「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 30日

La Lanterna di Vittorio

129 MacDougal St
212-529-5945
http://lalanternacaffe.com
Map

グリニッチ・ビレッジにあるアットホームなイタリアンレストラン。
店内は木の温もりを感じられるクラシックな佇まいで、
店を入った少し先にはガーデンテラスがある。
ガラスになっている天井は高く、空気感があり、
本当にお庭で食事をしているような気にさせる開放感。 
夜に連れて暗くなっていくと、テーブルの真ん中に置かれた
キャンドルの光がより一層ムードを引き立てる。 
あまり広くない店内とテラスは満席だが、
ちっとも窮屈さは感じない。

料理はピザを中心に、ラザニア、ブルスケッタやサラダなど、
家庭料理を思わせるシンプルでおいしいメニューが揃う。
食前に出されるフォカッチャも最高においしくて、
料理が出てくる前についつい食べ過ぎてしまう。

ピザは、薄めの生地でさくさくと、全体的には軽い食感だが、
周りはふっくらしていて、十分に乗ったジューシーな具との
ハーモニーは最高。人気のピザは、「プロシュート ピザ」。
ピザを焼くときにプロシュートも一緒に焼くスタイル。
もしも、生のプロシュートののったピザを食べたい場合は
「プロシュート クルド(Prosciutto Crudo)」とオーダー。

と、スタッフも、知識もあり、よく気が利いて、スマートな対応。
ぶらりと気軽に訪れることができるカジュアルさがありながら、
ここまでプロフェッショナルなレストランはなかなかない。

デザートとコーヒーの評判も高く、昼間はカフェとしても利用
する御客さまも多い。夜ではがらりと表情が違う店なので、
ぶらりとカフェに行くのもおすすめのお店。
また地下に隠れ家にしたいような素敵なジャズバーがあるので、
お酒とライブ音楽も楽しめる。とてもニューヨークらしさが感じられる
レストランだ。



e0107450_5304546.jpg
e0107450_5311370.jpg

e0107450_5315556.jpg
e0107450_5322044.jpg



写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-09-30 05:32 | イタリア
2008年 09月 15日

Lola

15 Watts Street
212-675-6700
www.lolaissoul.com
Map

ソーホーにある、南部ケイジャン/クレオ料理レストラン。
もともとチェルシーにあったレストランだが、
去年の秋ソーホーに移ってきた。

レストランは、会話を楽しみながら食事を楽しめる
ダイニングエリアと、ライブミュージックを楽しみながら
食事のできるラウンジエリアがある。ラウンジエリアは店の中心部あり、
一段低くなった所にがあり、連日行われるライブパフォーマンスを
見る観客席のようなセッティングになっている。

クラシックなデコアで、ゴージャスかつロマンチック。
ラウンジにはシャンデリア。各テーブルには小さな
テーブルランプがムードを盛り上げる。
連日午後8時からジャズ、R&B、ゴスペルなどの
ライブ演奏があり、食事をしながら音楽を
楽しむことができる。


メニューは、南部ケイジャン/クレオ料理。
これらの料理は量が多く、味付けも濃いめで
ヘビーな印象があるが、ここの料理は、量も丁度良く、
味付けも以外とあっさりしている。
前菜で人気のビーフタルタルは、アンガス・ビーフを
みじん切りしたものが、カイヤンペッパーと
マスタードに交ぜてあり、酸味のきいた
ドレッシングがかけてあるグリーンが添えてある。

ムール貝のワイン蒸しには、ケイジャン料理で
よく使われる豚肉、豚の小腸、タマネギ、ワイン、
香辛料で作られたアンドゥイー・ソーセージと共に
調理してあり、貝だけではなく、ソーセージからも
フレーバーがでていて奥深い味となっている。

ロブスターサラダは、パイナップル、オレンジの
果肉とライムとハーブであっさりマリネしてある
小さくほぐされたロブスターがのっている。
果物ふんだんに入ったサラダはとてもあっさりしている。

エビ、蟹、アンドゥイー・ソーセージが茄子に載せられて、
ゆっくりとローストしてある「Bayou Pirogue]はローラの
シグニチャーディッシュ。回りに添えられている
ちょっとピリ辛で濃厚なソースにとてもよくあう。
そして、南部料理といえば、フライドチキン。
リーンなむね肉は柔らかく、外側のかりかりの衣との
相性は抜群。付けあわせは、カラーグリーンに
マッシュドポテト。オーセンティックな演出となっている。


「このレストランはソウルフードのレストランですか?」
という問いかけに、オーナーのローラさんは、
「私のレストランにたいする情熱の魂のソウルが
詰まったレストランです。」と答える。料理の種類ではなく
フィーリング、バイブ、エネルギーを御客さまに感じてもらえる
場所でありたいと考える。アップタウンまで行かなくても、
ソーホーで、南部料理を食べながらR&Bにゴスペルを
聞ける穴場のレストランだ。


e0107450_1591547.jpg
e0107450_1594975.jpg

e0107450_201684.jpg
e0107450_204539.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by PECOPECONY | 2008-09-15 13:25
2008年 09月 12日

Five Guys Burgers & Fries

284 7th Ave, Brooklyn
718-499-9380
www.fiveguys.com
Map

ワシントンDCからやってきたハンバーガーチェーン。
本拠地のみならずフィラデルフィアでも
「ベスト・フレンチフライ」や「ベスト・バーガー」などの
アワードに輝くほどの人気。ニューヨークでは、
マンハッタンだけでなくアストリアやブルックリンへも
チェーン展開している。

この店のオーダー方法はマクドナルドや
バーガーキングなどとは少し違う。
まずはハンバーガーやチーズバーガーなど
ベースとなるメニューを選び、それに追加する
トマトやレタスなどのトッピングを自分で
アレンジして頼む。追加料金なしで自分の
好きなトッピングを好きなだけ加えることが
できるお得でうれしいサービスだ。

フライドオニオンやソテーしたマッシュルームなどを
加えると、ボリューム満点のハンバーガーができあがる。
オーダー後はレシートにある番号が呼ばれるまで
待つことになる。焼きたてのハンバーガーが
食べられるということを考えると納得できる待ち時間だ。
自分のオーダーを待っている間に、レジ横のピーナッツを
無料で食べることができるのもユニークなサービス。

冷凍をしないビーフが挟まれたハンバーガーは
フレッシュでとてもジューシー。こんな一品を
頂けるのであれば、たまにはカロリーを気にせずに
ファーストフードを楽しむのもイイかもしれないと思える。


ニューヨークの各ロケーションは以下まで。
http://www.fiveguys.com/store_locator.aspx?s=NY

e0107450_0321340.jpg
e0107450_0323453.jpg
e0107450_03257100.jpg
e0107450_0331513.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-09-12 00:41 | アメリカ