理は、日本料理に独自のアレンジが加えられている。
日本料理を基礎にアメリカの食材を使う等、なじみの薄い料理でも、
なじみのある食材を使うことにより、アメリカ人のお客様でも
日本料理への親近感も湧きやすい。そして、しっかりとした日本料理の
土台があるからこそ、アメリカの食材との組み合わせや味のバランスも
保たれており、オーセンティックな味を舌で覚えている日本人にもシェフの
和の創作力が伝わってくる。

現在レストランでは、Japanese Tapasと呼ばれる小皿料理を多種提供。
天ぷら、エビコロッケ、ショウガ味の鳥の唐揚げ、豚の角煮等がメニューに並び、
いろいろな料理をみんなでシェアすることができる。お寿司も握りや
ロールがあり、中山シェフのスペシャルロールも人気の一品。
季節の食材を使った「おまかせ」もあり、お酒とのペアリングも
アレンジしてもらえる。

コロンビア大学の学生さんや、地域の住人等とローカルに愛さているレストラン。
又、カウンター席で1人食事をされる日本人女性も多いとか。
「外見のイメージにとらわれず、是非TOKYO POPで食事をしてみて下さい。」
と語る中川シェフ。これからも味への探究心を持ち続け、中川流料理のファンを
もっともっと増やして行きたいと考える。日本とニューヨークを
熟知したシェフの料理をご堪能あれ。

PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!
www.pecopecony.com

e0107450_620049.jpg
e0107450_6215983.jpg

e0107450_6222538.jpg
e0107450_6224280.jpg

写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-07-18 06:25 | 日本
2008年 07月 11日

Koi Restaurant

40 West 40th St
212-921-3330
http://www.koirestaurant.com
Map

ブライアントパークに隣接する、ブライアントパークホテル内にある
モダン・ジャパニーズレストラン。カリフォルニアのロサンゼルス に
本店があり、タイのバンコク、ラスベガスにも支店がある。
ロサンゼルス ではセレブリティーに人気のスポットで、
リンジー・ローハンも常連客の1人。そのNY店という事もあり、
セレブリティーやプロスポーツ選手の多くもレストランを訪れる。

レストランに入ると、40丁目に面下大きな窓から、
外の光が入りとても明るいダイニングエリアがある。
ラウンジエリアを過ぎ、階段を上がり
メインダイニングエリアに入ると、テーブル、ブースがあり、
ゆったりとした空間で食事ができる。
寿司カウンターエリアは、2人用のテーブルでみんなで
ワイワイというより、カップルで食事を楽しむのに
もってこいだ。

料理は、モダン・ジャパニーズ。日本の食材がアレンジされ、
KOIスタイルへと変身。
一番人気の 「Crispy Rice Topped with Spicy Tuna」は
ほんのりバター味の一口焼きおにぎりの上に、
アメリカではおなじみの寿司ネタスパイシーツナがのり、
その上にちょこんとハラペーニョのスライスがのっている。


ミッドタウンということもあり、ランチは近隣の
ビジネスマンが接待やミーティングで利用するので、
連日ほぼ満席。必ず予約が必要。ディナーも週の後半は
込み合うので、予約をするほうがベター。
夜はキャンドルライトでとてもロマンチックなムードに
なるので、初デートスポットとして アメリカ人に人気のスポットだ。


PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!
www.pecopecony.com

e0107450_6474566.jpg
e0107450_648711.jpg

e0107450_6485587.jpg
e0107450_6493428.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-07-11 06:55 | 日本