<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 23日

CiaoBella Ristorante

1640 2nd Ave
212-794-9494
http://www.ciaobellanyc.com/
Map

アッパーイーストサイドのイタリアン。マンハッタンで、3件のイタリアンレストランを
経営するプリオエッティ氏がオープンした4件目のレストラン。

内装はとてもシック。天井の赤のレザーとシャンデリアが印象的。
店内にはオーナーのコレクションであるキース へリングのオリジナル作品が飾られている。
2階にはバルコニーがついたプライベートダイニング。
そして外には90席あるサイドウォークテーブルがあり、
行き交う人の姿を楽しみながら食事ができる。

厨房に立つのは、ミラン出身のシェフ、デ・トーニオ氏。同都市の料理学校を卒業後、
レストランで働き始める。その後はイスタンブールでレストランの立ち上げを手掛け、
香港でも2年働き、世界中のお客様にイタリア料理を紹介して来た。

トーニオシェフは食材にこだわり、業者に配達を頼まず、週に何度も
ファーマーズマーケットから直接仕入る。またイタリアからも空輸で現地の
食材を仕入れている。旬の食材を使い、年に4度変更する定番メニューに加え、
連日「本日のおすすめ」を考案する。

定番メニューはトマト、モッツァレラチーズ、そしてバジルのサラダ。
シェフの手にかかれば、この素朴な一品も印象的に仕上がる。モッツァレラチーズの上に、
ローストとした茄子が載せられ、みじん切りトマトがふりかけられる。
またアクセントとしてズッキーの花の揚げ物が添えられている。

プレゼンテーションで工夫が見られるのが、エビのフリッター、
イエロー・スクワッシュのパルメザンチーズバスケットと
ブロッコリー・ケーキの載せられた一品。かりかりのパルメザンチーズで
形作られたバスケットは勿論食べられる。
ぷりぷりのエビと、柔らかいブロッコリーケーキにかりかりのパルメザンチーズ、
見た目だけでなく食感のコントラストもおもしろい。

この日の人気メニューの1つはタコのカルパッチョ、タコの唐揚げ、
タコの煮込みのプレンタ添えと3種類も異なったタコ料理が綺麗に盛りつけられた一品。
タコのカルパッチョに載せられたショウガと人参の千切り。
イタリア料理には珍しい食材だが、世界中でその土地の食材を使って
料理を作り上げてきたシェフのグローバルさが伺える。

カナダ産のロブスターリゾットは、ロブスターの出汁がよくしみ込み、
完璧に調理されたカルナローリ。プリプリのロブスターと対照的な
しゃきしゃきしたアスパラガスの食感がアクセントとなっている。

パスタも勿論手作り。フェトチーネは市販のものよりやや薄めで食べ易く、
ミートソースのボロネーズがよく絡み合っている。

食事にあう自慢のワインは約350種類。その8割はイタリアンワインだ。
その他にもフランスやカリフォルニア産のものが取り揃えられている。

アッパーイーストサイドのネイバーフッドレストラン。サイドウォークカフェの
雰囲気でカジュアルに食事も楽しめるだけでなく、
ちょっとした記念日や誕生日等の食事にも利用できるレストランだ。

e0107450_2512339.jpg
e0107450_2514483.jpg

e0107450_2522636.jpg
e0107450_253020.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!





ペコペコウエブサイトはこちらから!www.pecopecony.com





[PR]

by pecopecony | 2009-06-23 02:53 | イタリア
2009年 06月 11日

Sake Hana

265 E. 78th Street
212-327-0582
Map

アッパー・イースト・サイド78丁目。 賑やかなレストランが立ち並ぶ
2nd Aveを曲がった所にひっそりと佇む日本酒スポット。
店内は暗めの照明、低めのテーブルと椅子でラウンジ的な雰囲気を醸し出す。
30席、カウンター10席とこじんまりとしていてコージー。
その隠れ家的な存在は、デートスポットしても人気というのは納得だ。

レストランのオープンは10年前。 ブームになる前から日本酒を紹介してきた先駆者。
ニューヨークに多種類のお酒が入るようになった6年前程前からは、
より一層日本酒のラインナップに力を入れてきた。

レストランを訪れるお客様は、近隣に住むアメリカ人が中心だ 。
5割は常連で、中には二日に一回訪れるリピータ客も。日本酒を良く知る
常連には銘柄指定をする人も少なくない。

この根強い日本酒ファンの基礎を確立した立役者は「酒ソムリエ」のトシさん。
アメリカに日本酒を浸透させたいという熱い想いで、連日レストランを訪れる人々に
日本酒の素晴らしさや奥深さを説明する。

日本酒のメニューは、1ヶ月に1度は必ず変わる。常時メニューに載るのは40種類。
それ以外にも珍しいお酒やシーズナルなお酒と厳選された特別メニューも用意されている。
また、メニュー自体にも気配りが施されている。日本地図を用いて銘柄を生産地に合わせて紹介し、
日本を訪れたことのあるアメリカ人客にとっては、懐かしく、また馴染みの深い地名とともにお酒を楽しむことができる。

また、いろいろなお酒を試飲したいというお客様の為に、酒サンプラーを用意。
3種類($18)、6種類($33)、9種類($45)と3の倍数で最高60杯まで可能。
なんと3時間かけて50種類のお酒を試飲したお客様もいたというのは驚きである。


お酒だけでなく、料理のメニューも充実。枝豆やサラダなどに加え、
約30種類の自慢のタパスメニュー、そして。ロール寿司や握り、お刺身も用意されている。

人気のメニューは、さくさくの歯ごたえがたまらないCurry Pumpkin Sticks ($7)、
ピーナッツの食感とレタスのリフレッシュ感がうれしいGrilled Chicken Lettuce Warp ($8)、
そしてベトナム・ホットペッパーが決め手のピリカラStirred Spicy Squid ($10)など。
タパスメニューとはいえ、かなりのボリュー。

そして、この春のオススメは、Creamy Chicken Rollatini with dijonaise Sauce ($8)、
Salmon & Shrimp Croquet with Vegetable Stick ($8)、
Grilled Stuffed Whole Squid with Risotto ($12) の新メニュー3品。

もともとイタリアンのバックグラウンドを持つシェフが作り出す料理は
ビール、ワイン、そして日本酒がどんどんすすむ一品ばかりだ。
また、どれもお酒のおつまみの域を超えており、食事だけでも十分楽しめる。

営業は、月曜日は午後5時から午前1時、火から木曜日は午後5時から午前2時、
金曜日、土曜日は午後5時から午前3時まで営業。
キッチンも閉店1時間前まで開いているので、ちょっと遅めの食事もOK。
また食事、飲み物込みのパーティーメニュー($55/2時間)は、
誕生日会やグループでのパーティーにはオススメだ。


この店では、月に一回、日本酒についての講習会「Sake Class」($55/90分)を開講。
レクチャーは英語で行われ、試飲のお酒とアペタイザーがついてくる。

日本人でも意外と知らない日本酒。これを機会にアメリカ人の友人と一緒に、 ニューヨークで
学んでみるのもいいのではないだろうか?

メモ
Sake Class 参加希望の方は、トシさんまでメールで御問い合わせを!
メールアドレスはこちらです。
unihandroll@hotmail.com




e0107450_64938.jpg
e0107450_6493620.jpg

e0107450_6495588.jpg
e0107450_6503214.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!





ペコペコウエブサイトはこちらから!www.pecopecony.com





[PR]

by pecopecony | 2009-06-11 06:50 | 日本