ペコペコ!ニューヨークレストランレビュー

pecopecony.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 23日

Peking Duck House

28 Mott St.
212-227-1810
http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&q=28+%E3%83%A2%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88,+%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF,+NY+10013,+%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD&sll=40.752816,-73.972342&sspn=0.007591,0.013754&ie=UTF8&cd=1&geocode=FZtBbQIdMd-W-w&split=0&ll=40.715908,-73.998542&spn=0.007595,0.013754&z=16&iwloc=A

チャイナタウンの奥地にあるペキンダックの専門店。
平日でも混雑する人気店だ。客層は中国人ばかりかと思えば、
美味しい中華を求める様々な人が集っているので驚かされる。

賑やかな店内は一階と地下で構成されている。小綺麗な店内は好印象。
丸いテーブルを囲んでの食事を楽しむのであれば、
ある程度の人数で訪れるのがお勧め。ただし混雑する日には
予約していても待たされることは覚悟して臨みたい。

北京ダックを注文すると調理前の鴨がテーブルまで運ばれ、
「こちらでイイですか?」との確認がある。そんなプレゼンテーションへの
気配りも人気の秘訣かもしれない。キュウリの千切りとソースをはさんで頂く
北京ダックはお酒がついつい進んでしまう。

この店の魅力は北京ダック以外の料理も
なかなか美味しく頂けるところだ。鴨を食べる気分でないメンバーが
参加していても、野菜の餡かけや小龍包などで楽しむことができる。
また、大勢でリーズナブルに楽しむのであれば
「Peking Duck Dinner」というコースメニューがお勧めだ。

人数に合わせてエントリーをいくつかチョイスできる仕組みになっている。
気の合う仲間と賑やかに楽しむのにも、また誕生日会などにも打ってつけの店だ。
e0107450_9351564.jpg
e0107450_9353343.jpg

e0107450_9355580.jpg
e0107450_9375442.jpg


是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-12-23 09:27 | 中国
2008年 12月 02日

Zenkichi

77 N 6th St, Brooklyn, NY 11211
718-388-8985

http://www.zenkichi.com

http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=77+N+6th+St,+Brooklyn,+NY+11211&sll=40.715908,-73.998542&sspn=0.007595,0.013754&ie=UTF8&ll=40.720331,-73.960927&spn=0.007595,0.013754&z=16&iwloc=r0

お洒落なブティック、カフェやレストランで今や観光客も
わざわざ足を運ぶウィリアムズバーグ。この人気のエリアに、
小皿料理とお酒を中心とした酒と創菜の店「ぜんきち」がある。

地下鉄L線にのり、ブルックリンに入って1つ目の
Bedford駅で下車、徒歩5分の所にあるこのレストランは、
2006年の11月にオープンした。オーナーのモトコさんが
インテリアデザインを担当し、ご主人のシャウルさんが建設工事を行い、
まさに夫婦二人三脚で立ち上げた店だ。

大きなサインもなく、 木で作られた高い壁だけが目につく。
道行く人がランダムに入ってくるというレストランではない。
オープンして丸2年を迎えた今、客の8割以上がウィリアムズバーグの
圏外からわざわざ足を運んでくるファンなのだ。
口コミベースでこのファン層を増やしていった。

レストランに入るとモダンな和の世界が広がる。3階建てで、
一階には最近オープンした30席ほどのウィンターガーデンがある。
夏になると屋根が取り外され、サマーガーデンになる。
2階と3階は約70席あるメインダイニング。どの席にも
スダレがかけられており、セミプライベートに食事が楽しめる。
ロマンチックな雰囲気で多くのカップルがデートに利用し、
プロポーズをする男性も少なくないという。

料理は5週間ごとにメニューが変わる「おまかせ」スタイル。
6品とデザートがついてお一人様$48.00。その他にアラカルトメニューもあり、
お好みの一品を選ぶ事もできる。料理は刺身や牡蠣の味噌焼き、豚の角煮など、
日本酒のお伴にぴったり。厳選された約50種類の酒が常時用意されており、
季節限定ものの日本酒もメニューに並ぶ。

ウィリアムバーグの隠れ家的レストランであるこの店は、
日本の味をそのまま提供している。わざわざ足をのばしても
期待を裏切らない料理と酒は
「ディスティネーションレストラン」としての人気を納得させる。


e0107450_22371548.jpg
e0107450_22373340.jpg

e0107450_22374933.jpg
e0107450_2238696.jpg



是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-12-02 22:47 | 日本