<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 27日

Rickshaw

61 W. 23rd St (between 5th & 6th Ave)
212-924-9220
Map

フラット・アイロンにある餃子(Dumpling/ダンプリング)専門店。
清潔感のある店内は好感が持て、アメリカのファーストフード的なイメージが強い。

メニューはいたってシンプル。まずは6個入り、又は9個入りの餃子を選ぶ。
豚肉、チキン&バジル、ペキンダック、エビ、または枝豆から餃子のタネを選ぶ。
続いて、調理法を焼き餃子にするか、水餃子にするかを選択。

そして最後に、餃子をサラダにのせるか、それともヌードル入りのスープに
入れるかを決めてオーダー終了。会計後に渡されたレシートに書かれた
番号が呼ばれるまで待つ。

なんといってもうれしいのは、オーダーされてから餃子が調理されること。
アツアツの出来立てがやっぱり一番ウマイ。チンタオビールが販売しているので、
日本人らしく「ビールと餃子」のゴールデンコンビを気軽に楽しむことも
できてしまう。更に、サイドオーダーとしてジャスミンライスやみそ汁も
用意されていて、「餃子定食」的なノリで満腹感を得てもいいかも知れない。

この店、トラックでの屋台販売も行なっている。トラックのロケーション
随時変更するが、最新のスポットは専用サイト、http://twitter.com/rickshawtruckでチェックできる。
e0107450_053848.jpg
e0107450_0534728.jpg

e0107450_053585.jpg
e0107450_054571.jpg
[PR]

by pecopecony | 2009-01-27 00:55 | 中国
2009年 01月 19日

Bocca di Bacco

828 9th Ave
212-265-8828
www.boccadibacconyc.com
Map

重厚な木のドアを開けると目の前に広がる奥行きのある店内は、
ワイン倉庫のよう。明るすぎず暗すぎない照明は心地く感じられ、
とても落ち着いたレンガ壁の空間。

この昨年オープンしたばかりのイタリアンレストラン/ワインバー
「Bocca di Bacco」には、厳選されたイタリアンワインが
常時250種類以上用意されている。

ボトルワインの値段は$28〜$318。リーズナブルなものから
高級品まで取り揃っている。グラスでも多めの約50種類の
ワインのチョイスに加えて、なんとテイスティング用の
3オンスのワインもある。何種類かのワインを気軽に
味わう事もできるのはうれしい。

料理にはワインに合う、チーズ、ハムの盛り合わせなどがあり、
カウンターでそれらをつまみながらワインを楽しめる。
もちろん食事もワインと相性のよい前菜、パスタ、肉料理、
魚料理がメニューに並ぶ。新鮮なタコの足とハーブの味が
特徴の「Grilled Octopus」には、良く冷えた
白ワインがよく合う。「Tortelli ricotta e spinaci」は
ラビオリに似たトルッテリは具のホウレン草と
甘いバターソースが絡み合い赤ワインにぴったりだ。
アントレの値段はすべて$20以下というのも嬉しい。

シックなムードはカジュアルデートにも最適。
気取らない雰囲気でワイン愛好家は勿論、
地元の人までもが集う。バーカウンターで女性同士、
会社帰りに一杯と色んなシーンに活躍できるレストランだ。
大テーブルもあるので友人を集めてワインの
テイスティングパーティーと洒落てみてはいかがだろうか。

e0107450_1024227.jpg
e0107450_10242560.jpg

e0107450_10244571.jpg
e0107450_10252175.jpg



写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2009-01-19 10:26 | イタリア
2009年 01月 06日

Scarlatto

250 West 47th St
212-730-4535
www.scarlattonyc.com
Map

ブロードウェイミュージカルの劇場が立ち並ぶ
シアター・ディストリクトにあるイタリアンレストラン。
ブルック・アトキンソン・シアターの並びにあり、
ミュージカル公演時間の前は連日、開演前に夕食を
楽しむ観客で賑わっている。

ドア開けるとメインダイニングが目の前に広がり、
そこには白を基調にしたテーブルと椅子が並ぶ。
奥には暖炉があり、家のリビングルームにいるような
リラックスした雰囲気で食事が楽しめる。

2階には、古いイタリア映画のワンシーンを写した
白黒写真が飾られている。そこには40席程の
ダイニングエリアがあり、 人数に合わせて
プライベートパーティー、 セミプライベートパーティー会場
として使用する事が可能だ。

メニューは、アンティパスタとサラダが約20種類、
パスタは15種類ほど、そしてアントレも約15種類と
メニューのバラエティーは豊富。どんな客も必ずや自分の食べたい
一品がみつかるはずだ。

厨房で自慢の料理を振るうのは、マリノシェフ。
ニューヨーカーのみならず、全米、全世界からレストランを
訪れる旅行者に素敵な一時を提供する。彼のモットーは、
素材の味を活かしたシンプルな料理。パルメジャンチーズと
スモーキーなベーコンで作られたリガトーニパスタのカルボナーラはシンプル、
そして値段はリーズナブル。

また、この店ではランチ時間にはお得なランチセットメニューを
用意するため、観光スポットにありながら、現地の人でも気軽に
昼食を楽しめる。言うまでもなく、ミュージカル開演の時間が近づくと、
鑑賞前に夕食を取ろうと、お得なプリ・シアターメニューを目当てに
する客が多く訪れる。この時間は大混雑しているので
食事を楽しみたい方はランチ時間、早めの夕食、
もしくは開演中の時間帯がおすすめだ。

e0107450_1513332.jpg
e0107450_1521333.jpg


e0107450_1515050.jpg
e0107450_1523485.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2009-01-06 01:34 | イタリア