ペコペコ!ニューヨークレストランレビュー

pecopecony.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 16日

Chop Stix Restaurant

3790 Nostrand Avenue Sheepshead Bay, NY 11235
718-891-0391
www.chopstixofnyc.com

ブルックリンの最南端、コーニーアイランドの東側のエリア、シープスヘッドエリアにあるアジアレストラン。
オーナーシェフのジョージ・ウォン氏は、10代の時に中国からアメリカへ移民。
ニュージャージーの親戚のチャイニーズレストランで働き始めたのが、
彼の食業界でのキャリアの始まりだった。

レストランで働きながら、アメリカの中華料理がどの店も同じメニューを
出しているのを目の辺りにする。オリジナリティーのある料理を作り出すため、
また自分のレベルアップのためには、料理の基礎をアメリカの教育機関で学ぶことが
必須と考え、マンハッタンのアート・インスティチュート・ニューヨークに入学。
料理はもちろんのこと、レストランマネージメントも学ぶ。数々の料理大会にも出場し、
金賞に輝く。その後、料理学校の最高峰、カルナリー・インスティチュート・オブ・アメリカでも
受講を続け、自らの知識と技術の向上に努めた。

学んだことを生かし、「CHOP STIX RESTAURANT」をオープン。
もともと小さなチャイニーズレストランだった場所を改築。メニューも増やし、
寿司や和食もメニューに加えた。「このあたりでは、お寿司を食べられるところが少ないんです」と語る
ジョージ氏。このエリアで育った彼は、地元に質の良い料理を提供できるレストランを作りたいと考え、
このレストランのコンセプトを生み出すに至った。

メニューは、中華料理、寿司を中心に、ベトナム、タイ、シンガポールなど、様々なアジア料理が並ぶ。
寿司は、握り寿司はもちろんのこと、ロール系も充実。マンハッタンだと通常、1つのオーダーで一貫だが、
ここでは二貫の値段が1オーダーの設定となっているのはお得感がある。
またデザートも本格的で、ジョージ氏の料理学校時代の級友がペイストリーシェフを担当。
アジアレストランでホームメイドのクレームブリュレやチョコレートムースが食べられる所は珍しい。

ぶらっとコニーアイランド周辺に足を伸ばした際に、もしアジア料理が食べたくなった時には
お勧めのレストランだ。

e0107450_1403277.jpg
e0107450_140477.jpg
e0107450_141591.jpge0107450_141191.jpg

[PR]

# by pecopecony | 2010-12-16 14:01 | 中国
2010年 12月 08日

Takashi

456 Hudson Street
http://takashinyc.com/index.htm
(212) 414-2929

チェルシーに登場した今注目の焼肉屋、「ヤキニクタカシ」。オーナーのたかしさんは、
3年前にニューヨークへやってきた。その前は12年間、大阪、京都、東京で料理人として
腕を磨いてきた。実家の大阪に帰る予定にしていたが、新天地で新たな挑戦をしてみたいと思い、
旅行で訪れたニューヨークが気に入りこの地でレストランをオープンすることにしたのだ。

日本食レストランの多くあるニューヨーク。その中でも専門店がちらほら登場し始めたころ、
ホルモン焼の専門店がまだないというところに目をつけたのがオープンのきっかけ。
壁にはかわいい絵と英語で焼肉にまつわる話がかかれていて、まるで絵本を見るよう。
大阪のイラストレーター、ハセガワ・アヤさんがこの心温まるイラストを担当。
焼肉、しかもモツ系の専門店なので、幅広いお客様に親近感を持ってもらうためにというコンセプトだ。

マッシュルームウッドを使用したオリジナルのテーブルと椅子。中央のオープンキッチン。
席数は42席。テーブル席とカウンター席がある。カウンターではカップルや友達2人で
こじんまりと焼肉を楽しむことができる。4名以上の方のみだけ予約を受け付ける。

各テーブルには日本から仕入れた七厘ならぬ「八厘」というグリルが設置されている。
肉のジューシーさを中に閉じ込めながら、炭火で焼いた時のように焦げ目が付かず、
焼き加減も最高。肉の縮みも少なく、煙も少ない。しかも各テーブルに煙吸引機が
設置されているので、匂いが付かないのは嬉しい。

「お肉はすべて特上レベル。これだけのおいしいホルモン焼の店は
日本のレベルより高いと思います」と語るたかしさん。全米のお肉を1年もかけて食べ歩き、
納得のいく食材を探したというこだわり。メニューはシンプルに、8品の生系前菜と15品の焼肉。
ご飯ものは「バクダン」と呼ばれるゴマの葉と韓国海苔のおむすびがある。


人気の前菜は「Beef Niku Uni」。韓国のりのうえに、しそ、生肉の薄切り、
そしてうにがのっている。この生肉は「ざぶとん」と呼ばれ、牛1頭から約2キロしかとれない
貴重な部位。のりですべてを包みこんで山葵醤油でいただく。
まずはうにの甘みが口に広がり、肉の食感、のりとごま油の風味そしてフィニッシュの味わいは
シソのアクセント。各食材がお互いの味を邪魔せず、見事なコンビネーション。

焼肉屋ではあるが、野菜料理の一品、「季節のナムル」は必ず食べていただきたい1品。
お肉では表現できない季節感を感じて頂くために考案された1品。グリーンマーケットで、
たかしさん自らが選んだお野菜を1つ1つ丁寧にそれぞれの野菜にあった味付けでナムルにする。

もちろん、メインのお肉は、食べた瞬間に舌で納得させられる。ロースは肉のうまみが
すべて詰まっており、口の中でとろけるようだ。てっちゃん、しびれ、みの、レバー、
ハツがセットになった「ホルモンの盛り合わせ」は人気の一品。臭みもなく、食感、
歯ごたえも楽しめる。

デザートはマダガスカル・バニラビーズンを使用したソフトクリーム。抹茶、ほうじ茶のソースを
掛けていただく。甘さ控えめでお肉を食べたあとでもしっかりいただける。
女性同士でも気軽に入れるホルモン焼肉専門店。
日本でも見かけないニューヨークならではのコンセプト。選び抜かれた美味しいお肉を
じっくり大切に焼きながら一枚一枚味わって食べたくなる焼肉店だ。

e0107450_7172021.jpge0107450_7174441.jpg

e0107450_7175663.jpge0107450_7173485.jpg

[PR]

# by pecopecony | 2010-12-08 07:18 | 日本
2010年 11月 30日

Tiella


1109 First Avenue
212-588-0100
http://tiellanyc.com

アッパーイーストサイド、マンハッタン側のクィーンズボロブリッジのたもとにある小さなイタリアンレストラン。
繁華街からはずれ、静かな住宅街の一角にあるこのレストラン。
ナポリ出身のシェフ、カステヤーノ氏と共同経営者のコッポラ氏が、
オーセンティックな味をニューヨーカーに提供している。

是非トライしていただきたい一品は、豪華な具材がたっぷりのったミニピザ「LA TIELLA」。
イタリアから輸入された小麦粉で作られたピザ生地の上にトリュフや生ハム、
バッファローのモッツアレラチーズ、フォアグラたっぷりのっている。
通常のピザよりサイズが小さめなので、シェアして食べれば、
パスタやメインコースにたどりつく迄にお腹が一杯になることはない。

パスタも、イタリアから輸入した小麦粉を使ったホームメイド。ズッキーニソースと、
ズッキーニの千切りを揚げた物が上からガーニッシュとして振りかけてあるオリジナルの
ボンゴレスパゲティー。こちらの一品はアルデンテにゆでられたパスタと伴に、
ズッキーニの食感も楽しむ事ができる。

グレープフルーツとロブスターのリゾットはユニークな1品。グレープフルーツの
果肉と弾力のあるロブスター。軽く調理したグレープフルーツの皮を
千切りにしたものがちりばめてあり、一瞬生姜をたべているのかな?と思う。
酸味を巧く利用した味付けは、あっさりとした口当たりを醸し出し、
ついつい、2口、3口とスプーンを口に運んでしまう。

メインコースは、魚料理にフォーカスしながらも、抜かりなく肉料理も用意している。
ブランジーノ(地中海でとれる白身魚)をグリルしたものが茄子の上にのせられ、
熟成バルサミコ酢がちりばた料理は人気の一品。

こじんまりとしたレストランだが、近所の住人の利用者が多く、とてもアットホームな雰囲気。
家族、友達同士またはデートにもぴったりのレストランだ。

e0107450_22513584.jpg
e0107450_22532796.jpg
e0107450_22545468.jpge0107450_22555076.jpg

[PR]

# by pecopecony | 2010-11-30 22:56 | イタリア
2010年 11月 19日

PERBACCO

234 East 4th Street
212-253-2038
http://www.perbacconyc.com/index.html

イタリア語で「すごい」を意味するPERBACCO。イーストビレッジの喧騒を離れ、
住宅街に佇む隠れ家的イタリアンレストラン。扉を開けるとレンガの温もりが優しい雰囲気を演出。
常連客が集うアットホームな空間で会話と料理とワインが楽しめる。

エグゼクティブシェフのサイモン・ボネリ氏は2年前、北イタリアのモデナにあるミ
シェラン2つ星レストランのオステリア・フランチェスカーナからニューヨークへやってきた。
イタリアに伝わる郷土色豊かな料理を現代風に繊細かつ大胆にアレンジし、
オリジナリティーで勝負する。

前菜の「Crème Brulée di Parmigiano Reggiano」はイタリアチーズの王様との
呼び名のあるパルミジャーノチーズのクリームブリュレ。
本来はデザートで食べる一品だが、これは前菜で頂く。18ヶ月熟成された
パルミジャーノチーズは濃厚で芳醇な味わい。ワインにもよくあう一品だ。

「Salciccia di Gamberi e Capesante」はエビとホタテのソーセージとひよこ豆のスープ。
ピリっとした少し辛いスープで秋の寒さを吹き飛ばす体の中まで温まる一品。
辛党の人はスプーンに乗せられている辛味ペーストの追加をお勧めする。
「Roast-Tuna」は伝統的な90年代のイタリア料理。旨味の強いうす切りし

たローストツナと赤唐辛子がピリッと効いたオリーブオイルのかかった一皿。
オリーブオイルのさっぱりとして爽やかな風味がツナの奥深い味を更に引き立たせる。
日曜日から、水曜日まではお得な3コース30ドルのベジタリアンコース、
3コース40ドルのテイスティングメニューもあり。

e0107450_5365772.jpg
e0107450_5364828.jpg

e0107450_5362547.jpge0107450_5363559.jpg

[PR]

# by pecopecony | 2010-11-19 05:37 | イタリア
2010年 11月 12日

Kasadela

647 E 11th St
212-777-1582
http://www.kasadela.com/

アルファベットシティーの東、アベニューCに近い11th ストリートにある居酒屋。
2003年9月のオープン以来、日本酒と美味しい居酒屋メニューを提供している。
入り口を入るとまずバーエリアがある。カウンター席でお酒と食事を楽しむ人もいる。
右側がダイニングエリアとなっており、壁のむき出しになったレンガ、
壁にかけられたレトロなポストカード、手書きのメニューがとても暖かい。

人気の一品は$8.75で8本もついてくる「手羽先」。ボリュームと手ごろな値段設定は嬉しい。
また、カリっとした手羽先には醤油、ガーリックベースのソースに黒コショウがかけられ、
パンチの効いた味は病み付きになること間違いなし。この手羽先とビールだけを目当てに
来る客も少なくない。

ひじきサラダ、サイコロステーキサラダ、スパイシーマヨネーズが添えられた
ロック・シュリンプ天ぷらも好評のラインナップ。これらの定番メニューに加え、
季節の食材を使ったスペシャルメニューも登場する。メニューアイテムはそれほど多くないが
その理由は、一品、一品手を抜かず美味しい料理を出すためだとか。

笠寺では、日本酒を多く取り揃えている。グラスでいただけるものは17種類、
そしてボトルでオーダーできるものが16種類ある。季節ごとにスペシャルのお酒もメニューに加え、
何度足を運んでもいつもなにか違うものを楽しめる。

スタッフはとてもフレンドリー。アットホームな雰囲気で、どこか懐かしくホッとするこの店で、
美味しい料理とお酒を共に気の会う仲間と楽しいひと時を過ごしてみては。


e0107450_1332521.jpge0107450_133545.jpg
e0107450_1345216.jpge0107450_135542.jpg

[PR]

# by pecopecony | 2010-11-12 01:35 | 日本
2010年 11月 03日

Vandaag

103 Second Ave
212-253-0470
www.vandaagnyc.com

本日ご紹介するのはイーストビレッジにあるランチにお勧めの店、
Vandaagだ。Vandaagとはオランダ語で「今日」という意味。でも
この店で提供するのは、オランダだけに留まらないヨーロッパの食事の
数々。いままでのイーストビレッジのレストランは一線を画したスタイ
リッシュでモダンな外装が印象的だ。広々とした天井の高い店内は、左
側がベンチシートのテーブル席、右側がバーというセッティング。そし
て大きな窓が設置された店内は、昼間にはたくさんの日差しが差し込む。

この店でまずオーダーしたいのが、バリエーション豊富に用意されたブ
レッドバスケット。サイドで付いてくるのジンが加えられたユニークな
バターとレンティル(レンズ豆)のスプレッドを塗って楽し
んでほしい。また、「Bitterballen」は、煮込んだオックステー
ルの詰まったコロッケだ。カリっと揚がった表面の食感とマスタードの
アクセントが良いアペタイザーの一品だ。

ランチに訪れると北欧のオープンサンド「Smorrebrod/スモーブ
ロー」がメインのメニューとなる。スモークサーモンとクリームチーズ
が使われた定番のスモーブローや、クリスピーな鯛にスライスしたファ
ンネルのピクルスとグレープフルーツジャムの載せられたスタイリッ
シュな一品が用意されている。スモーブローは、オープンサンドといっ
ても、フォークとナイフで食べるのが流儀だ。

是非試して頂きたいのがVandaag "Ham"Burger(「ハム」バー
ガー)とネーミングされたバーガー。パティの代わりに、ビーフ
とポークの「ルーラード(肉を巻いた料理)」を使用し、
ゴーダチーズとグリルしたタマネギとルッコラが載せられている。普通
のバーガーにはない肉の食感と味わいが楽しめる一品だ。

ディナータイムに訪れるなら、ブルックリンで人気のバー「Clover
Club」で経験を積んだバーテンダーが作り出すカクテルを是非試してほ
しい。特にニューヨークでこれから人気がでるだろうと言われているオ
ランダに古くからあるジン「ジェネヴァー」をベースにしたカクテルは
要チェックだ。

他の店では味わう事のできない食のある店、Vandaag。イースト
ビレッジでいつもと違うひとときを過ごすのにもってこいの店だ。
e0107450_491383.jpge0107450_494696.jpg

e0107450_410568.jpg
e0107450_492850.jpg

e0107450_4164045.jpge0107450_417347.jpg

[PR]

# by pecopecony | 2010-11-03 04:12 | ヨーロッパ
2010年 10月 22日

Sylvia's

328 Lenox Avenue
212-996-0660
www.sylviasrestaurant.com


ハーレムでソウルフードを食べるときにまず上がる店はここだろう。
観光地の一つと言っても過言でないほど有名なこの南部料理専門店、
Sylvia'sは、"クイーン・オブ・ソールフード”と呼ばれるシルビアさんが
1962年にオープンした店だ。アマチュアナイトで人気のアポロシアターから徒歩3分。
ショーのスケジュールと合わせてディナーにこの店を使う観光客が多い。

メニューはフライドチキン、スペアリブ、マカロニ&チーズ、コーンブレッドなどの
典型的なソウルフード。ガッツリと大胆なのが基本なので、どれもボリューム満点。
色々と試してみたい方は1品1品をシェアするのがいいだろう。お勧めなのは
スペアリブ。フォークを入れるとスルっと骨から外れるほど柔らかい。
甘めのオリジナルソースにつけて、がぶりと頂いて欲しい。
またフライドチキンは油で揚げてあるわりにさっぱりとしているのが印象的だ。

ソウルフードを楽しめるのはディナーだけではない。朝食としてホットケーキやワッフル、
そしてグリッツ(トウモロコシで作ったお粥のような一品)を試すのもお勧めだ。


観光客が多く来店するためスタッフは親切に対応してくれる。また、
ハーレムという土地感のない方でも駅を出てすぐのこの店は、
初めてソウルフードに挑戦する方にはお勧めの店だ。
店内ではTシャツ、クックブックや特製ソースなどのグッズも販売しているので
日本へのおみやげにチェックしてみては?

e0107450_4404021.jpg
e0107450_4395672.jpg
e0107450_4401580.jpge0107450_4402625.jpg

[PR]

# by pecopecony | 2010-10-22 04:41 | アメリカ南部料理
2010年 09月 24日

Shimizu Sushi & Shochu Bar

318 W 51st St (Bet 8th & 9th Ave)
212-581-1581
www.shimizusushi.com

シアターディストリクトの西側、WJホテルの1階にある日本食レストラン「清水」。
2004年のオープン以来、日本食レストランの少ないミッドタウンウエストで
本格的日本料理を提供している。

店内にはメインダイニング、寿司バー、そして別室の焼酎バーがある。
魚拓と英語の「Sushi Bar」とうい文字を使ってデザインされた、
寿司カウンターはとても印象的だ。知る人ぞ知る焼酎バーには
約20種類の焼酎を提供ボトルキープもでき、ゆっくりと落ちつける雰囲気。
焼酎好きにはかなり魅力的な空間。

お店の売りはなんといっても新鮮なお寿司。その日の新鮮なお勧めなネタを楽しみたい時は、
シェフお任せの「Seasonal chef’s choice sushi platter」がおすすめ。
9貫で$45のお寿司の盛り合わせ。その他、1貫ごとに注文できるのはもちろん、
レギュラーサイズ、デラックスサイズそれぞれ、お寿司の盛り合わせ、
お刺身の盛り合わせメニューもあり。

アメリカ人にはが好んで食べる寿司といえば巻物だ。今でも根強い人気だが、
「最近になって、握りの美味しさをわかるアメリカ人が増えてきました」と話す
オーナーシェフの清水さん。客層の8割が地元のアメリカ人だとか。

わざわざ足をのばしてきてくれる常連の日本人のお客も多いという。
寿司にうるさい日本人も納得できる新鮮なネタを世界各国から常時仕入れている。
日本人に人気のネタは青身魚。新鮮さが命のネタだけに鮮度に対する拘りが伺える。

お寿司や焼酎のほかにも、前菜やメインコースの種類が豊富なのもうれしい。
PriFixeDinner($27.95)というコース料理もお手ごろ価格で人気。
ランチメニューにはカレーやオムライスなどの洋食メニューもあり、
いろんな楽しみ方ができるのも、このお店の魅力だ。
日本食レストランの多くは、イーストサイドに固まっているが、
ウエストサイドでユックリ落ち着いて日本食と焼酎を楽しみたい人に
お勧めのレストランだ。


e0107450_0272162.jpge0107450_0281873.jpg

e0107450_028248.jpge0107450_0275152.jpg

[PR]

# by pecopecony | 2010-09-24 00:29 | 日本
2010年 08月 25日

Chom Chom

40 W 56th St
212−213−2299
www.chomchomny.com

大型ホテルや、大企業がひしめきあうミッドタウン・ウエストにある韓国料理店。
NYで韓国料理店といえばコリアンタウンを思い浮かべる人も多いだろう。
しかし、この「Chom Chom」が周辺に韓国料理店がないエリアにお店をオープンしたのは、
韓国料理になじみのうすいお客様に韓国料理を紹介したいという理由からだ。

店内は、1階は、バー、ラウンジエリアがあり、2階にはダイニングエリアがある。
コリアンタウンの典型的なお店とは異なった雰囲気で、赤と黒を基調としたモダンで
洗練されている雰囲気。仕事の接待や会食でこのレストランを利用する政治家や
ビジネスマンも少なくない。

料理は韓国料理のタパスというコンセプト。韓国料理を知らない人にも
気軽にトライしてもらえるようにと、スペインのタパスならぬ「KAPAS(カパス)」と名づけ、
一品料理を多く提供している。
「皆さん、最初は抵抗があっても、一度食べたら、おいしいと言って必ずまたきてくれます。
リピーターのお客さんも多いんですよ」と話すのは、オーナーのローズマリーさん。

コンセプトは新しいが、味はオーセンティック且つ家庭の味。それもそのはず。
もともと専業主婦をしていて家で料理を振る舞うのが大好きだったというローズマリーさんのレシピは、
彩りや素材に気を使い、食べた瞬間にほっとするやさしい家庭の味付けになっている。
キムチもすべて彼女の手作り。あまりの美味しさに、キムチを売ってほしいというお客様も多い。

お洒落でヘルシー、かつ本格的な韓国料理店。コリアンタウンまで南下しなくても
美味しい韓国料理が食べられるスポットして今後益々人気がでるだろう。

Text By Yuka Morimoto

e0107450_1222886.jpge0107450_1223890.jpg
e0107450_1224785.jpge0107450_1231040.jpg


[PR]

# by pecopecony | 2010-08-25 01:23 | 韓国
2010年 08月 06日

Nori

129 2nd Ave
212- 677-4825
www.norinyc.com

居酒屋やラーメン屋と日本食レストランが多いイーストビレッジのセントマークスストリート。
2nd Aveの角を南に曲がった所にお寿司をメインとした日本食レストラン「NORI」があるのを
ご存じだろうか?ピザにフラッフル、フレンチフライとニューヨーカーに人気のアイテムが肩を並べている。

「地域に密着して、何度も足を運んでもらえるようなレストランでありたいんですよ」と語るのは
オーナーのノリさん。ニューヨークの飲食業界で長い経験を持つ大ベテラン。
若い客層で、日本食好きのアメリカ人が多く集まるこの地域にあったメニューを提供している。

胡麻和え、枝豆といった日本食レストランの定番メニューの前菜、
そして、創作ロール寿司、握り寿司、焼き物に加え、
一品料理の「本日のスペシャルメニュー」も用意されている。
中にはフュージョン系のメニューが多く、ムール貝に日本のマヨネーズと鰻ソースが
ちょっと添えられその上にモッツアレラチーズがのって焼いてある一品や、
ワサビマヨネーズドレッシングがアクセントになっているツナカルパッチョなど興味深い品目が並ぶ。
そして春巻きの皮でできた食べられるお皿の上に、甘酸っぱいソースでサーモン、
アボガド、マンゴを和えた「サーモンハワイ」は、一年を通じて人気のメニューだ。

そうかと思えば、これらのフュージョンメニューに加えて、イクラとうま味のたっぷりつまったダシ、
細く刻んだのりがかかった本格手作り豆腐という「和」の一品もある。
値段もとてもリーズナブルな設定で、また食べたい!と思ったときにも
気軽に行けるのが嬉しい。

お寿司の種類も豊富で、特にアメリカ人に人気の創作巻き寿司は気になる一品だ。
平日は握りが一貫1ドル(限られたねたのみ)のお寿司も提供。若者が多いこの地域では
嬉しいスペシャルサービスもあり。



e0107450_30153.jpge0107450_301398.jpg
e0107450_302265.jpge0107450_303140.jpg

[PR]

# by pecopecony | 2010-08-06 03:01 | 日本