ペコペコ!ニューヨークレストランレビュー

pecopecony.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 14日

Christos Steak House

4108 23rd Ave
Astoria, NY 11105
718- 726-5195
www.christossteakhouse.com
http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=4108+23rd+Ave,+Astoria,+NY+11105&sll=40.669637,-73.980346&sspn=0.007601,0.013754&ie=UTF8&ll=40.771848,-73.907433&spn=0.007589,0.013754&z=16&iwloc=A

クィーンズのアストリアといえば、ギリシャ料理で
有名だが、ここに本格的ステーキの味わえるレストランがある。

このレストランは、賑やかなアストリアの繁華街から
はずれた閑静な住宅街の中にあり、
ゆっくり落ちついて食事が楽しめる。
レストランに入り最初に目に入るのが、
お肉の陳列棚。レストランで出されるお肉を
家庭で気軽に料理できるようにと、
フィレ・ミィニオン、ポーターハウス、
T−ボーン、リブの4種類を販売している。

店内を奥に進むと、左側にはラウンジとバーがあり、
右側と店の奥にダイニングスペースが広がる。
ステーキハウスの風格が漂う店内は、
マンハッタンの有名ステーキハウスに全く引けをとらない。

ギリシャ人街ということもあり、アペタイザーには
伝統的なギリシャ料理が並ぶ。 香ばしいピタパンが
添えられたタラモサラダ、 ツァチキ、茄子の
ローストのスプレッド、タコのグリルサラダ、
チーズを焼いたサガナキといった他の
ステーキハウスでは見られないメニューを用意する。

メインの料理であるステーキは、この店の
シグニチャー・ディッシュでもある2人前のポーター・ハウス、
そして、リブアイ、T-ボーン、フィレ・ミィニオン、
子羊のチョップ等。特に牛肉の質にはこだわり、
USDAプライムのものを 21日間ドライド・エイジドの方法で
熟成させる。そして、1200度の高温で焼き上げる。

ゆっくりと落ち着いた雰囲気の中で、
ギリシャ料理と本格的ステーキが食べられる
アストリアならではのレストランだ。

e0107450_16103087.jpg
e0107450_16105175.jpg

e0107450_16111084.jpg
e0107450_16112913.jpg



写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-10-14 16:13 | ステーキハウス