<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 08日

Oficina Latina

24 Prince St, New York, NY 10012
Phone: 646- 381-2555
http://www.oficinalatinanyc.com

小さなブティックやカフェが軒を連ねるノリーターで、数々の中南米料理やドリンクが楽しめるレストラン、「Oficina Latina」。店に入ると、バーの棚に並ぶ数々のテキーラ達が出迎えてくれる。
このラインナップを見ただけで既に、ドリンクメニューには期待ができる。
店内のいたるところに飾られているビンテージ物のバイクのヘルメット。
店の内装も1950年代の車の修理工場をモチーフにしている。これらの店内の演出は、
レストランの料理のコンセプトにも深く関わっているとのこと。


1923年に「パンアメリカンハイウエイ」というメキシコのモンテレイからアルゼンチンのブエノスアイレスを
約2万6千キロかけて結ぶ高速道路が建設された。このハイウエイを南に下がっていくと、エルサルバドル、パナマ、コロンビア、ペルー、、アルゼンチンと数々の中南米の国を訪れることができる。この道路を通じて中南米を駆け抜けるライダーのように、それらの国にまつわるいろいろな料理を提供するというのが、このレストランのコンセプトなのだ。

料理はアペタイザーサイズのものとメインコースがあり、どの料理もシェアしやすいので、いろいろと頼んでみるのがお勧め。アボガドがとてもフレッシュなワカモレディップ。これは欠かせない一品。ベネズエラ料理を代表するとうもろこしの粉で作ったパン「アレパス」は、中身にサーモン、牛肉、お野菜とチョイスがありいろいろな味が楽しめる。エルサルバドル出身のシェフが作るガーリックがよく効いた海老のソテーはなんともやみ付きになる美味しさだ。

ドリンクプログラムはカクテルがとても充実している。それもそのはず、テキーラ、マスカル、ラム、カシャーサ、ピスコとカクテルには欠かせない蒸留酒を約280種類も取り揃えているのだ。マルガリーター、モヒート、カイピリーニャにピニャコラーダと中南米を代表するカクテルのオンパレード。フレーバーもユニークなものばかりなので、何度足を運んでも常に新しい味を楽しむことができる。

サルサの音楽をバックにマルガリーターを飲みながらワカモレとチップを食べているとそこがマンハッタンのノリーターということを忘れてしまう。パンアメリカハイウエイを食を通じて是非楽しんでいただきたい。


e0107450_153625.jpg


e0107450_16667.jpg


e0107450_165023.jpg

e0107450_17991.jpg
e0107450_111262.jpg
e0107450_175125.jpg

e0107450_1231989.jpg

[PR]

by pecopecony | 2014-05-08 01:08 | ラテン