ペコペコ!ニューヨークレストランレビュー

pecopecony.exblog.jp
ブログトップ

タグ:レストラン ( 12 ) タグの人気記事


2013年 01月 11日

Prune

54 E 1st St, New York 10003
(1st & 2nd aves.)
Phone: 212-677-6221
www.prunerestaurant.com

イーストビレッジにあるアメリカンレストラン「Prune」。 この店のオーナーシェフ、Gabrielle Hamiltonをもう既にご存知の方も多いだろう。彼女は2011年にジェームスビアードアワードの最優秀シェフに輝き、また2012年には同アワードのベストブックに選ばれた書籍「Blood, Bones & Butter」の著者でもあるニューヨークの実力派シェフだ。

そんな輝かしい実績を持つ彼女が作り上げたこのレストランは、お金のための料理ではなく、「自分が食べたいと思うものを、お客様にも食べてもらいたい」とのコンセプトで始めた気取らない家庭料理を食べさせてくれる場所。ニューヨークというさまざまな食文化が入り混じる特徴を活かし、多様な食材を利用し自由な発想で料理作りに取り組んでいる。特別な調理器具はあまり使わず「スプーンとフライパン、それときれいに洗った両手があれば十分よ」と、その言葉の中からも家庭料理ならではの温かさを垣間見ることができる。

彼女の料理業界での経験は20年以上、12歳の頃にはじめたレストランでの食器洗いに遡る。マサチューセッツのハンプシャー大学を卒業後、ニューヨークへ移りケータリングビジネスを開始する。しかしながら、大好きな料理とビジネスとしての料理の狭間で悩み、1995年にはケータリング会社を売却、ニューヨークを離れミシガンに移り住む。その後、ミシガン大学大学院に入学し小説執筆を専攻する。大学院在籍中にアルバイトで調理の仕事に携わり、そこで後に良き指導者となるMisty Calliesに出会った。Mistyと一緒に料理を作るうちに「自分にとっての料理とは何か?ビジネスでなく純粋に喜びとしての料理とは何か?」彼女を長年悩ませてきた疑問に区切りをつけることができた。その後Mistyが独立し、レストラン「Zanzibar」をオープン。彼女も一緒にこの店で働くこととなった。

1999年に大学院を修了後、再び料理業界に戻ることを決意。これまでに得た知識・経験を活かし、ニューヨークで自分のレストラン「Prune」を開業する。レストランの名前「Prune」は子供の頃のニックネームに因んだもの。「大切な人のために作るという」精神から生まれた彼女の料理は、すぐに有名になり、高級料理と肩を並べるほど栄誉を受けることになった。見せかけではない純粋な料理の美味しさが堪能できる。



e0107450_555185.jpg
e0107450_5551818.jpg
e0107450_5554932.jpg
e0107450_5563758.jpg

[PR]

by pecopecony | 2013-01-11 05:59 | アメリカ
2012年 09月 30日

LIC Market

21-52 44th Drive, Long island city, NY 11101
(718) 361-001
http://licmarket.com

クイーンズのロングアイランドシティにある、アーティスティックな隠れ家レストラン、LIC Market。暖かい雰囲気漂う店内には大きな窓があり、開放感のある居心地の良い空間。ゆっくりとした落ち着いた時間を過ごすことが出来る。

オーナー兼シェフであるAlex Schindler氏は生まれ育った街、クイーンズの「コミュニティに密着したレストラン」を目標に店作りを行った。民家を改築し1年以上かけて作られた店内のインテリアはデザインから塗装まで全て手作り。壁には現在ニューヨークで活躍中のアーティストRachel Pontious氏の作品が展示されており、使用されている家具素材の多くも地元産。また料理の食材にもローカルなものを使い、尚且季節の食材を積極的に取り入れている。メニューの変更もシーズンによって頻繁に行われ、常にその時期に一番美味しいものを頂くことが出来る。日常的に使われる食材はハドソンバレーにあるFarm at Miller’s Crossingから取り寄せられている。Alex氏は毎朝5時から仕込みを開始し、その日に販売するクッキーやクロワッサンをひとつずつ焼き上げる。その日に入った新鮮な食材からランチの献立を決め、当日の朝にランチメニューがウェブに公開されるこだわりようだ。

今回は数ある人気料理の中からディナータイムのおすすめをいくつか紹介する。アペタイザーからは柔らかいホタテと一緒にそら豆、ビーツが添えられた「Barnegat Bay Scallops」。 パースニップ という白い人参の様な根菜のピューレが敷いてあり、アペタイザーにぴったりなさっぱりした一品。また「Heirloom Red Spinach」に使用されている赤いほうれん草は、緑のほうれん草と異なり渋さや苦味がほとんど無く、ビネガードレッシングとアクセントのアーモンドが香ばしいサラダだ。

メインからは一番人気の「spaghetti」。 タコとチョリソー、トマトソースに短く切ってパンフライドされた麺。フレッシュなミニトマトがふんだんに使われているので重たくなく、美味しい。そして獲れたてぷりぷりの白身魚を使用した「Hake」には日本ではあまり見ることの無いレッドヌードルビーンというインゲン豆に似た味の野菜と、甘くて柔らかい実が特徴のイングリッシュピーを使用しており、新鮮な魚と野菜が楽しめるメニューとなっている。

またメインのサイドとしておすすめなのは、「Brussels Sprouts」。根キャベツに似た野菜をスライス、ドライイチジクやスモークベーコンと共にソテーされている。「Roasted Baby Eggplant」も人気の品で、ナスがナッツやレーズンと共にアジアンな調味料で味付けされた一品。

デザートには期間限定の「Huckleberry Crostata with Sweet Yogurt」が今のシーズン一押し。ブルーベリーより小粒なハックルベリーは香りと味が凝縮されており、サクサクのパイ生地に乗ったハックルベリーとクリーミーなヨーグルトソースがマッチ。アメリカのパイの様に甘ったるくなく、また油分も控えめで、お腹がいっぱいでも別腹で簡単に食べれてしまう。

どの料理も素材が持っている味を一番生かす形で調理されており、日本では食べたことの無いようなめずらしい野菜と出会うことができる。いつも脇役の野菜たちがまるで主役かのように、それぞれの良さを楽しめる野菜好きにはたまらないメニューばかり。

アルコールの種類も豊富で、各地から厳選された良品だけが揃えられている。現在は赤ワイン10種、白ワイン7種、ビールはブルックリン産から6種の他にサッポロビールも含む計15種を提供中。また店内にあるマーケットブースからはマーマレード、ピクルスなどThe farm at Miller’s crossingの食材を調理したハウスメイドアイテムも購入可能だ。

ランチは周囲にあるオフィスから多くのビジネスマンが訪れ賑わう。また近くに住む若いアーティストたちにも常連客が多い。まるで家のようにリラックスできる空間には、朝食、昼食、ブランチ、夕食、カフェと楽しみ方も様々。食材からインテリアまで全てにおいて厳選したものだけを使用し、クイーンズまたはニューヨーク産を積極的に取り入れ地域に貢献していくことがオーナのビジョンだ。細部までこだわりに溢れるレストラン、ぜひロングアイランドシティまで足を運んでみることをおすすめする。

e0107450_246366.jpg
e0107450_2464454.jpg
e0107450_2475194.jpg
e0107450_2482829.jpg
e0107450_2485728.jpg
e0107450_2514071.jpge0107450_2501012.jpge0107450_2493376.jpg
[PR]

by pecopecony | 2012-09-30 02:54 | アメリカ
2008年 05月 26日

Cavo

42-18 31st Ave
Astoria, NY
718-721-1001
Map

クィーンズ、アストリアにある巨大グリークレストラン。
アストリアのグリークレストランは、家族経営で
小さな店が多い。また、ラウンジも多いが、
食事を楽しめるところは少ない。食事も楽しめ、
ライブリーなラウンジの雰囲気も楽しめる場所がここだ。

もともと9年前にラウンジとしてオープンしたが、その後
店裏の5つのパーキングガレージ、隣の2つのアパートを買い取って改装した。
その結果、バックヤード、1階、中2階のダイニングスペース、
ラウンジスペースのあるアストリアで最大のレストランへ見事変身したのだ。

「CAVO」の料理の特徴は、ギリシャ料理の
伝統を守りながら、モダンなタッチを食材、
プレゼンテーションに取り入れているところだ。アペタイザーメニューは、
「Small Plates」、「From the Land (肉類)」、「From the Sea (魚介類)」、
「Salads」というカテゴリーに別れており、全部で約20種類。
メインコースは、手作りパスタ、肉、魚のカテゴリーで、
各3−4種類ある。アペタイザーを何種類かオーダーして、
シェアをして食べる客が多い。

アペタイザーで人気のメニューは、「From the Sea」の
イカのリゾット詰めとタコのグリル。イカのリゾット詰めは、
海老と野菜のリゾットが柔らかく海老のほんのり甘い風味が広がる。
キュウリのみじん切りとパインナッツはフレッシュで
ぷりぷりイカの歯ごたえも楽しむことができる。
タコグリルは、ホワイトワインビネガーで45分蒸し焼きにされ
柔らかくなったタコをグリルし、チックピーとポテトとあえたもの。
香ばしいタコの柔らかさに驚かされながら、
噛めば噛む程、口の中に広がるタコの風味に思わず白ワインが欲しくなる。
メインコースの魚料理は、魚の丸焼き。
フィレにはしていないが、食べやすいように魚の骨が
取り除かれてある。魚の種類はその日にとれた新鮮な物が
使われるので、ウエイトスタッフが何があるかを伝えてくれる。

ワインはギリシャワインを中心に、カリフォルニア、
イタリア、フランスのワインを常時40から50種類取り揃えている。
ボリュームを多く持つことでセラーに眠っているワインを増やすよりも、
本数を少なくしてどんどんワインをさばく事により、
新しい味のワインを意欲的に取り入れていく方針だ。

アストリアの住人のみならず、遠方からもグリーク料理と
レストランの空間を楽しみに多くの人が訪れる。
無料のパーキングもあり。早い時間に行き、
ゆっくり落ち着いた雰囲気で食事を楽しむのもよし。
また、遅い時間から繰り出し、ドリンクと小皿料理を楽しむもよし。
客層を選ばない、誰もが楽しい時を過ごせるレストランだ。

PECOPECO!のウエブサイトヘ戻る!
www.pecopecony.com

e0107450_348034.jpg
e0107450_3481830.jpg

e0107450_348342.jpg
e0107450_3485135.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!




是非応援クリックよろしくお願いします。

もしよろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします。
[PR]

by pecopecony | 2008-05-26 03:49 | ギリシャ
2007年 11月 06日

Sangria 46

338 West 46th St.
212-581-8482
Map

www.sangria46.com/media/sangria.html

2007年7月にタイムズスクエア近くにオープンしたスパニッシュレストラン。

“サングリア 46”という店名どおり、サングリアは特にお奨め。中でも“SANGRIA DEL RAY”は濃厚でありながらさっぱりとして飲みやすい。(お値段はちょっと高めで100ドル)

料理はスペイン料理本来の味付け。オリーブオイル、ガーリック、サフランでの味付けがメインで、食材それぞれの味が際立っている。あまり塩っぱすぎず、次のお皿に進みやすい。

このお店で扱っている生ハムは“SERANO HAM(セラーノ)”。プロシュートよりも熟成されていて塩みもやわらかく食べやすい。機械ではなく手作業で切りわけるので、機械から出る熱が加わらずセラーノ本来の味が楽しめる。

パエリアを頼むなら“PAELLA VALENCIANA”が一押し。魚介から出る出汁がポットの下にたまるので、始めにかき混ぜるとよりいっそう魚介の香りが引き立ち美味しく食べられる。

夏には裏庭も解放して外でも食べられるが、冬の間は利用できない。
ブロードウェイショーの前後に是非立ち寄りたい一店。




www.pecopecony.com


e0107450_11153730.jpg
e0107450_11155968.jpg

e0107450_11161651.jpg
e0107450_11163972.jpg

写真はこちらから。MORE PHOTOS!





人気ランキング上位目指してがんばってます。!是非応援クリックよろしくお願いします。

Please Click Here!
[PR]

by pecopecony | 2007-11-06 11:17 | スペイン
2007年 08月 03日

Thai Select

472 9th Ave.
212-695-9920
Map

モダンで多国籍なフュージョンレシピを取り入れたタイレストラン。まだまだ発展途上にある周辺とは雰囲気を逸する店構えだ。並べて設置されたフラットスクリーンTVや壁一杯に施された植物が浮かび上がる照明などユニークな内装にはアイデアを感じる。

店内の雰囲気とマッチするメニューの数々も一般的なタイ料理店では体験することができないアイデアに溢れている。リングイネやフェトチーネを使用した麺料理やカニとクリームチーズのコロッケなど、イタリアンやフレンチなどによく使われる食材も合わせたフュージョン料理で楽しませてくれる。また、フルーツをふんだんに使用したフライド・ライスやエビとフルーツのサラダなど、トロビカルな品目も取り揃える。Keaw Select Linguineは、ホールウィート使用のリングイネをシーフードと炒めた一品。ピーマンやズッキーニ、サヤエンドウなどの野菜もふんだんに使い、スパイシーな仕上がりになっている。

尚、この店の多くの品目は、辛さをマイルド、ミディアム、スパイシーと調節することができる。辛さに敏感な方はオーダー時にリクエストすることを勧めたい。

この店のおすすめ料理はデザートの一品、Mango with Sweet Sticky RIceだ。タイ料理店でよく見かける一品だが、このレストランでのプレゼンテーションはひと味違う。大きなひと固まりのもち米が皿に盛り付けられる一般的な出し方と違い、ここではにぎり寿司の様にマンゴが載せられたスタイルで盛り付けられてくる。このサイズとスタイルのお陰で、普通は圧倒されがちなタイ風もち米デザートの甘さもマンゴと一緒に程よく頂くことができる。

慣れ親しんだタイ料理の味から少し離れて、時にはこんなユニークな店を訪れるのも食体験としては面白いのではないだろうか。



www.pecopecony.com




e0107450_436599.jpge0107450_4371431.jpge0107450_4373935.jpge0107450_438174.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!

ニューヨークのレストラン情報はペコペコ!
[PR]

by pecopecony | 2007-08-03 07:35 | タイ
2007年 07月 31日

Markt

676 6th Ave.
212-727-3314
Map

シーフードを中心としたベルギー料理を提供するレストランです。以前ミートパッキングエリアにあったこのお店は最近チェルシーの北側まで移転しましたが、変わらぬ人気で賑わっています。店内の装飾はアンティークな木目調。古めかしいモノクロの写真やヨーロッパの古いマーケットをイメージさせるクラッシックな壁時計が印象的です。天井も高く、広々とした店内はマーケットという名前に相応しく、市場の一角で食事をしている気分になります。

このレストランでは、ベルギーの誇る食材の数々を美味しく頂くことができます。
代表料理であるムール貝を蒸したものは、ワインベースのものからクリームベースのものまで数多く用意してあります。ガーリックとクリームで蒸したものは、蓋を開けると同時に広がるガーリックの香りが食欲を増進します。クリーム自体にも貝のダシがしみ込み、バケットにつけて食べるとお酒のグラスから手を離せなくなります。

また、シーフードがふんだんに盛り付けられたシチューは、トマトベースのスープが印象的です。あっさりとしながらも、しっかりとした味付けで楽しませてくれます。ダシの取れたスープはそのままスプーンで頂いても美味しく頂けます。

多くの品目のサイドディッシュには、フレンチフライ、Frites(フリット)がついてきます。実はフレンチフライの起源はベルギーで、本家本元。この店ではオリジナルのFritesを味わう事ができます。お皿に一緒にのってくるマヨネーズソースとの相性は最高ですが、何もつけずに食べると、フライのホックリした食感とポテトの甘みを楽しむ事ができます。

ビールも勿論、バラエティー豊かにベルギーのブランドを揃えます。ピンクの象がキュートなDdiriumや赤鼻の老人がマークのLa Charffeなどは、ビールとは思えないボトルがユニークです。このような普通のバーではお目にかかれないビールと出会えるのもこのお店の魅力です。ボトルに合わせて登場するグラスも楽しいサービスの一つです。

極めつけはデザートです。チョコレートの代名詞ともいえる国、ベルギーの良質なチョコレートを使用して、ニューヨークでも数少ない、日本人好みの程よい甘さのデザートを提供しています。中でもダーク、ホワイト、ミルクの三種類のチョコをレイヤーにしたムースは絶品です。かわいらしいグラスに入って登場するプレゼンテーションに魅了されて始まり、ラズベリーのソースと一緒に口に運んだ時の至福の瞬間に終わる…顔から笑みが止まりません。

ヨーロッパの小さな国、ベルギー。地図上のサイズでは想像もつかない、その美食大国らしさを感じられる素敵なお店です。



www.pecopecony.com

e0107450_444999.jpge0107450_4445485.jpge0107450_4451246.jpge0107450_446243.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!

ニューヨークのレストラン情報はペコペコ!


[PR]

by pecopecony | 2007-07-31 12:39 | ベルギー
2007年 07月 22日

Guantanamera

939 8th Ave
New York, NY 10019
(212) 262-5354
Map

ドアを開ける前からライブバンドの生演奏が聞こえてくる…
職人がハンドロールのキューバン・シガーを作りながら出迎えてくれるこの店、Guantanameraは本格的キューバ料理の店。まず注目したいのは店内の様子。薄暗い店内は居心地がよく、ほのかなロウソクの光、ぼんやりと浮かび上がる南米らしいインテリアの数々で彩られている。毎日演奏されるライブバンドによるラテン音楽がムードに磨きをかける。ダンススペースがあるわけではないが、雰囲気の良さにだろうか、空いたスペースで踊りだす老婦人などもいて、思わず微笑んでしまう。

食事のメニューはどれもボリュームがあるので、グループでシェアした方が多くの品目を楽しめるだろう。前菜のCeviche Mixtoはイカ、エビ、ホタテがミックスされたセビーチェ。マネージャーお勧めのカクテル、トラディショナル・モヒートとの相性は抜群だ。Masit as de Puerco El Cochintoは豪快に豚肉のグリルが盛りつけられた一品。サイドについてくるおなじみのキューバ料理、Congri(豆とライスを煮た一品)は素朴だがクセになる食感がある。

これから始まる夏の一夜…気軽に楽しめる、この最寄りのキューバに足を運んではどうだろう。



www.pecopecony.com



e0107450_452585.jpge0107450_4521887.jpge0107450_4531298.jpge0107450_4532753.jpg


写真はこちらから。MORE PHOTOS!

ニューヨークのレストラン情報はペコペコ!
[PR]

by Pecopecony | 2007-07-22 00:00 | キューバ
2007年 01月 11日

Shanghai Tide Restaurant

135-20 40rd
Flushing, NY 11354
718-661-0900
Map


寒い冬になると、なぜか食べたくなる“鍋”料理。日本食以外でも、鍋料理はあるに違いないと、中華の達人に訪ねた所、なんと“火鍋”という中国しゃぶしゃぶがあるというではないか。。早速7番線にのって、遠路はるばるクィーンズのフラッシングへ。

鍋は、一人様$24.90(だったと)で、食べ放題、飲み放題。ソーダ類とビールもある。鍋は、真ん中が仕切られていて、鶏ガラスープベースの真っ赤で辛いダシと、辛くないダシの2つが味わえる。

店員さんが、鍋とガスコンロを設置してくれたら、具を頼む。お肉に魚介類、お野菜と沢山種類がある。

具が出てくる間に、付けダレを作る。ゴマだれ、醤油、酢、ネギ、ラー油など自分のお好みのソースが作れるので、何種類か作ってみるのがおススメ。

辛いダシの方は、口びるがヒリヒルするほど辛いのでご注意あれ!!

www.pecopecony.com


MIXIのPECOPECO!コミュニティーにご参加ください!

e0107450_13113557.jpg

e0107450_137569.jpg

e0107450_13105978.jpg

e0107450_1362946.jpg





ニューヨークのレストラン情報はペコペコ!
[PR]

by pecopecony | 2007-01-11 13:04 | 中国
2006年 12月 31日

Greek Captain Seafood Restaurant

32-10 36th Ave.(bet 32nd & 33rd St.)
Astoria, NY
718-786-6015
Map


おいしいシーフードが食べたい!と思ったらクィーンズ、アストリアのグリーク・キャプテン!地元のファンに人気で、平日でも家族連、カップル、友達同士のグループがぞくぞくやってくる。

店に入ると、思わず魚屋?と思うほど、氷の上にドドーンと本日のお魚達、そして、ホタテやエビも並んでいる。

メインコースをオーダーすれば、アツアツのガーリック・トーストが出てくる。そして、サラダもついてくるので、メインディッシュがくる前にお腹が一杯にならないように、腹八分めに!

人気の一品は、身のつまった、アラスカン・キング・クラブ。フォークで食べごたえのある、かに肉でをとり出してパクリ。卓上に置いてある、バルサミック酢とレモンをたっぷりかけて食べるのが通。(素焼きで、ポン酢という手もあるが、ポン酢はないので、MY ポン酢持参の事!)

www.pecopecony.com


e0107450_9524321.jpg


e0107450_9543656.jpg


e0107450_9532573.jpg


e0107450_9534635.jpg




ニューヨークのレストラン情報はペコペコ!
[PR]

by pecopecony | 2006-12-31 09:50 | ギリシャ
2006年 11月 29日

Dons Bogam

韓国料理
17 East 32nd
Phone: 212-683-2200
Map

韓国料理レストランがひしめきあう、32丁目の5AveとBroadwayからちょっとはずれにあるこのレストラン(5th AveとMadison Aveの間)。BBQ & Wine Barと名乗るだけあって、ワインリストも充実している。

韓国焼き肉も侮るなかれ!お肉の質と量のバランスがよく、食べ終わった後、良い食事をしたな〜と充実感が味わえる。驚かされるのは、味だけではないのだ!!巷の韓国レストランで食事をして、外にでると、体中に焼き肉の香ばしい匂いがついている。が、驚くなかれ、なんとこのレストラン「匂いが着かない焼き肉屋!」なのだ。嘘だと思ったら、是非食後に匂いチェックをしてみてほしい!

韓国料理食べたいけど、その後の2次会に行く時に焼き肉の匂いがな〜〜〜〜〜!とお悩みの際は、是非このレストランへ行ってみよう。

www.pecopecony.com



e0107450_1254345.jpg
e0107450_12554310.jpg
e0107450_1255164.jpg




ニューヨークのレストラン情報はペコペコ!
[PR]

by pecopecony | 2006-11-29 12:56 | 韓国