<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 23日

Papatzul

55 Grand Street
212-274-8225


ソーホーの西側にあるメキシコ料理レストラン。白いレンガと赤を基調とした明るい色彩の店内は、家族、恋人、そして友達とも行ける家庭的な雰囲気。入ってすぐのバーカウンタには100種類以上ものテキーラが並んでいる。ラテンの音楽で盛り上がるフロントを通り抜けた奥には落ち着いたダイニングエリアがある。

料理はオーセンティックなメキシコの味をモダンなタッチで再現している。
生魚をライムであえたアペタイザーの「Ceviche Maya」はツナとエビ、クズ芋の歯ごたえとハバネロがピリっと利いた食の進む一品。サイドについているフライドプランテーンに乗せて食べるとほんのりとしたプランテーンの甘さとパリっとした食感が病みつきに。

アペタイザーで人気なのは、タマリンドサルサのソースがかかった肉厚なホタテとアボガドのサラダ。メニューの種類も豊富で、辛い料理からそうでないものまで揃えているので、辛いのが苦手という人でも大丈夫。


辛味・甘みが複雑に絡み合った柔らかく煮込んだ豚肉「Carnitas」をとうもろこしの粉から練って伸ばし1枚ずつ丁寧に香ばしく焼き上げたトルティーヤに包み野菜とソース類を乗せ巻いて食べる。スパイスが効いていて食べ応えたっぷり。

お値段もとてもリーズナブルで、量も大目というところも人気の理由。
テキーラーはもちろん、メキシコビールを飲みながら、スパイシーなメキシコ料理。食欲が減退する夏にはもってこいのコンビネーションではないだろうか。


e0107450_6423531.jpge0107450_6425356.jpg
e0107450_64365.jpge0107450_6432268.jpg

[PR]

by pecopecony | 2010-07-23 06:31 | メキシコ
2010年 07月 13日

Smoke Jazz & Supper Club-Lounge

2751 Broadway
212-864-6662
http://www.smokejazz.com/

ニューヨークのライブエンターテイメントと言えば、ジャズ。生粋のジャズファンはもちろんのこと、
ニューヨークに来た思い出にジャズクラブを訪れる観光客も少なくない。ジャズクラブの多くは
ビレッジにあるが、閑静な住宅街のアッパー・ウエストサイドにも人気のジャズクラブ
「Smoke Jazz & Supper Club-Lounge」があるのをご存じだろうか?

1999年にオープンした「スモーク」。それ以前も実は30年にも渡り、「オージーズ」という
ジャズクラブとしてジャズファンには人気にスポットであった。しかし、1998年に閉店することに。
そのことをとても残念に思ったポールさんとフランクさんが、この店を買い取り新たに「スモーク」として
オープンしたのだ。

カウンターを合わせても約50席の小さな店。ステージとの距離もなく、どの席に座っていても
パフォーマーのエネルギーを感じることができ、ミュージシャンも観客のリアクションを直に
受け止める事ができる。この一体感が作り出す空気は、この店に足を運んだ人のみが体感できるのだ。


連日オープンのスモークでは、いつでも素晴らしいライブを鑑賞することができる。
有名ジャズミュージシャン、ラテンジャズ、16人編成のビッグバンドとミュージシャンのラインナップも
バラエティーに富んでいる。入場料の有無は、出演者や曜日によって異なる。
また、入場料はかからないが、ドリンクや料理等を注文するミニマムチャージがかかるので
これらの情報は行く前にウェブサイトをチェック。まだ人気のアーティスと出演の際は前もっての
予約をおすすめする。また、金曜日、土曜日は込み合うので前もってウェブサイトからチケットを購入。
チケット購入はこちらから)8時からのショーでテーブル席を希望する場合は、7時前にはお店についておくのがベスト。
7時30分以降だと、テーブルが無い事があるので注意。

「今夜はジャズナイトと決めて、食事も一緒にすませたい」という方にもこの店はもってこい。
食事もエンターテイメントの一部と考えるオーナーのポールさんとフランクさん。有名レストランで
経験を持つエグゼクティブシェフ、パトリシア・ウィリアムズ氏が料理を担当する。
メニューは、シーフード、肉料理、野菜料理とバラエティーも豊富。曜日と時間によっては
3コースで$29.95のプレフィックスディナーも用意されている。食事を済ませてゆっくり
音楽を楽しみたい方は、ショーが始まる1時間前にはお店に着かれることをおすすめする。

ミュージシャンの指の動き、その瞬時に生まれたインプロビゼーションの音色、ジャズを楽しむ
観客の反応が混じり合って作りだす独特の雰囲気は、IPodやYouTubeからは決して感じる事はできない。ライブパフォーマンスの感動をワイングラス片手に全身で感じられるニューヨークならではの
スポットだ。


e0107450_23203265.jpge0107450_23204742.jpg
e0107450_2321754.jpg
e0107450_23212599.jpg


[PR]

by pecopecony | 2010-07-13 23:17 | ジャズクラブ